オタの独り言

サブカル好きの似非オタが日々の日常のニュースの中で感じたことを、つぶやいていく・・・そんなブログです
 
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
楽天その1
クイズに答えて募金しよう!!
Yahooで行っている募金用ブログパーツです。 クイズに答えると1円、代わりに企業が募金してくれるようです。 1日1回限りらしいのですが、少しでも誰かの為になることだと思ってご協力ください!!
詳細は・・・”http://volunteer.yahoo.co.jp/click/”で確認願います!!
楽天
プロフィール

さぶかるまにあっくす

Author:さぶかるまにあっくす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
マイクロアドCM!!
お勧め!!
アマゾンお勧め フィギュアです!!
お買い得なので ドンドン、観てください!!
カテゴリ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安易なシステム論で、各論の問題は片付かないのである。 








大学受験にペーパーテストが必要か?どうか?に関して一部で議論になっているようなので、ちょっと参戦したくなった。なぜなら、大学の本来のあり方をどう提議するか?大卒の扱いをどのように考えるか?って根本的な視点が全く無くて、単純に必要論か?どうか?だけに終始しているように思えたからなのだ。
(アゴラ:ペーパーテストをやめたら大学は崩壊する 池田 信夫

マズは議論の整理をしたい。問題定義を起こしたのは”大学入学においてペーパーテストはいらない!!”って論法なのだ。つまりは、パーパーテストによる選抜が、大学生の個性を潰し、本当に優秀な大学生が作られない!!って論法である。その反対派は、ペーパーテストがあるから、基礎学力の無い馬鹿な学生を排除し、優秀な学生を作り出していく必要性がある!!って論法なのだ。





まあ、詳細はリンク先で読んでいただく方が良いんだと思うんだけれども、僕が最初に思った事は、”大学は出たけれども・・・・”ってのが、日本の学歴社会の中で1番の問題では無いだろうか?つまりは言葉は悪いが、知名度の低い3流大学を出たからと言って優秀な労働力になれない!!って意味合いではなくて、出た大学のブランドがそのままその人間の死ぬまでの能力のモノサシになり得ないことだろう。

はっきり言ってしまおう。僕は今、ある裁判を抱えていてその代理人である弁護士と法廷で議論する立場にある。(ちなみに本人訴訟で行っている。)やっぱり裁判だから当然ながら勝ちたくて、その代理人がどんな大学を出ているのか?さえも調べたのだ。はっきり言えば、その弁護士の卒業大学は某有名大学であった。

もえスタ ~萌える東大英語塾~もえスタ ~萌える東大英語塾~
(2008/07/31)
Nintendo DS

商品詳細を見る


それでも、その論理構成はあまりにもお粗末で、素人がちょっとつつけば簡単に崩れ去る議論しか出来ない酷さで、それでも”オレは弁護士様だから・・・”ってのがありありと態度に出てるタイプの弁護士なのである。弁護士になってどうやらキャリアも30年ぐらいありそうなんだけれども、ある意味、勝手な想像なんだけれども、民事裁判で、弁護士同士、なあなあの仕事しかしてなくて、論理構成を組み立てて、きちんと相手を追い詰めるような仕事をしてなかったんだと実感させられるのである。

確かに裁判相手の僕だから、相手を色眼鏡で観ている部分があるのは否定できないだろう。それに僕自身が相手を判断するだけの能力を持っていない!!って可能性もあるだろう。だから僕の一方的な評価だけが正しい!!って訳では無いのは事実だろう。

受験から就職まで 親と子のかしこい大学選び2013年版(日経キャリアマガジン特別編集) (日経ムック)受験から就職まで 親と子のかしこい大学選び2013年版(日経キャリアマガジン特別編集) (日経ムック)
(2012/06/11)
不明

商品詳細を見る


それでも、絶えず、口頭弁論ごとに証言が2点3点し、その提出した証拠も無茶苦茶で”あなたはうそつきか?”と僕自身、裁判官の目の前で相手の代理人である弁護士をなじりまくった現実があって、そんな暴言を裁判官自体、止めない現実があるって事は余りにも酷い弁護士なんだと思えるのだ。

また、これまで、社会生活の中で、残り二人ほど、真正面から口論になった事があるのだけれども、その二人もロクな論理構成を構築できなかったのだ。素人に口げんかで負けるんだから、どうしようもない弁護士は存在するのは事実で、そこから考えなければならないことは、試験に通ったからと言って優秀さが持続しない!!ってことなのだろう。

