オタの独り言

サブカル好きの似非オタが日々の日常のニュースの中で感じたことを、つぶやいていく・・・そんなブログです
 
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
楽天その1
クイズに答えて募金しよう!!
Yahooで行っている募金用ブログパーツです。 クイズに答えると1円、代わりに企業が募金してくれるようです。 1日1回限りらしいのですが、少しでも誰かの為になることだと思ってご協力ください!!
詳細は・・・”http://volunteer.yahoo.co.jp/click/”で確認願います!!
楽天
プロフィール

さぶかるまにあっくす

Author:さぶかるまにあっくす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
マイクロアドCM!!
お勧め!!
アマゾンお勧め フィギュアです!!
お買い得なので ドンドン、観てください!!
カテゴリ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国・韓国に気を使いながら海外派遣するってバカじゃないの?って思う 











フィリピンで未曾有の台風被害が出たらしい。ハッキリ言えば、僕は日本の片田舎に住んでいて、外国なんかほとんど行ったことがない人間だから、TVのモニタに写る情報だけで認識しているから、その分、”肌感覚”としての実感が無いのも事実だ。ただ、それでもモニタ越しに写る状況を観れば、東日本大震災の事なんかが思い出されて、”頑張れ!!フィリピン!!”って思ってしまう。

そしてこの感覚ってのは日本人の大部分の感覚では無いだろうか?未だに原発事故問題が片付かずに、右往左往している日本の政治があって、その部分で被災者がまだまだ苦しんでる現実があって、でも、それは結局はTVなんかの媒体越しの情報なのだ。











そしてその部分でどこかリアリティーが無くて、日々の生活の中で、思いながらもどこか他人事になっている感覚・・・・それでも、やっぱりフィリピンの被災状況を観れば、東日本大震災が思い出されて、その部分でフィリピンの被害に同じ被災を経験した国民としてどうにかしてあげるべきだ!!って微かにでも思える・・・それが日本人なんだと思える。

実際、コンビニなんかに行くと、レジの前での募金箱には”フィリピン台風被害募金”って感じで書かれており、僕だってお釣りを、数十円規模ながら、そのまま募金したし、そんな感覚で日本の募金って為されていくんだと思う。そのときの気持ちってのは、確かにフィリピン可哀想!!って安易な気持ちもあるんだけれども、東日本大震災で助けてもらったから、その分、少しでも恩返しするべきだ!!って気持ちもあるんだと思うし、僕はその部分もあって募金させてもらっているのだ。



国際貢献のウソ (ちくまプリマー新書)国際貢献のウソ (ちくまプリマー新書)
(2010/08/06)
伊勢崎 賢治

商品詳細を見る




だから、日本の自衛隊がフィリピンの台風被害の救助に行くのは、僕自身大賛成だし、それがある意味、東日本大震災で世界から助けてもらった日本の恩義だと思えるのだ。つまりはある意味、”自衛隊ってのは災害救助組織で、戦争をする仕事よりも、被災地で頑張るのが本業だと思っている”人が多いのでは無いだろうか?

つまりは、自主防衛って意味で鉄砲を持っていたり戦闘機を持っていたりするんだけれども、実際、自衛隊が行わなければならないのは、鉄砲玉を撃つことよりも、自然災害で困っている人をどうにかこうにか助けるための”ドカタ業が実質的なナリワイだ!!”って感じている人が日本の中で大半ではないだろうか?




世界を救う7人の日本人~国際貢献の教科書~世界を救う7人の日本人~国際貢献の教科書~
(2010/10/14)
池上彰

商品詳細を見る




そういう意味では、日本の自衛隊ってのは世界に自慢できるだけ優秀な”ドカタ部隊”なんだと誇れるのでは無いだろうか?それに日本が国際貢献をして世界に認められるためには、なにも紛争地で軍事制圧して平和を作り出す仕事よりも、自然災害で自衛隊が土嚢を積み上げる姿が必要なんだと日本人の大部分は思っているのでは無いだろうか?

