オタの独り言

サブカル好きの似非オタが日々の日常のニュースの中で感じたことを、つぶやいていく・・・そんなブログです
 
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
楽天その1
クイズに答えて募金しよう!!
Yahooで行っている募金用ブログパーツです。 クイズに答えると1円、代わりに企業が募金してくれるようです。 1日1回限りらしいのですが、少しでも誰かの為になることだと思ってご協力ください!!
詳細は・・・”http://volunteer.yahoo.co.jp/click/”で確認願います!!
楽天
プロフィール

さぶかるまにあっくす

Author:さぶかるまにあっくす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
マイクロアドCM!!
お勧め!!
アマゾンお勧め フィギュアです!!
お買い得なので ドンドン、観てください!!
カテゴリ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻想に現実通貨を投資する危険性を考える 












”BitCoin"と言うネット通貨が消失して、その管理取引会社が倒産した!!と言うニュースを読んだ。僕自身、”BitCoin"ってのを使ったこともないから、それがどう言ったものか?判らないし、実際、それでゲームなんかの支払いが出来る!!なんてことは見たこともないから、イマイチ、その存在自体、リアリティーが無いのが実情なのだ。
(Yahooニュース:マウントゴックスが経営破綻=仮想通貨の私設取引所―顧客のビットコイン「全て消失」

ただ、まあ、何かの拍子に様々なネット記事でBitCoinのシステム性を紹介する記事を読んでいたりするので、ミョウにその胡散臭さってのを感じていたのも事実なのだ。言い換えれば、BitCoinの発生源ってのは、ある種の裏打ちの無い”お約束”の中で存在している!!ってのが言えるような気がするからなのだ。












つまりは、僕自身、こうブログで書きながらも、ある種の”ネット通貨”自体はゲームなんかで使っている。簡単に言えば、コンビニで日本円を支払って、レシートみたいなものに印刷されたパスコードを入力して、それをネット上の通貨として利用しているのだ。これはそれなりにネットゲームが好きだったりした人は体験していることではなかろうか?

それに僕自身はまだ利用したことが無いんだけれども、コンビニなんかでアマゾンやグーグルの電子マネーカードが発売されているのはよく見ることで、そこから考えれば、ある意味、ネット通貨と言いながらも、実際的には”商品券”扱いとして、それを購入している!!ってのが言えてしまえるのだろう。









つまりはその購入したネット通貨は、その販売会社がその価値を保証して代行して、ゲーム会社なんかにその代金を支払ってくれているイメージなのである。だから、2000円なら2000円の価値でしかそのネット通貨は存在し得ず、そう言う意味で、単純に、そのネット通貨は支払い手段の1つに過ぎない!!ってしか言えないのである。

しかしながら、今回のBitCoinってのはどうやら、その発行会社ってのが存在しないらしいのだ。つまりは、誰であっても、そのアプリケーションを利用してバーチャルの中で”発掘”し、利用することが出来るのだから、その部分で、根本的な部分での現実世界での日本円とかの交換制度ではない!!ってことが根本的に言えるのだろう。








ただ、実際的に、誰しも”発掘”出来るんだけれども、その”手間”があるのだから、その解消方法として、現実世界なんかで流通している日本円なんかとの交換システムがあって、その代行会社が今回倒産した企業の”Mt.GOX"って考えるのが良いのだろう。

そして、今回のキモになるんだけれども、通常のゲーム会社なんかに支払うネット通貨ってのは、単純に例えば2000円は2000円ってふうに額面の価値ってのは変わらないから、その部分でネットで現金を支払いやすくするための決算手段だ!!ってふうに考えるんだけれども、BitCoinってのは、世界的に流通しているからこそ、その部分で現実世界との金銭との交換において、為替の概念が生まれて、そこに投資マネーが集まってしまった!!ってのが言えて、被害を大きくしてしまった!!ってのが言えるのだろう。









つまりはオンラインゲームだって、そのゲーム内で使えるゴールドなんかをゲームをしてモンスターなんかを倒して手に入れて、それでアイテムを購入してレベルを上げていく!!ってのが普通なんだけれども、やっぱり、そうやってモンスターを倒して・・・って部分に手間があるから、それでRMTって形で、そのゲームの運用会社を通さずに”場外取引”でRMTって形でユーザー間でゲームで使うゴールドを交換する方法があって、昔から問題になっている部分もあるのは間違いないのだ。

