オタの独り言

サブカル好きの似非オタが日々の日常のニュースの中で感じたことを、つぶやいていく・・・そんなブログです
 
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
楽天その1
クイズに答えて募金しよう!!
Yahooで行っている募金用ブログパーツです。 クイズに答えると1円、代わりに企業が募金してくれるようです。 1日1回限りらしいのですが、少しでも誰かの為になることだと思ってご協力ください!!
詳細は・・・”http://volunteer.yahoo.co.jp/click/”で確認願います!!
楽天
プロフィール

さぶかるまにあっくす

Author:さぶかるまにあっくす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
マイクロアドCM!!
お勧め!!
アマゾンお勧め フィギュアです!!
お買い得なので ドンドン、観てください!!
カテゴリ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表面的道徳論と現実的解決論のギャップについて 













人間誰しも”正義の味方!!”って呼ばれたいんだと思う。それなりに理想のヒーロー像があって、でも努力してもそれに近付くのは難しくて、それでも、まあ、少しでも頑張ってみようかなあ?なんて思うのが普通だろう。逆に”うそつきで泥棒で人間的にどうしようもないゲスいヤツ!!”なんて他人から呼ばれてしまえば、精神的にボロボロになって、自暴自棄になったりする可能性だってあるだろう。つまりは、誰だって、他人から悪口を言われたくない!!って本音があるのは間違いないだろう。

今回、大阪市の橋下市長が、沖縄県にある在日アメリカ軍基地司令に”性犯罪を犯す前に風俗で性欲を解消させれば良い!!”的な発言をして大問題になっているのは間違いないだろう。この発言は、韓国や中国の従軍慰安婦問題があって、なおかつ、在日アメリカ軍のレイプ犯罪問題があって、その兼ね合いの中から生まれた発言なんだとは想像できるんだけれども、ある意味、本来は別次元で考えるべき問題なのに、なんだか、それが混在して大きな問題になっているような気がするのだ。












これは確かに橋下氏が従軍慰安婦問題を語るときに、”システムとしてそれはその時代に在って、ある種の整合性を以って存在していた!!”ってことを伝えたかったんだと思えるのだ。無論、それが歴史的に考え方として正しいか?どうか?ってのは僕自身、勉強不足で判らない。しかしながら、世界各国に今でも売春問題ってのはあって、中には形を変えて合法化している場合もあって、映画なんかを観たりすると、そんなものがあること自体は、否定は出来ないのだろう。

そう考えれば、第2次世界大戦時において、”従軍慰安婦”が存在していてもおかしくは無かったのだろう。問題は、それに従事していた女性が強制的だったのか?それともお金儲けとして自主的だったのか?ってのがあって、そこの切り分けが出来ずに、今でもその補償問題が浮かび上がっている!!ってのが言えてしまえるのだろう。



従軍慰安婦 (岩波新書)従軍慰安婦 (岩波新書)
(1995/04/20)
吉見 義明

商品詳細を見る




だから、橋下氏は、従軍慰安婦そのものの存在の問題は否定せずに、そこに従事していた女性が、”自主的に売春をしていた!!”ってことを考えたのだろう。僕が思うに、特に朝鮮人従軍慰安婦ばかりがクローズアップされているんだけれども、実際は、日本人女性だって同じような形で従軍慰安婦になっていた女性は居たんだと思っている。
(Yahooニュース:橋下氏「いろんな考え方ある」 侵略巡る石原氏の反論に)

それで問題は、それが自主的なのか?そうでないのか?って部分において、僕は個々の女性の事情をマクロなレベルで当てはめるべきではない!!と思っているのだ。ブッチャケの話、金銭的な問題で、”ああ、野麦峠”ではないけれども、イヤイヤ売られてきた女性だって居るだろうし、自主的に覚悟を決めてきた女性だって居るだろう。問題は、そこに政府自体が関係してきたか?どうか?なのだろう。



「従軍慰安婦」をめぐる30のウソと真実「従軍慰安婦」をめぐる30のウソと真実
(1997/07)
吉見 義明、川田 文子 他

商品詳細を見る




そのあたりは、実際問題、中途半端に日本帝国政府だって関係してきたんだとは想像できるのだ。軍隊の敷地内や管理地にそうやって売春宿が存在すれば、まったくご存じなかった!!ってのは言い訳として通用しないだろう。しかしながら、形としては、現地での自主運用で、そういう意味では”判ってるけど公然の秘密で、非公認!!”なんて形で運営されてきたのではなかろうか?

