オタの独り言

サブカル好きの似非オタが日々の日常のニュースの中で感じたことを、つぶやいていく・・・そんなブログです
 
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
楽天その1
クイズに答えて募金しよう!!
Yahooで行っている募金用ブログパーツです。 クイズに答えると1円、代わりに企業が募金してくれるようです。 1日1回限りらしいのですが、少しでも誰かの為になることだと思ってご協力ください!!
詳細は・・・”http://volunteer.yahoo.co.jp/click/”で確認願います!!
楽天
プロフィール

さぶかるまにあっくす

Author:さぶかるまにあっくす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
マイクロアドCM!!
お勧め!!
アマゾンお勧め フィギュアです!!
お買い得なので ドンドン、観てください!!
カテゴリ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自主規制も行き過ぎると当然ながら問題になる 







最近、またTVそのものが騒がしい。何も僕が持っているTVが壊れていて、ボリューム調整が上手く出来ない!!って意味合いではなくて、TV業界そのものに対する批判が噴出しているって事なのだ。今年の24時間TV然り、イジメでの名前流出事故然りだ。そして、今回、タレントの”スギちゃん”がTV企画の為に、”高所からプールに飛び込んで”怪我をしたとのことである。

僕自身、あまりTVを観ないから、なんとも言えないんだけれども、TVってのはやっぱりそれなりに視聴率ってのが必要になって・・・この数字でTVはスポンサーから巨大な広告産業として見られているのだろう・・・視聴者の興味をどれだけ惹けるものがどれだけ作る事が出来るか?ってのが、至上命題になるのだろう。





本質的には、国民からの視聴料で賄っているNHKでさえも、昨今は、番組の内容よりも視聴率を優先する流れが出来つつあるのは事実だろう。無論、視聴料で絶えずある一定の収入があるからと言って、視聴者を置いてけぼりにするような自己満足だけの番組を作られても、それはNHKの傲慢だと言えるし、しかしながら、視聴者に媚び過ぎる作り方をしても、批判を浴びているのは現状だろう。

ただ、ブッチャケの話、TVってのは、巨大な広告産業なのだから、視聴率ってのは、極論、その存在意義だと言えるのだし、視聴者が観たい物を作らなければ、結果的に視聴率ってのは上がらなくて、そういう意味合いにおいては、視聴者そのものに高いモラルが要求されている部分があるのは否定できないだろう。

自主規制せず!―世紀末ニッポン101話自主規制せず!―世紀末ニッポン101話
(1999/03)
林 信吾

商品詳細を見る


しかしながら、TVの前では、個々人のモラルは安易な大衆思考でおざなりになってしまって、結果的に、観て安易に楽しめる享楽的な番組ってのは、バラエティーなんかの名において、増えていく!!ってことが言えてしまうのだろう。

実際、その番組がバカバカしい内容であったとしても、個々人のストレス解消の道具として使われる部分があるなら、それはそれで有用な部分として評価するべきなんだと思える。つまりは、究極的には、観てる側の視聴者が、”面白くなければTVのチャンネルを変えればいい!!”って当然のことが言えて、バカバカしい番組であっても、そこに需要があれば、それはそれで認めていくべきなんだと思えるのだ。

報道被害とメディア改革-人権と報道の自由の視点から- (ヒューマンライツベーシック)報道被害とメディア改革-人権と報道の自由の視点から- (ヒューマンライツベーシック)
(2010/02/26)
平川 宗信

商品詳細を見る


言い換えれば、TVってのは観る事を強制されているのではなく。個々人の判断で、そのあたりはゆだねられている!!ってことが当然ながら、言えるのである。そうなれば、”ヒマツブシ”としてのTVの存在ってのは否定出来ないし、逆にTVとネットと比べて、TVを観るよりもネットで情報を得るほうが大切だ!!って時代の中で”TV離れ”ってのは当然としてあるのだ。

それは、人間の時間ってのは1日24時間で、増えることも減る事もないのである。そうなれば、ネットでHPを観たり、メールのチェックが生活の中で優先されれば、相対的に今までTVに消費されていた時間はネットでの消費時間になっていくのは当然なのだろう。

情報法の構造―情報の自由・規制・保護情報法の構造―情報の自由・規制・保護
(2010/07/17)
山口 いつ子

商品詳細を見る


もっと言ってしまえば、TVってのは、あくまでも不特定多数に対する情報の伝達手段であるために、個々人に対してカスタマイズされた情報だとは当然ながら言えないのである。しかしながら、ネットってのは、特にメールなんかを考えてみてもらえれば判るんだけれども、必要の度合いはそれぞれ違うのかもしれないが、基本的には、個々人の生活の中で必要な情報を得る手段として存在してるのだろう。

