オタの独り言

サブカル好きの似非オタが日々の日常のニュースの中で感じたことを、つぶやいていく・・・そんなブログです
 
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
楽天その1
クイズに答えて募金しよう!!
Yahooで行っている募金用ブログパーツです。 クイズに答えると1円、代わりに企業が募金してくれるようです。 1日1回限りらしいのですが、少しでも誰かの為になることだと思ってご協力ください!!
詳細は・・・”http://volunteer.yahoo.co.jp/click/”で確認願います!!
楽天
プロフィール

さぶかるまにあっくす

Author:さぶかるまにあっくす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
マイクロアドCM!!
お勧め!!
アマゾンお勧め フィギュアです!!
お買い得なので ドンドン、観てください!!
カテゴリ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本そのものの”お手盛り”問題が、本質的に今回の問題の原因ではなかろうか? 



iPS細胞で山中教授がノーベル賞を受賞して、その流れでSTAP細胞ってのが、iPS細胞を超える発見!!ってことで話題になったのは最近のことである。特にその発見者が若い女性ってことがポイントになって、ある意味、日本の中でその細胞を発見した意味合いよりも、若い女性の研究結果!!ってことで話題になったのは事実だろう。

それで、今回、その発見がどうやら怪しくなってきて、とうとう、その研究チームの1人の教授から、その論文の取り下げを求められる事態になっているのがニュースで明らかにされてきたのである。少し、興味があって調べてみると、その研究の再現性に関して、第三者が行った場合成功していない!!ってのが言えて、それを考えれば、素人である僕も、いささか、本当にこの研究発表は正しかったのか?疑問になるのは事実なのだ。
(Yahooニュース:<STAP細胞>論文の取り下げ提案…「データ再検証必要」

特に今回の場合、どうやら、その研究発表に使われた画像が別の実験で使われた画像と同じであったり、実験手法が別の論文からの剽窃であったりして、その部分からも怪しい!!ってことが言えてしまえるのだろう。無論、結果論として、その論文が正しければ、枝葉末節の行為であり、問題は無い!!と考える所属している理化学研究所のコメントも正しいのかもしれないが、第三者が成功しない実験に関して、強気に出られても”開き直り”にしか過ぎない!!ってのが僕の感覚になるのだ。

マズは、思う事なんだけれども、僕自身STAP細胞の研究が正しかったか?どうか?ってのが判らない・・・・ってのがホンネになる。もっと言ってしまえば、画像云々の問題よりもSTAP細胞の研究そのものが正しいか?どうか?が根本的な問題で、本質的にはどんな人だってそこに行き着くのは間違いないだろう。

そうなれば、発表した”小保方晴子”氏は、公開で再実験を行い、それが再現性ある実験結果であることを証明するべきなのだろう。物理化学であっても社会科学であっても、第三者の再現性が担保されているか?どうか?ってのがもっとも大切なことであって、極論、その1度限り、成功した実験ってのは、本質的には意味を為さないものであると僕は考えるからなのだ。

つまりは第三者が追試をして失敗して、”小保方晴子”氏だけがそこで成功するなら、”小保方晴子”氏だけが無意識の中で行っている何らかのファクターがある!!と考えるべきなのだろう。つまりは、もしかすると、素人考えなんだけれども、利用している器具の材質なんかがそのポイントであったりすれば、”理化学研究所でしか起こり得ない実験結果”になる可能性だってあるだろう。

だから、単純に今の段階で”小保方晴子”氏の研究が正しかったか?どうか?ってのは判断することではないと思える。ただ、早急に本人自身が同じ実験をして、その再現性を確認することが当然の行いではないだろうか?それによって、”小保方晴子”氏自身が気付かなかった何らかの必要ファクターが明らかになる可能性だって否定できないはずなのだ。

つまりはより容易に実験の再現が出来るのであれば、それだけ、STAP細胞の研究は進んで、その恩恵にあずかることが出来る人は増えるはずで、”小保方晴子”氏の信頼性云々よりも、そっちの方が重要ではなかろうか?特に遺伝子関係の研究ってのは特許問題に絡んで、莫大な利益が出る研究なのだから、その部分において、もしSTAP細胞が正しければ、日本の権益として十分守らなければならない・・・・最低限、山中教授のiPS細胞のように誰かさんが独占して利益を上げるような状況にならないようにするために・・・・・のだから、理化学研究所は、早急に追試実験の結果を公表するべきなのだろう。また、逆に何らかの誤りがあって、STAP細胞自体、夢まぼろしの技術であれば、素直に、間違いであることを明らかにして、もう1度それが可能か?どうか?を考えるべきなのだろう。

そして、この根本になる日本の学界の病巣も考えなければならないのではなかろうか?つまりは、研究ってのは理系文系関係なく、いきなりコンスタントに”年に1本程度研究成果が発表できます!!”ってのはあり得ないだろう。特に研究ってのは長年かかってそれで結果が出せるもので、極端な話、10年頑張って考えたことが、その日、たまたま偶然にトイレで転んでひらめく可能性だってあるのだろう。

そう考えれば、論文さえ、年に1本提出すればいい!!って感覚も間違っているのだろう。しかしながら、大学教授なんかの研究者の立場になって、その地位にズルズルとぬるま湯の如くしがみ付いて、大学からなんかから給料として金銭が受け取れる状況に飼い慣らされている部分ってのもまずいんだと思える。確かに大学の先生ってのは教育機関の側面があって、その部分で単純に研究さえしてれば良い!!ってことにはならないのかもしれないが、それでも、大学教授の本分が研究にあるのは間違いないだろう。