だから、今回のフィリピン派遣にも自衛隊で派遣される大部分の隊員さんだって、”ああ・・・・実行部隊として、人助けで仕事をするんだなあ・・・ガレキ撤去と土嚢積みがまた仕事だよなあ・・・・”なんて感覚で行くのだろう。つまりは、あらかた目星が付いて、そのドカタの仕事が終われば”さあ、撤収!!正月には日本に帰りたいなあ・・・”なんて気分で行くんだと僕は想像している。



自衛隊の国際貢献は憲法九条で―国連平和維持軍を統括した男の結論自衛隊の国際貢献は憲法九条で―国連平和維持軍を統括した男の結論
(2008/03/01)
伊勢崎 賢治

商品詳細を見る




言い換えれば、日本が世界に認められるためには、そう言った部分で如何に外国のために働けるか?ってことなのだろう。もう約20年ぐらい前になるんだけれども、中東の湾岸戦争のとき、”金だけ出して血を流さない”って世界中から批判されたことが日本にはある種のトラウマになっているんだと思う。

しかしながら、だからと言って、軍隊的な側面があるのは否定できない自衛隊を安易に世界に派遣してしまうのは第2次世界大戦のトラウマもあって、その部分で日本ってのは、自国の組織なのに自衛隊に対してビミョウに信頼出来ない用心深いところがあるんだと思えるのだと感じている。




「日本の役割」の論じ方―「トリックとしての国際貢献」をめぐって「日本の役割」の論じ方―「トリックとしての国際貢献」をめぐって
(2010/03)
丸楠 恭一

商品詳細を見る




だから、何かの拍子に中東での平和維持活動に、”世界の国々が平和のために軍隊を派遣してるんだから、日本も自衛隊があるから、それに参加するべきだ!!”の議論に、”憲法9条があるから、紛争地に無武装で自衛隊は行ってこい!!”ってのが日本の政治の自衛隊に対する都合の良い使い方になったのだろう。

つまりは”撃たれて死んじゃう可能性があるけど、日本として憲法9条があるから、応戦せずに撃たれて死んできてね・・・”ってのが実際の日本の政治論法になってしまっている部分ってのがあるようにさえ思えるのだ。




世界が愛した日本世界が愛した日本
(2008/07/28)
四条 たか子

商品詳細を見る




それでも自衛隊に勤めている人ってのは、”憲法9条問題があるから・・・”ってことで諦めて、海外に行っちゃったのだろう。そういう意味では死ぬ気で行ってもらっていた!!ってのがあるのだろう。そんな態度で自衛隊を運用しているからこそ、最近は日本の自衛隊の評価ってのは世界の中で高くなっていると思えるのだ。

つまりは世界の大部分は、もしかしたら自衛隊の事を”鉄砲を持っていても軍事的に何もせず、ドカタの仕事をしてくれて、その報酬としては、その国で子供たちなんかとサッカーなんかをして遊んでる写真を撮らせてやること”ぐらいのことを思っているのでは無いだろうか?




まんがで読む防衛白書〈平成22年版〉ハイチにおける国際平和協力活動まんがで読む防衛白書〈平成22年版〉ハイチにおける国際平和協力活動
(2011/07/06)
不明

商品詳細を見る




言い換えれば、日本の外交としては、”ノーテンキに国際貢献をして世界に認められたい!!”ってのがあって、そのイメージ戦略として、自衛隊の海外派遣があって、だから、報酬としては世界にアピールするために”自衛隊隊員がその土地の子供なんかと遊ぶ写真を盗らせて貰ってこい!!”ってのが日本の外交イメージ戦略になってるんだと思えるのだ。

つまりはアメリカや他の国ってのは海外派遣に関しては利害関係を複雑に考えて、単純に人道的な部分だけで行っているのでは無い!!ってのが言えるのかもしれない。無論、国際的な人道論があるから、アカラサマに”利害があるからやらない!!”ってことは言えないだろう。しかしながら、それでも、ミョウな政治バランスの中で、軍隊の海外派遣がなされている現実ってのが中東問題なんかを見れば、誰しも感じることではなかろうか?




ルワンダ難民救援隊ザイール・ゴマの80日 [我が国最初の人道的国際救助活動]ルワンダ難民救援隊ザイール・ゴマの80日 [我が国最初の人道的国際救助活動]
(2007/04/25)
神本 光伸

商品詳細を見る




それに比べて日本ってのは第2次世界大戦で戦争を起こしてしまったことに対してトラウマがあって、他の国々以上にその辺りがセンシティブに考える部分があるように思えるのだ。だから何かの拍子に”軍隊を派兵できる普通の国になる”なんてスローガンが浮かんでは消える自衛隊に対する政治態度なのだと言えるのだろう。

だから、今回のフィリピンへの海外派遣に関しても、国内世論がきちんと定まっていない中、軍事行動に出る!!って事は無くて、単純に”東日本大震災があったから、その分だけほんの少しでもゴージャスにお返しするべきだ!!”ってノリで言ってるのだろう。安易な太っ腹派遣と笑われるレベルで、日本政府は決定した!!ってのが言えるんだと思える。