自分を活かす志望理由書・面接―推薦・AO入試対応 (東進ブックス―大学入試小論文シリーズ)自分を活かす志望理由書・面接―推薦・AO入試対応 (東進ブックス―大学入試小論文シリーズ)
(2007/10)
河本 敏浩

商品詳細を見る


確かに、ペーパーテストだけの得点だけの勝負で考えれば、記憶力が優秀か?どうか?の判定が言えてしまって、極論、エジソンのようなひらめきの天才を見つける事は出来なくて、また、極論、ガロアのような尖った天才を見つけることもかなわなくなっていくのかもしれない。

それにはっきり言えば、社会に出て思うことなんだけれども、大学の授業を実社会に役立てる事ってのは資格試験なんかで初めて効力があって、大学の一般教養の授業を人間形成の1つの方法論だと言い切れて、そこを評価する就職採用ってのは少ないだろう。実際高卒の生涯賃金と大卒の生涯賃金が、高卒のほうが高くなっている現実を踏まえてしまえば、大学の教養は実社会に役立たない一面も否定出来ないのでは無いだろうか?

ぶっつけ小論文―大学入試・秘伝公開!! (シグマベスト)ぶっつけ小論文―大学入試・秘伝公開!! (シグマベスト)
(2006/07)
樋口 裕一

商品詳細を見る


実際、こう言ってはなんだけれども、クリエイティブな業種であっても、ある種の企業内徒弟制度の中で、磨かれていくのだから、そうなれば、大卒の肩書きってのはいかにも怪しくなっていく現実がある。それにうがった言い方になるんだけれども、今の国会議員を観れば、それなりに2世政治家が幅を利かせているんだけれども、大卒の肩書きはそれなりにブランド大卒業だなあ・・・って思うんだけれども、能力につながっているか?って言えば疑わしいのも事実だろう。

そう考えれば、ある意味パーパーテストによる選抜ってのは意味が無いように思える部分もあるのだ。どんなにその入学時の記憶力が良くても結果的に卒業後の能力は保証されない現実があって、そう考えれば、ある意味、ペーパーテスト選抜ってのは意味が無いように思える。

国公立・私立大推薦&AO入試受かる面接―質問と応答例259&合格面接マニュアル (推薦入試合格BOOKS)国公立・私立大推薦&AO入試受かる面接―質問と応答例259&合格面接マニュアル (推薦入試合格BOOKS)
(2005/09)
大学推薦入試研究会

商品詳細を見る


逆に、こうなってしまったのは、結果的に、私学なんか特にそうなんだけれども、英語と国語が出来れば、後の教科は受験に不要!!ってことで受験科目以外に勉強しない学生が増えている現実も否定できないのだろう。だから小数点の割り算ができない大学生ってのはそれなりに居て、どうしようもなくなってきている現実があって、それを考えれば、基礎教養としての学力の確保として、ペーパーテストは必要で、それによって公平に優秀な人間を選抜できた!!って論法も生まれてくるのだろう。

確かにその事は重要なんだと思える。やっぱり大学を出た限りには最低限の学力ってのは基礎教養として担保されていくべきだ!!って考えもあるのだろう。僕もその意見には賛成である。はっきり言えば、何かの拍子にバラエティー番組なんかで○○大卒タレント!!って肩書きで出ている人を見ることがあるんだけれども、○○大学卒業だから出来て当たり前!!ってあって番組構成がされてるんだけれども、結局は出来なくて消え去っていくタレントさんも結構いてるような気がして、単純にペーパーテスト免除の一芸入試での入学者が優秀ではない!!って証拠になりえるのだろう。だから、ブランド大学卒業の肩書きが信頼できなくて・・・っていう論法も生まれてきても当然なのだろう。

大学入試センター試験過去問題集 2013 数学1・A,2・B (大学入試完全対策シリーズ)大学入試センター試験過去問題集 2013 数学1・A,2・B (大学入試完全対策シリーズ)
(2012/06)
駿台予備学校

商品詳細を見る


ただ、問題は、結局は、教育機関として大学は生徒に対して、ある一定以上の知識を植え付ける義務があるんだと思える。その部分が結局は達成されないから、こう言った入学時の学力がそのまま、卒業時まで担保されるか?の如くの論法になっているように思えるのだ。

はっきり言えば、大学全入時代になってしまって、生徒の取り合いがあって・・・ってことを私大の部分で言ってるんだけれども、ある意味、日本の経済ってのは徹底的なフォード主義に毒されてしまって、専門分化があって、でもその能力を得るのは、仕事についてからの徒弟制度の意味合いが大きくて、結局は大学が、大昔の流行の言葉になってしまってるんだけれども、”大学の遊園地化”から脱却できていない事に問題があるのでは無いだろうか?