つまりは、僕が想像したことは、”研究者なんで、一応は論文を発表しなければならなくて、でも、発表する論文がそんなに簡単に浮かばなくて、大部分の研究者がそうだから、その仲間内でナアナアで適当な論文発表をして、カタチを作っている!!”って可能性なのである。

素人がその研究者が仕事をしているか?どうか?を考えるのに、使える指標として提出論文数があって・・・ってことになって、それで研究費用の割り当てを考えるようになれば、”適当でもマズは出してしまえ!!”的な、場当たり的な空気が日本の研究者に生まれるのではなかろうか?と感じるのだ。

そうなれば、コピペ上等!!で、出来の悪い学生の期末レポートのような論文がまかり通ってしまうような雰囲気が、研究者の中で生まれるのではなかろうか?そんな中で今回の”小保方晴子”氏の論文が出てしまった!!ような気がするのだ。つまりはテキトウであっても、ナアナアの世界の中でなんとなく許されてしまった!!雰囲気が日本の学界としてあるのではないか?とゲスの勘繰りで邪推してしまうのだ。

だから、そのSTAP細胞自体、あり得る発表であっても、その精査のレベルで甘さがあるから、再現性が難しくて、その再現要素が何か不確定な部分があるから、今回のような状況になっているのは間違いないのだろう。何が絶対的必要要素なのか?が厳密に図られていないから、第三者による再現実験が成功しない!!ってのが言えてしまえるのではなかろうか?

つまりは、日本の社会問題として、お手盛りのナアナアの中で、互いをヨイショしあって、権威なんかが保たれている部分が多いのではないだろうか?例えば、学校教師なんかでも、昔はそれなりに”学校教師とは・・・・”って部分が先生自体にプライドとしてあったのだから、その部分で、ある種の自制が働いて、”先生だから、そんなことはしない!!”って言い方がまかり通っていたのだと思う。

逆に言えば、その自制感が社会的に感じられていたのだから、”仕事で先生をしているから、夏休み休暇が存在してても許された!!”って部分があったように思えるのだ。しかしながら、”先生”と言うあくまでも給料をもらう職業の1つになってしまったのだから、結果、公立の中学教師なんかは公務員としての扱いになって、生徒へのセクハラ問題なんかが浮かび上がってくるようになった!!と言えるのではなかろうか?

そして、研究者なんかは、社会との接点が教師以上に少ないから、その部分で閉鎖的になって、ナアナア感漂うお手盛り業界になっているのではなかろうか?普通であれば、第三者が批判して改革される部分ってのが多分にあっても良いんだけれども、結局は、第三者が研究そのものの内容を精査する能力が無いことを原因として、その業界の閉鎖性が高まって、”お手盛り構造”が生まれて、結果、何かの拍子に日本のお手盛り業界からはみ出してしまって世界レベルの研究内容になってしまえば、今回のように、世界では通用せずに批判の対象になっていくのだと感じてしまったのだ。

そしてこれは、何も研究業界だけの病巣ではないだろう。政治だって法律だって、一般市民が安易に立ち入れない業界であるならばどこにでも起こり得ることではなかろうか?東日本大震災に対する税金問題だって、本当は役人自体がもっときちんと精査しなければならないのに、結局はお手盛りのナアナア状態だからこそ、どんなに税金を投入しても、成果としてあがって来ないのではなかろうか?

一般の人間が本来はそのチェック機関になって批判するべき部分が必要なんだけれども、結局はそれだけの能力とコストを賄い得なくて、その代表である政治家も、それだけの能力が無くて、結果、お手盛り側に巻き込まれる状況になって、今の日本が存在するのではなかろうか?業界ごとに高度化して、第三者が容易に踏み込めなくなってる状況があって、それを言い訳にしている日本と言うシステム自体がもうそろそろ自壊作用が出てきて、今回の問題になったように僕は感じるのである。

トラックバック先
Yahooニュース:<STAP細胞>論文の取り下げ提案…「データ再検証必要」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140310-00000068-mai-sctch

関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://subculmaniax.blog23.fc2.com/tb.php/3160-2236f890
Googleキーワードランキング
Yahoo!!ボランティア!!
Yahooの募金紹介用ブログパーツです。 詳細は”http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/blog_parts/common.html”です。 確認して、利用していただければ、幸いと思います!!
管理者からのお願い!!
  • リンクに関して、自己責任でジャンプを行ってください!!
  • 一応気はつけているのですが情報に誤りがあるかもしれません。ですから必ずご自身で確認してください。このブログで誤った判断をされても責任はもてません。必ずご自身で再度の確認を願います
  • ブログ内のバナーはCMです。紹介している商品やサービスなんかの記事にはまったく関係はありません
  • 紹介している商品に関しては送料や振込み手数料などが別途必要になることが大半です。そのことも考えて購入することを願います。
あくせすかうんた!!
DMM!!
DMMDVDレンタル
DMM.com CD&DVDレンタル
リンク
ブロとも申請フォーム
GMOホスティング&セキュリティ株式会社
楽天その2
楽天その3
トラフィックエクスチェンジ
インク激安!!
インクって高いよね?
プリンタは安くなってるのにインクはまだまだ・・・・ 安く買って、気軽に使いましょう!!笑
ランキング集!!
株式会社paperboy&co.
FC2CM!!
FC2CM!!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。