海を渡る自衛隊―PKO立法と政治権力 (岩波新書)海を渡る自衛隊―PKO立法と政治権力 (岩波新書)
(1992/11/20)
佐々木 芳隆

商品詳細を見る




つまりは、極端な話、100人の派遣で済むところを1000人送れば、”派手に見えて格好が付く!!”ってのが日本の政府の今回の派遣の”ノリ”なんだと思えるのだ。フィリピンからすれば、”なんでこんなにも自衛隊を送ってくるの?”って疑問が浮かぶんだと思うけれども、”日本の見栄っ張り外交”ってのをある意味、理解していると思うから、その部分で”来たら、その分だけ仕事をして帰ってね・・・”で終わるんだと思うのだ。

そういう意味では、今回のニュースでは、”大規模に自衛隊を派遣することは、かつて日本の侵略を受けたアジア各国を不安にさせ、敏感にさせている”と結んでいるけれども、ある意味、日本と言う国のGDPを考えればもっと大規模に派遣しても良いのかもしれないとさえ思うのだ。
(Yahooニュース:日本がフィリピンに自衛隊投入の大規模支援、アジア各国が不安―中国メディア



海を渡る自衛隊―PKO立法と政治権力 (岩波新書)海を渡る自衛隊―PKO立法と政治権力 (岩波新書)
(1992/11/20)
佐々木 芳隆

商品詳細を見る




どうやらアメリカやイギリスは空母クラスまで派遣して、大国としての人道責任を果たそうと努力しているようである。オーストラリアも金銭的にかなりの寄付をフィリピンにしているのは事実らしい。そう考えれば、本来は”日本も負けてられない!!”では無いだろうか?

日本の派遣規模を決定するのに、中国・韓国に配慮して、その大きさを決めたとするなら、これほどなさけないことは無いのではなかろうか?”見栄っ張り”と言われても、こういうときこそ、日本は率先して、海外派遣をするべきでは無いだろうか?鉄砲を持たない自衛隊派遣こそ、日本の海外貢献で、”金銭と血を流しての貢献”だと言えるのではなかろうか?




きみはサンダーバードを知っているか―もう一つの地球のまもり方きみはサンダーバードを知っているか―もう一つの地球のまもり方
(1992/11)
サンダーバードと法を考える会

商品詳細を見る




中国・韓国に嫌われても、当事者フィリピンから感謝される国際貢献をしてこそ、自衛隊の存在意義はあるのだろうし、世界も日本に対して”人畜無害の友好国”の評価をしてもらえるのではなかろうか?そのためには大量動員を行いながらも、如何に綺麗に撤収するべきか?が自衛隊の”腕の見せ所”だと思えるし、何よりも、これからフィリピンが復活するには何年も時間がかかるのだろう。









その時に継続して、フィリピンに協力していく姿勢こそ、日本に必要な態度であって、単純にその場限りの支援で終わらずに、永続的に”友達づきあいすること”が、日本の外交にとって1番必要なことだと思うし、それが、第2次世界大戦で日本がしてしまったことに対する贖罪になるのだと僕は思うのだ。

トラックバック先
Yahooニュース:日本がフィリピンに自衛隊投入の大規模支援、アジア各国が不安―中国メディア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131116-00000001-xinhua-cn







関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://subculmaniax.blog23.fc2.com/tb.php/2958-d772c4e5
Googleキーワードランキング
Yahoo!!ボランティア!!
Yahooの募金紹介用ブログパーツです。 詳細は”http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/blog_parts/common.html”です。 確認して、利用していただければ、幸いと思います!!
管理者からのお願い!!
  • リンクに関して、自己責任でジャンプを行ってください!!
  • 一応気はつけているのですが情報に誤りがあるかもしれません。ですから必ずご自身で確認してください。このブログで誤った判断をされても責任はもてません。必ずご自身で再度の確認を願います
  • ブログ内のバナーはCMです。紹介している商品やサービスなんかの記事にはまったく関係はありません
  • 紹介している商品に関しては送料や振込み手数料などが別途必要になることが大半です。そのことも考えて購入することを願います。
あくせすかうんた!!
DMM!!
DMMDVDレンタル
DMM.com CD&DVDレンタル
リンク
ブロとも申請フォーム
GMOホスティング&セキュリティ株式会社
楽天その2
楽天その3
トラフィックエクスチェンジ
インク激安!!
インクって高いよね?
プリンタは安くなってるのにインクはまだまだ・・・・ 安く買って、気軽に使いましょう!!笑
ランキング集!!
株式会社paperboy&co.
FC2CM!!
FC2CM!!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。