そうなれば、TVよりもネットのほうに、時間を割くのは当然の流れで、TVってのは徐々に衰退していくのは、自明なのだ。簡単に言えば、ラジオの存在があったんだけれども、TVの存在が現れて、結果的にその存在意義は、ラジオよりもTVのほうが大きくなって、結果的にTVのほうが巨大資本になった経緯があるのは間違い無いだろう。

NHKの正体―情報統制で国民に銃を向ける、報道テロリズム(OAK MOOK 293 撃論ムック)NHKの正体―情報統制で国民に銃を向ける、報道テロリズム(OAK MOOK 293 撃論ムック)
(2009/06/30)
西村幸祐

商品詳細を見る


そして、TVの存在意義ってのはなんなのか?って事になるんだけれども、ドラマやアニメの放送を考えれば、その部分で、まだまだ必要だ!!ってのが言えるのかもしれない。しかしながら、ネットで扱える情報量ってのは急速に大きくなって、Youtubeなんかの存在を考えれば、著作権の問題さえ、ビジネスモデルとして、クリアできれば、当然ながら、TVの存在意義は、ネットと比べて小さくなっていくのは、これからの流れであると予想されるのだ。

ただ、問題は、TVの存在はある意味、これまで巨大な資本が注入されている部分だけ、既得権益構造になっていて、いきなりネットに情報媒体としてシフトしてしまえば、これまでTVに寄生している商売の大部分が、消え去っていく事になる。極論、TVの必要性が低くなれば、TVの受信装置そのものの購入をためらう事になるだろう。

テレビの大罪 (新潮新書)テレビの大罪 (新潮新書)
(2010/08)
和田 秀樹

商品詳細を見る


実際、去年の夏、いわゆるTVの地デジ化があって、”あんまりTVを観る機会も減ったし、買う必要も無いか・・・”って感じで、TVそのものを生活からパージした人ってのは少なからず居たはずで、そこから考えても、番組コンテンツの著作権問題がクリアされれば、TVの存在意義は一気に下降する可能性は否定できないだろう。

そう考えれば、今のTVってのは大衆迎合主義になっても、安易に視聴率が取れれば、それだけ延命する事になるのだから、いきなり諦めて終焉を迎えるよりも、当然もがき続けていくって事になるだろう!!もっと言ってしまえば、視聴率さえあれば、TVの存在意義は認められて、永遠に今の社会的ポジションには変更が無いと妄信しているTV関係者だって居るような気もするのだ。

テレビは見てはいけない (PHP新書)テレビは見てはいけない (PHP新書)
(2009/09/16)
苫米地 英人

商品詳細を見る


そうなれば、如何に視聴者を惹き付けるコンテンツを提供できるか?どうか?って事が言えるようになってしまって、そうなれば、TVであるが故に演出として何をしても良い!!って論法がTV関係者の中で自然発生的に生まれてくるのだろう。つまりは、有名人を作り出す装置故に特別待遇を求めていく部分ってのはあるのだろう。

ただ、昨今は、そんなTV局に対して、フジTVの韓流ドラマ騒動のように、社会的な批判を受けて、スポンサー自体にまで影響を及ぼすほどのある種の”規制”が発生する事もあるのだ。特にTV関係者による自主的倫理決定機構であるBPOによるTV局に対する勧告ってのは、”勧告を受けた事によるスポンサーからの批判”につながっていくのだから、その部分で神経を尖らせ始めているってのは、当然ながら言えるのだろう。

テレビは余命7年テレビは余命7年
(2011/09/16)
指南役

商品詳細を見る


そうなれば、最近は様々な団体が積極的に行動して、自主規制の動きってのはTVの中においても、高まっているのだろう。例えば、ドラマと同じような犯罪が現実社会で行われた時、”TVによる悪影響!!”って形で批判を受ける場合も多々あって、如何にその部分で問題にならないように作り出していくか?ってのがTV局の本音になって、それでも視聴率の為に・・・って側面もあって、そのバランスの中で、コンテンツが作成されているのは、ウソではないはずなのだ。

そして、今回、芸人さんが高い飛び込み台からプールに飛び込んで怪我をした!!って事なんだけれども、実際、そう言ったネタってのは、これまで何度も放送されているネタであって、そこには、そんなに厳しい批判は無くて、極論、今回、怪我をしたからこそ、大きくクローズアップされてしまった!!と言えるのだろう。

テレビは生き残れるのか (ディスカヴァー携書)テレビは生き残れるのか (ディスカヴァー携書)
(2011/07/16)
境 治

商品詳細を見る


つまりは、本来ならば、飛び込むこと自体に対しては、なんら規制は無かった!!と言えるはずなのだ。それで、今回の怪我があって、それでまたもや、これを教訓にして自主規制の話が出ているようなのである。また同じ事故を起こして怪我をさせる事は出来ない!!ってのは当然なんだけれども、だからと言って、今回、怪我をしたからと言って、そのネタを安易に自主規制で今後取りやめてしまうのはどうなのか?ってのが僕の本音なのだ。
(Yahooニュース:<テレビ朝日>スギちゃん重傷で改めて謝罪 体を張る企画「今後検討」