《ゼロからわかる》特別編 オキテ破りの英文読解「速解コード」5Days [DVD]《ゼロからわかる》特別編 オキテ破りの英文読解「速解コード」5Days [DVD]
(2011/09/06)
長瀬正志

商品詳細を見る


旧帝大生であっても、社会人になってルーチンワークの中で馬鹿になっていく可能性は否定できなくて、そういう意味では、大学の質自体が”就職するための肩書き”作りから脱却する事を求めないと当然ながら、意味は無くて、一芸入試でも、社会に認められる人間も居たりして、ペーパーテストで基礎学力があっても、卒業時にはさび付いている場合も十分あって、大卒の肩書きがそのまま、生涯の能力値を担保するものではない事を理解しなければならないのだ。

そう考えればペーパーテスト云々の議論ってのは、余りにも本当の問題点から逸れてないだろうか?極論、法科大学院を作って・・・で失敗している現実があることも考えれば、もっと本質を議論するべきではないだろうか?はっきり言えば、大学をどのように考えるか?ってのは、日本の雇用システムをどのようにしていくか?って事になるだろう。

大学入試センター試験過去問題集英語 2013 (大学入試完全対策シリーズ)大学入試センター試験過去問題集英語 2013 (大学入試完全対策シリーズ)
(2012/06)
駿台予備学校

商品詳細を見る


生涯同じ会社に勤務する形態が崩れた今、大学の価値は何処にあるのか?って事になる。ダブルスクールがあって、それなりの大学生は就職するために専門学校に通っている事を考えれば、大学を二つに分けるべきなのだろう。1つは、医学部のように本当にある種専門学校化して、その卒業生に資格を取得させる形にしていく必要もあるだろう。

例えば法科大学院なんか作らずに、”大学の法学部法学科を卒業しなければ、司法試験さえ受けられません。医学部を出て、医者になる感覚で、法学部法学科を受けてください!!”とすれば、そもそも論で、法科大学院は不要だったはずなのだ。

一芸一能入試ガイド一芸一能入試ガイド
(1992/09)
牧山 泰之

商品詳細を見る


同じように、経営陣になりたければ、”きちんとMBA資格が発行できる経済学部を出て、MBAの資格試験を作りますので、それに合格してください!!”って感じで、何のために大学にいくのか?ってのを明確にするべきなのだろう。これはある意味、小中学校や高校の教員資格だって、今も同じように機能してるのだから、資格取得を明確にして、ある意味大学の専門学校化を推し進めるべきではないだろうか?

それによって、例えば、企業の財務部に入りたければ、最低限簿記○級が絶対的に必要です!!営業部員になりたければ、○○と言う資格が必要です!!って感じで、資格でがんじがらめにしてしまう!!ってのもひとつの手だろう。それを法的にルール化する事で、ある一定以上の能力の労働者を確保する事ができて、体外的に”資格者が業務を行っているんだから、健全です!!”って事が言えるようになるのだろう。

大学受験の教科書 はじめの一歩編 増補改訂版 (YELL books)大学受験の教科書 はじめの一歩編 増補改訂版 (YELL books)
(2011/06/20)
上雲 晴

商品詳細を見る


もっと言ってしまえば、政治家になるにしろ、”政治家に成るためには○○と言う資格が必要になります!!”って事になれば、○○チルドレンって言葉も生まれなくなって、ある意味、素養のある政治家が存在するようになって、”大衆に馬鹿にされる無能政治家の淘汰”が出来るんだと思えるのだ。

そしてもう1つは”研究者を作るための教育施設です!!”って割り切る必要性もあるだろう。はっきり言えば、特に文系なんかは大学に残っていくのはごく僅かだろう。そう考えれば、研究者を養成する側面も薄れてきて、結局はモラトリアムな側面だけが残ってしまうのだろう。