確かにコツコツとゲームをして・・・ってことになるとそれだけ時間を取られることになるのだから、手っ取り早く、現金を支払ってゲームで使えるゴールドを購入するってのは”あり”なのかもしれない。実際、最近のゲームはいわゆる”アイテム課金”でお金をだして、レベルアップしやすいように、そのゲーム会社が販売するアイテムを購入して、手っ取り早くキャラクターを強くして楽しむのだから、その部分では、そのゲームマネーと現実世界の日本円が交換されているシステムが成立している!!と言っても良いのかもしれない。









しかしながらBitCoinってのは、そのゲームの世界だけじゃなくて、現実世界の商品とも交換できるシステムなのだから、その部分で、需要と供給の問題が生まれて為替変動がなされて、その差額で利益が生まれてしまうのだから、その部分で、投資マネーが存在して、結果的にある種のバブル化が為された結果!!ってのが言えてしまえるのだ。

そして、その発行主体ってのは、PCを使う誰しもが、その使っているマシンパワーの高低による入手の可能性の変動はあるものの、なり得てしまえる部分があって、それによって、国家なんかに依存しないネット通貨として存在している現実もあるのだから、そこから考えれば、国家の通貨ルールを吹き飛ばして存在したのがBitCoinなのだと言えるのではないだろうか?









そうなれば、こう言った今回なんかのトラブルに対して、都合が悪くなれば、国家権力による解決を求めるのは、何かおかしいようにも思えるのだ。無論、現実世界で流通している国家通貨に変換できる部分において、それに今回の場合、国家に登記している企業が介在している意味合いで、その部分で国家の介入を求めるのは当然なのかもしれないが、通過しシステムとしてBitCoinを考えた場合、その価値を保証するものは、国家ではなく、自己責任になるのだから、そこに僕はものすごく今回のトラブルに違和感を感じたのである。









つまりは、国家政府の制約から逃れるためのネット上の概念通貨としてのBitCoinであったのに、トラブルになれば、その国家政府に対応を願わざるを得ない部分に、それを利用している人のある種の”ワガママさ”を感じて、気持ち悪く感じるのである。BitCoinは通常、僕なんかが利用している”商品券”としての意味合いでのネット通貨ではないのだ。そう考えれば、現実通貨をBitCoinに変えて”為替差益を得よう”としている側面も考えれば、今回のトラブルも投資リスクとして気付くべきだったように思えるのである。

トラックバック先
Yahooニュース:マウントゴックスが経営破綻=仮想通貨の私設取引所―顧客のビットコイン「全て消失」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140228-00000144-jij-soci








関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://subculmaniax.blog23.fc2.com/tb.php/3147-0159aa9f
Googleキーワードランキング
Yahoo!!ボランティア!!
Yahooの募金紹介用ブログパーツです。 詳細は”http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/blog_parts/common.html”です。 確認して、利用していただければ、幸いと思います!!
管理者からのお願い!!
  • リンクに関して、自己責任でジャンプを行ってください!!
  • 一応気はつけているのですが情報に誤りがあるかもしれません。ですから必ずご自身で確認してください。このブログで誤った判断をされても責任はもてません。必ずご自身で再度の確認を願います
  • ブログ内のバナーはCMです。紹介している商品やサービスなんかの記事にはまったく関係はありません
  • 紹介している商品に関しては送料や振込み手数料などが別途必要になることが大半です。そのことも考えて購入することを願います。
あくせすかうんた!!
DMM!!
DMMDVDレンタル
DMM.com CD&DVDレンタル
リンク
ブロとも申請フォーム
GMOホスティング&セキュリティ株式会社
楽天その2
楽天その3
トラフィックエクスチェンジ
インク激安!!
インクって高いよね?
プリンタは安くなってるのにインクはまだまだ・・・・ 安く買って、気軽に使いましょう!!笑
ランキング集!!
株式会社paperboy&co.
FC2CM!!
FC2CM!!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。