オタの独り言

サブカル好きの似非オタが日々の日常のニュースの中で感じたことを、つぶやいていく・・・そんなブログです
 
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
楽天その1
クイズに答えて募金しよう!!
Yahooで行っている募金用ブログパーツです。 クイズに答えると1円、代わりに企業が募金してくれるようです。 1日1回限りらしいのですが、少しでも誰かの為になることだと思ってご協力ください!!
詳細は・・・”http://volunteer.yahoo.co.jp/click/”で確認願います!!
楽天
プロフィール

さぶかるまにあっくす

Author:さぶかるまにあっくす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
マイクロアドCM!!
お勧め!!
アマゾンお勧め フィギュアです!!
お買い得なので ドンドン、観てください!!
カテゴリ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税アップで根本的に年金問題は解決するのだろうか? 







今回のネタは”消費税増税”に関してである。これは簡単に言えば年金システムが高齢者の増加と若年層の減少のギャップの中で上手く機能せず、近々破綻する可能性が高まったことに対する前提の中で行われている議論だと思っている。つまりは消費税率をアップすることで、年金の損失補てんを行おう!!って感覚なのだろう。

僕自身、その考えにはいささか懐疑的なのだ。単純に言えば、本当に消費税アップ分がそのままそっくり、年金基金に積み上げられていくか?ってことなのである。言い換えれば、そもそも消費税ってのはスタート時には”社会福祉税”の側面から生まれた税源で、一般会計として利用している現状のほうがおかしい!!って言えるのかもしれない!!って僕には感じられるのだ。



そうなれば、たとえば普天間の米軍基地移設問題や竹島、尖閣諸島など、さまざまな外交案件があって、大企業って呼ばれる企業も不況で立ち行かなくなって、その結果、日本政府がどうにかして援助をしてクリアしなければならない状況ってのは、実際的な認識として間違いないだろう。

つまりは戦後復興期、傾斜生産方式であるとか、沖縄返還問題であるとか、政府が積極的に事案に介入して、企業の発展が日本の発展であり、アメリカの核の傘の中で恩恵を受けることが日本の平和である!!って論法と今の状況ってのは、然して思想的な部分で変わりないのだろう。



実際的にほとんどの生活者は企業にぶら下がって”サラリー”って形で生活しているのは間違いなくて、55年体制の労使協調ってのは、日本人のメンタリティーの中で根底としてまだあるのは事実なのだろう。特に大企業や政治につながっている人間が居て、結局はその人間が税制や国家の支出面をコントロールしていることを考えれば、どんなにデファクトスタンダードとしてアメリカンナイズされ始めていても、極論”支配層の既得権益”って部分に関してはそんなに何も変わっていない!!ってのが実際問題じゃないだろうか?

問題は55年体制以降、企業が大きくなれば、その利益は還元して、社会インフラの増大になり、結果的に国民全体が豊かになっていく!!って公式が今の時代、合わなくなっていってるってことじゃないだろうか?つまりはどんなに大企業に政府が税金から補助金として資本を注入しても、それは結果的に”延命措置”であって、根本的な解決にはなっていないのだろう。




たとえば、日本列島改造論ってのがあったのは間違いないだろう。ものすごく端折って言えば、日本中に高速道路を建設し、物流コストを下げさせ、地方を活性化させる!!って事なのだろう。それによって、実際的に東京の一極集中は変わらないのかもしれないが、地方都市の活性化は行われて日本の経済にプラスになったのは間違いないだろう。

確かに、その税金を利用しての公共工事で、自民党の金権体質を作り、バックマージンを言い訳にかなりの額がゼネコンを中心に動いたのは事実だろう。それでもやっぱり全体としては、社会的インフラの増大だったのだから、結果的に投資額以上にリターンが社会的にあったのは間違いないだろう。



しかし、社会的インフラがある程度行き渡ってしまって、そこに投資しても見返りが社会全体として少なくなっている今、逆に言えば、そうやってそれに携わる企業を助けても、その企業だけが一息つくだけの投資になってしまって、社会的な利益に直結しないのが今の状況ではないだろうか?

そう考えれば、これまでの55年体制で生まれた社会的投資論ってのはもう状況が変わった分だけ、役に立たなくなっている現状があるのだろう。そんな中で、消費税の議論ってのは、絶対的にその増税分が年金だけに使われる可能性ってのはほぼ無いから、結果的にどんなに税金を上げても、根本的な年金問題の解決に結びつかないように思えるのだ。



つまりは、本来の理想ならば、消費税の増額分を社会的インフラ投資に組み込み、その”利ざや運用”で年金をまかなっていくことなのだろう。ハッキリ言えば今いきなり10%に消費税を上げたとする。現状はギリギリ破綻していないのだから、その税率バッファ分には余剰が生まれるだろう。その余剰はどこに行くか?ってことになる。

それならば、年金が破綻した瞬間に消費税率をアップして損失補てんを行うほうが、極論ながら実際的に消費税アップと年金問題が直接的にリンクするシステムだといえるのではないだろうか?それなのに、”今後のこと”を言い訳に現状であげようとする野田内閣の感覚は、どこか、ずるさを感じるのである。



そして今回、”きっこのブログ”の消費税に関する記事を読んで・・・の事なのだ。基本的に、内容としては野田内閣の既成事実方法論の批判と、消費税を上げる議論をしない民主党のマニフェスト違反、それに天下りによる税金の無駄遣い批判なのだってことになるのだろう。
(きっこのブログ:天下りのために消費税を増税する野田!

それどれも、基本的にはある側面間違っていない批判のように思える。しかし、僕自身、感じたことは”消費税アップが本当にそのままそっくり年金問題解消につながっていくか?”って疑問が、”きっこのブログ”では抜け落ちていたように思えて今回、書いてみたのである。



確かに天下りによる税金の無駄遣いも考えなければならないんだけれども、それ以上に本当に現状の税金のすべてがきちんと使われているか?どうか?誰かさんの利益になっているだけの状況になっていないのか?そう言った議論が税金問題を語る上で抜け落ちているように思うのだ。天下り問題を出すことで、もっと大きな”ズル”が隠されているように僕は思うのである。

トラックバック先
きっこのブログ:天下りのために消費税を増税する野田!
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2012/02/post-a249.html




関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://subculmaniax.blog23.fc2.com/tb.php/1092-1a068544
Googleキーワードランキング
Yahoo!!ボランティア!!
Yahooの募金紹介用ブログパーツです。 詳細は”http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/blog_parts/common.html”です。 確認して、利用していただければ、幸いと思います!!
管理者からのお願い!!
  • リンクに関して、自己責任でジャンプを行ってください!!
  • 一応気はつけているのですが情報に誤りがあるかもしれません。ですから必ずご自身で確認してください。このブログで誤った判断をされても責任はもてません。必ずご自身で再度の確認を願います
  • ブログ内のバナーはCMです。紹介している商品やサービスなんかの記事にはまったく関係はありません
  • 紹介している商品に関しては送料や振込み手数料などが別途必要になることが大半です。そのことも考えて購入することを願います。
あくせすかうんた!!
DMM!!
DMMDVDレンタル
DMM.com CD&DVDレンタル
リンク
ブロとも申請フォーム
GMOホスティング&セキュリティ株式会社
楽天その2
楽天その3
トラフィックエクスチェンジ
インク激安!!
インクって高いよね?
プリンタは安くなってるのにインクはまだまだ・・・・ 安く買って、気軽に使いましょう!!笑
ランキング集!!
株式会社paperboy&co.
FC2CM!!
FC2CM!!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。