代ゼミのセンター照準シリーズ ~英語編~代ゼミのセンター照準シリーズ ~英語編~
(2007/12/06)
Nintendo DS

商品詳細を見る


1番簡単なのは、大学生の数に併せて、大学を積極的に潰して淘汰してしまえば良い。そうする事によって、こんな議論なんかは生まれなくなっていくのである。ブランド大学でさえも、例えば法学部なんかは現役司法試験合格率で順位付けて、学科単位で潰してしまえば、ある意味、そこには、大学も潰されたくなければ、必死に生徒を教育するようになるのだから、問題は無くなっていくはずなのだ。

そうなれば、私学は特にだけれども大学はどのように生徒を選んでも良いのであって、そこで大学ごとに入試を真剣に考えていけば良いのではないだろうか?受験システムだけで議論するのは間違っているのだ。この問題は社会システムの中で大学の存在をどこに求めていくか?ではないだろうか?

受験脳の作り方―脳科学で考える効率的学習法 (新潮文庫)受験脳の作り方―脳科学で考える効率的学習法 (新潮文庫)
(2011/11/28)
池谷 裕二

商品詳細を見る


それに最初に言った通り、ブランド大学を出ても、人は自己研鑽しないとさび付くのである。そう考えれば、全体論でどうこう論じていくってのもおかしくて、あまり意味が無いように思えるのだ。そういう意味では、日本人の既存の価値観を変革し、絶えず自己研鑽を積む人間を認めていく社会に変えていく必要があって、そういう意味では、極論10年ごとに誰であっても、資格の洗い出しと企業での労働評価を通信簿につけてもらい、それで再評価されていくようなシステム作りでさえも必要になってくるのではなかろうか?





つまりは、終身雇用制度の崩壊があって、労働者側だけにアメリカンスタンダードを押し付けている社会から、経営者側も、評価されなければならない本当の意味でのアメリカンスタンダードをもうそろそろ日本側も受け入れるべきであるのだ。極論司法試験を通っても30年経てば、馬鹿になっている人は居るのだ。そう考えれば、絶えず自己研鑽をしなければならない社会システムに日本は再構築する必要があるのではないだろうか?その辺りを議論せずに、受験システムでその人間の生涯能力を測る事自体、間違っている事に気付くべきだと僕は思うのだ。

PS.結局は言いたいことは、人の出来不出来は、システムによって構築される部分もあるんだけれども、それ以上に個々人の気質に備わっている場合が多い。高卒でも教養の高い文化人になれる素養のある者はいるし、逆に東大出身でも分数の割り算が出来ない者もいる。一芸入試で入学して学者になるものも居るだろうし、ペーパーテストでトップ得点で合格しても単位が足りずにドロップアウトする者だって居るのだ。そう考えれば、安易にシステム論に走るべきでは無いって事なのである。

トラックバック先
アゴラ:ペーパーテストをやめたら大学は崩壊する 池田 信夫
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ikedanobuo/1488545
http://agora-web.jp/archives/1488545.html




関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://subculmaniax.blog23.fc2.com/tb.php/1650-13ba5a6e
Googleキーワードランキング
Yahoo!!ボランティア!!
Yahooの募金紹介用ブログパーツです。 詳細は”http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/blog_parts/common.html”です。 確認して、利用していただければ、幸いと思います!!
管理者からのお願い!!
  • リンクに関して、自己責任でジャンプを行ってください!!
  • 一応気はつけているのですが情報に誤りがあるかもしれません。ですから必ずご自身で確認してください。このブログで誤った判断をされても責任はもてません。必ずご自身で再度の確認を願います
  • ブログ内のバナーはCMです。紹介している商品やサービスなんかの記事にはまったく関係はありません
  • 紹介している商品に関しては送料や振込み手数料などが別途必要になることが大半です。そのことも考えて購入することを願います。
あくせすかうんた!!
DMM!!
DMMDVDレンタル
DMM.com CD&DVDレンタル
リンク
ブロとも申請フォーム
GMOホスティング&セキュリティ株式会社
楽天その2
楽天その3
トラフィックエクスチェンジ
インク激安!!
インクって高いよね?
プリンタは安くなってるのにインクはまだまだ・・・・ 安く買って、気軽に使いましょう!!笑
ランキング集!!
株式会社paperboy&co.
FC2CM!!
FC2CM!!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。