その中で朝鮮人だってそのシステムを上手く利用して利益をあげていた人だって居るんだと思う。軍隊だけでそのシステムを構築する!!ってのは効率が悪いし、運用しきれないだろう。そういう意味では、民間人と一部の軍人さんが共謀して、システムとして構築していった!!と想像するほうが判り易いのではなかろうか?




よくわかる慰安婦問題よくわかる慰安婦問題
(2007/06/22)
西岡 力

商品詳細を見る




そうなれば、女性だって覚悟を決めて・・・って感じの人も居たのだろう。今だって風俗産業でお金のために自主的にそんな仕事を選んでいる女性ってのは存在してるんだし、繰り返して言うのだけれども、従軍慰安婦版”ああ、野麦峠”のパターンで、女性は集められてきたのではなかろうか?と思うのだ。

そういう意味では、強制徴収で集められてきた!!ってことで日本に賠償を要求する韓国人ってのはおかしいし、この問題も本来は1965年の日韓基本条約で、本質的には片付くべき問題では無いのだろうか?それを韓国政府が誤魔化して、日本の政治家も訳が判らずに、格好を付けて見栄を張って”人道主義的”にズルズルと相手の都合に併せてしまって、この問題は尾を引いているのだろうと思うのだ。




「慰安婦」問題とは何だったのか―メディア・NGO・政府の功罪 (中公新書)「慰安婦」問題とは何だったのか―メディア・NGO・政府の功罪 (中公新書)
(2007/06)
大沼 保昭

商品詳細を見る




そんな中で、”もうそろそろ、韓国人のワガママに付き合ってられない!!”って意識が日本の中で芽生えて・・・これは、日本人自体、バブルも弾けて余裕がなくなっているのに、在日特権でヌクヌクと暮らしている朝鮮人を見れば怒りたくなる!!ってのがあってだと僕も感じている・・・・なおかつ、韓国の要求が都合よくエスカレートして、激しくなってきたからの相乗効果で急激に表面化してきた!!ってのが言えるのだろう。

つまりは、本来、この問題点は戦後直ぐに直面する問題であったはずなのに、イマサラ、戦争を知らない世代になって、出てくるってのが、僕にとっては”韓国のいやらしさ”に感じるのである。それで、日本人もこれまでのように戦争補償を安易に口にせずに抵抗するようになって、大きな問題化してきたんだと思うのだ。




慰安婦と戦場の性 (新潮選書)慰安婦と戦場の性 (新潮選書)
(1999/06)
秦 郁彦

商品詳細を見る




それで今回の橋下氏の発言に戻るんだけれども、結局は橋下氏は、そんな韓国人のいやらしさに辟易して、従軍慰安婦というシステム自体が、ある種の整合性を以って、その時代に成立していたのだから、韓国人の要求はおかしいのではないか?ってことをアメリカに伝えたかったんだと思うのだ。

そうなれば、今のアメリカ軍の沖縄における性犯罪の現状があって、”従軍慰安婦システムと同じように風俗を利用すれば良いのではないか?”ってことに論理的につながっていって、結果、そのように発言してしまったんだと思えるのだ。




日本軍「慰安婦」制度とは何か (岩波ブックレット 784)日本軍「慰安婦」制度とは何か (岩波ブックレット 784)
(2010/06/10)
吉見 義明

商品詳細を見る




逆に言えば、沖縄でアメリカ軍の性犯罪、レイプ事件がまったく無ければ、その発言ってのはリアリティーが無くて、一笑にふされてたんだと思うんだけれども、現実的にアメリカ軍軍人のレイプ犯罪なんかが起こり得ているのだから、その現実的対応策としての橋下氏の”風俗発言”になっている現実は否定してはいけないのだろう。

ただ、問題は今の道徳的に見て、風俗ってのは女性の人権を・・・ってのが大部分のアメリカ人の中にあって、そこに女性の人権団体が政治的に圧力団体として存在すれば、その話題は”タブー”として存在して、パンドラの箱化してしまう話題になるのではなかろうか?