無論、視聴率の為に何をしても良い!!って」訳でもないし、今回のように怪我をしたのだから、それなりに、今後、同じ事故を発生させないように予防策を取っていくのは当然だろう。しかしながら、”1度の怪我で、企画そのものを自主規制していく!!”ってのは、そこに大きな問題があるように僕は思ってしまうのだ。

明日のメディア 3年後のテレビ、SNS、広告、クラウドの地平線 (ディスカヴァー携書)明日のメディア 3年後のテレビ、SNS、広告、クラウドの地平線 (ディスカヴァー携書)
(2011/10/16)
志村 一隆

商品詳細を見る


今回はバラエティーの企画であり、それも高所からプールに飛び込むって言う他愛の無い企画である。そこだけ考えれば、ボツネタになったとしても、そうコンテンツの作成そのものに関して、、影響は無いだろう。しかしながら、”あれもダメならこれもダメ!!”tt感じで拡大解釈があって、どんどん自主規制されてしまえば、コンテンツそのものの価値自体、下がっていくのは事実のはずである。

そう考えれば、安易にTVの上層部が自主規制に踏み込んでいくのは、如何なものであるか?と僕は思ってしまうのだ。やっぱり、現場製作スタッフがきつい!!と思ったものは規制しなければならないんだけれども、このように、安易に製作に携わらない経営上層部が、社会的な視線を気にして、”自主規制”を言ってしまうのはどこか、変な様な気がしてならないのである。

新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか (PHP新書)新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか (PHP新書)
(2012/02/15)
上杉 隆

商品詳細を見る


無論、”どこまでがテレビの中で許容範囲かは検討していく”の発言にどこまでその真意を読み取るか?は難しい。口先だけで誤魔化して、本音の部分では、”視聴率のためならリスクがあるのは当然!!”と思っている可能性も否定できないだろう。

ただ、自主規制を繰り返して、イビツになっていくのは、良くないと思うのだ。TVの為に・・・と言って社会ルールを破るのは絶対的に良くない。しかしながら、今回の事故に関しては、怪我をした芸人さんには申し訳ない言い方かもしれないが、”タマタマ偶然の事故”だったのだろう。偶発事故であっても、原則的には起こしてはならないんだけれども、実際的には、ドラマの撮影中に自動車事故を起こしたりする事件はそれなりにあって、そう考えれば、何処まで偶発事故を許容するべきか?に規制の力点を置くべきではないだろうか?





そして事故が起こったときにどのように対応して、被害を最小にし、怪我なんかした人に対して、きちんとフォローできるか?ってのほうが大切ではなかろうか?どんなものであっても、事故ってのはまったく起きない可能性はゼロではないはずなのだ。例えば、トーク番組であっても、椅子が倒れて、怪我をしてしまう可能性はあるだろう。そう考えれば、怪我をしたから、トーク番組自体、カテゴリとして自主規制する!!ってなれば行き過ぎだろう。

タマタマ偶然の事故に対してまで、安易に自主規制を行っていくのは、何かが少し違うのだ。無論、事故を起こさない姿勢ってのは必要で、それが欠如してしまえば、笑うに笑えないってのが言える。そのバランス論をもう少しだけ、考えて発言するべきだと僕は思ったのである。

トラックバック先
Yahooニュース:<テレビ朝日>スギちゃん重傷で改めて謝罪 体を張る企画「今後検討」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120905-00200010-mantan-ent




関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://subculmaniax.blog23.fc2.com/tb.php/1574-35d0c7a5
Googleキーワードランキング
Yahoo!!ボランティア!!
Yahooの募金紹介用ブログパーツです。 詳細は”http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/blog_parts/common.html”です。 確認して、利用していただければ、幸いと思います!!
管理者からのお願い!!
  • リンクに関して、自己責任でジャンプを行ってください!!
  • 一応気はつけているのですが情報に誤りがあるかもしれません。ですから必ずご自身で確認してください。このブログで誤った判断をされても責任はもてません。必ずご自身で再度の確認を願います
  • ブログ内のバナーはCMです。紹介している商品やサービスなんかの記事にはまったく関係はありません
  • 紹介している商品に関しては送料や振込み手数料などが別途必要になることが大半です。そのことも考えて購入することを願います。
あくせすかうんた!!
DMM!!
DMMDVDレンタル
DMM.com CD&DVDレンタル
リンク
ブロとも申請フォーム
GMOホスティング&セキュリティ株式会社
楽天その2
楽天その3
トラフィックエクスチェンジ
インク激安!!
インクって高いよね?
プリンタは安くなってるのにインクはまだまだ・・・・ 安く買って、気軽に使いましょう!!笑
ランキング集!!
株式会社paperboy&co.
FC2CM!!
FC2CM!!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。