オタの独り言

サブカル好きの似非オタが日々の日常のニュースの中で感じたことを、つぶやいていく・・・そんなブログです
 
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
楽天その1
クイズに答えて募金しよう!!
Yahooで行っている募金用ブログパーツです。 クイズに答えると1円、代わりに企業が募金してくれるようです。 1日1回限りらしいのですが、少しでも誰かの為になることだと思ってご協力ください!!
詳細は・・・”http://volunteer.yahoo.co.jp/click/”で確認願います!!
楽天
プロフィール

さぶかるまにあっくす

Author:さぶかるまにあっくす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
マイクロアドCM!!
お勧め!!
アマゾンお勧め フィギュアです!!
お買い得なので ドンドン、観てください!!
カテゴリ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捕鯨禁止には、日本の”誤魔化し”てきた部分が現れたのだと思うのだ 












日本の伝統漁法である”クジラ漁”が、国際裁判所で、禁止されてしまった。実際的には、完全禁止ではないらしく、これまでも、商業捕鯨が禁止されてしまっていた側面があるから、何とも言えないんだけれども、それでも、調査捕鯨を原則的に禁止されてしまったことを考えれば、日本の文化がまた1つ、世界的に認められなくなってしまった!!って言えるのかもしれない。
(Yahooニュース:日本捕鯨「科学」認めず 南極海敗訴 支持国中露も「中止」

ブッチャケの話、僕自身、実際的にこの数年、クジラ肉ってのを食べたことは無い。スーパーなんかで売られているのを何かの拍子に観るが、なんて言うか、誰しもが飛びついてまで購入する商品ではないのだろう。そう言う意味で、極論な話をしてしまえば、困るのは捕鯨関係を生活の糧にしている人たちであって、一般人は本質的には困らない!!ってのがあるのかもしれない。

無論、そのクジラのヒゲなんかを使って、日本の伝統文化である浄瑠璃人形なんかが作られていたりするから、その部分においても、今回の捕鯨原則禁止は大きな意味合いを持つのかもしれない。だから、簡単に日本人として、単純に”僕は食べないから・・・”でスルーして良い問題ではないのだろう。











そして、この問題を考える時、クジラと言う存在をどのように考えるか?ってのが大きな意味合いを持つのだろう。例えば、単純に、”獲られ過ぎて数が減って絶滅の危機だ!!”ってことを前提にするのであれば、確かに単純に文化を言い訳にして獲り尽していいのか?って部分があるのも否定できない。

やっぱり、どんなに文化保護で捕鯨賛成であっても獲り尽してしまっては、結局は、それを使うことは出来なくなってしまうのだから、究極的に考えれば、捕鯨禁止も止むを得ないってことになるだろう。問題はその実数が、本当に絶滅危機の数なのか?どうなのか?って問題がある。

後の考え方として、イルカやクジラはそれなりの知能があるから、そんな動物を獲って食べるのは残酷である!!自分たちは食べないのだから、食べる人間の気がしれない!!って論法もあるみたいなのだ。実際、これまた、悩む部分がある。確かにクジラやイルカってのはモチーフとして人形になったりして、イメージ的にプラスイメージがあるのは間違いないだろう。そう考えれば、ある種の論法として認めざるを得なくなるのかもしれないのだ。









実際、僕は生まれも育ちも大阪だから、”いなごの佃煮”なんかは食べたこともなく、”セミを食べる”なんて、信じられないのである。しかしながら、その地域に行けば、それは当然の食行為で、それを拒絶するのは、道徳的にしてはいけないことなのだろう。そう考えれば、互いの文化を認め合う!!って意味合いにおいては、単純に、イメージ的にプラスだからってことで、否定するのもおかしい事なのだろう。

例えば、最近、中国でトラを食べることに対する批判のニュースがあったんだけれども、中国には、そう言った文化があると考えれば、クジラとトラの違いがあるのかもしれないが、本質的には同じだ!!って言えるのかもしれない。だから、互いの文化をどこまで、自国に当てはめて許容しあえるか?ってのもあって、そうなれば、日本人のエゴもそこにはあるのかもしれないと自重しなければならないのだ。