「従軍慰安婦」強制連行はなかった―政府調査資料が明かす河野談話のウソ この一冊でいわゆる「従軍慰安婦」問題の全てがわかるQ&A「従軍慰安婦」強制連行はなかった―政府調査資料が明かす河野談話のウソ この一冊でいわゆる「従軍慰安婦」問題の全てがわかるQ&A
(2011/01)
松木 國俊

商品詳細を見る




つまりはアメリカ軍の現実的にその基地で働いて性問題に直面している人たちにとっては、アメリカ人であっても、橋下氏の発言の意図は”わかっていた”のだろうと想像できるのだ。しかしながら、”表面的道徳論”が政治の世界だから先行してしまって、”不快だ!!”ってことに結論付けてしまって、その問題点が無いと糊塗しようとしているのではなかろうか?と思えるのだ。

ブッチャケの話、アメリカ軍基地の中でのセクハラ問題レイプ問題ってのは、何かの拍子に漏れ聞こえる問題で、その具体的な解決法として昔から”従軍慰安婦”的な部分がアメリカ軍の中にもあったんだと思えるのだ。ただ、問題はそれはあくまでも現場サイドの実体論で、表面的には”絶対のタブー”なのだろう。




従軍慰安婦と公娼制度―従軍慰安婦問題再論従軍慰安婦と公娼制度―従軍慰安婦問題再論
(2010/08)
倉橋 正直

商品詳細を見る




それに、アメリカは湾岸戦争があって中東戦争があって、そこにベトナム戦争に朝鮮戦争が、第2次世界大戦の後に行ってきたのだから、”従軍慰安婦問題”ってのは、”絶対的ヒーロー”になりたいアメリカ軍にとっては、最大のタブーの1つになっていたのだと思えるのだ。

逆に言えば、日本と韓国との従軍慰安婦問題ってのは、アメリカにとっては”火の粉”であって、対岸の火事にしておかなければ、”アメリカ絶対ヒーロー論”にケチがついてしまう!!可能性があって、今回、そこに橋下氏がズケズケと踏み込んできてのだから、慌てて火消しに入っているように思うのである。




証言記録 従軍慰安婦・看護婦 (新人物文庫)証言記録 従軍慰安婦・看護婦 (新人物文庫)
(2009/08/07)
広田 和子

商品詳細を見る




だから前提として風俗は女性の人権蔑視論として語られる問題であるんだけれども、現実論の中で、アメリカは軍隊を世界中に出して、その中で性犯罪の問題ってのは存在してて・・・ってことになるのだろう。それを今の時代の話として持ち出されてしまえば、大問題になるのは容易に想像できるのである。

つまりは、この問題は軍隊の中にある性欲ってタブーを表面化してしまうバクダンだったのだろう。日本にとっては過去の問題なんだけれども、アメリカ軍にとっては今もありえる問題で、扱いが難しくて、タブー化している現実があるんだと思えるのだ。











そういう意味ではアメリカは”日本が悪い事をした!!”のほうが都合がよくて、それで問題が解消されていくのが理想なんだと思えるのだ。そういう意味では、日韓問題としての”従軍慰安婦問題”で誤魔化したい!!ってのがアメリカの思惑では無いだろうか?そしてそれに乗っかるほうがラクだから、韓国がそのアメリカの態度を利用している!!ってのが言えるんだと思うのだ。僕はそういう状況なんだと感じるのである。


トラックバック先
Yahooニュース:橋下氏「いろんな考え方ある」 侵略巡る石原氏の反論に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130518-00000006-asahi-pol









関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://subculmaniax.blog23.fc2.com/tb.php/2543-98b5d6d8
Googleキーワードランキング
Yahoo!!ボランティア!!
Yahooの募金紹介用ブログパーツです。 詳細は”http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/blog_parts/common.html”です。 確認して、利用していただければ、幸いと思います!!
管理者からのお願い!!
  • リンクに関して、自己責任でジャンプを行ってください!!
  • 一応気はつけているのですが情報に誤りがあるかもしれません。ですから必ずご自身で確認してください。このブログで誤った判断をされても責任はもてません。必ずご自身で再度の確認を願います
  • ブログ内のバナーはCMです。紹介している商品やサービスなんかの記事にはまったく関係はありません
  • 紹介している商品に関しては送料や振込み手数料などが別途必要になることが大半です。そのことも考えて購入することを願います。
あくせすかうんた!!
DMM!!
DMMDVDレンタル
DMM.com CD&DVDレンタル
リンク
ブロとも申請フォーム
GMOホスティング&セキュリティ株式会社
楽天その2
楽天その3
トラフィックエクスチェンジ
インク激安!!
インクって高いよね?
プリンタは安くなってるのにインクはまだまだ・・・・ 安く買って、気軽に使いましょう!!笑
ランキング集!!
株式会社paperboy&co.
FC2CM!!
FC2CM!!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。