そして、今回、僕が1番違和感を感じたのは、調査捕鯨の”調査”の意味合いなのだ。実際的には、日本の調査捕鯨ってのは、その生態系を調べたりする!!って意味合いではなく、クジラ漁とその周辺文化を守る!!って意味合いがあるのだろう。そうなれば、その名目と目的には大きなカイ離があるのは間違いないのだ。そこを実際的な捕鯨を認めさせる!!って意味合いで誤魔化してきたツケが出て来たのではないか?とさえ僕には思えたのだ。








調査捕鯨であるならば、極端な話、日本だけで船舶を仕立てて、クジラ漁をする必要はないのだろう。クジラに詳しい学者さんたちを中心に実働部隊を世界で1つ作り、その人たちに調査を世界各国が委託して、その調査結果を共同で管理すれば良いだけであって、クジラの専門家は、日本人だけじゃなくてアメリカ人だって、中国人だって、ロシア人だって、どこにでもいるはずなのだ。

そんなチームが調査の目的で行えば、それこそ、名目も目的も一致した”調査捕鯨”になるのは事実だろう。そう言ったことをせずに、調査捕鯨と言う言葉を上手く使って、誤魔化しながら、捕鯨をしてきたことに、ある種の日本の根本的な失敗があったのではなかろうか?

確かに文化的な側面を守るのは大切であって、その為にどの程度クジラが必要なのか?僕は判らないんだけれども、時代の流れとして、捕鯨禁止に動いているのであれば、それはそれで仕方がないのではないか?と思うのだ。ただ、文化的な側面をそれによって根絶やしにするのもいけないことだ!!ってのは判るのだから、その本当に必要量を、如何にして世界的に認めてもらえるか?ってのが重要になるのではないだろうか?









つまりは、クジラ肉を売って商売として生活する!!ってのは、ある意味、時代の趨勢として難しいのだろう。ただ、だからと言って、クジラに関する日本の文化を捨て去って良いか?って問題が厳然として存在しているのも間違いない。ましてや、本質的に、もしかすると、言われている通り、単純に白人のエゴとして日本を叩きたいから!!の部分で、捕鯨を禁止しようとしているのであれば、大問題なのだ。












その辺りを、きちんと議論せずに、実質的な生き残り方法として”調査捕鯨”を理由にして”ごまかしてきた”処に大きな日本の姿勢としての問題があると思えるのだ。きちんと真正面からぶつかって議論して、互いの本当の真意を知っていく・・・そんな作業が抜け落ちているからこそ、今回の捕鯨禁止になったような気がする。

これは竹島・尖閣諸島の問題も同じ側面があるように思える。きちんと正々堂々と日本の主張としてアピールするところはアピールして、どんなに相手から嫌われても、きちんと議論していく姿勢こそ、今の日本の外交で抜け落ちている部分ではないか?と思うのだ。

トラックバック先
Yahooニュース:日本捕鯨「科学」認めず 南極海敗訴 支持国中露も「中止」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140401-00000085-san-soci











関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://subculmaniax.blog23.fc2.com/tb.php/3206-8a74d8cd
Googleキーワードランキング
Yahoo!!ボランティア!!
Yahooの募金紹介用ブログパーツです。 詳細は”http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/blog_parts/common.html”です。 確認して、利用していただければ、幸いと思います!!
管理者からのお願い!!
  • リンクに関して、自己責任でジャンプを行ってください!!
  • 一応気はつけているのですが情報に誤りがあるかもしれません。ですから必ずご自身で確認してください。このブログで誤った判断をされても責任はもてません。必ずご自身で再度の確認を願います
  • ブログ内のバナーはCMです。紹介している商品やサービスなんかの記事にはまったく関係はありません
  • 紹介している商品に関しては送料や振込み手数料などが別途必要になることが大半です。そのことも考えて購入することを願います。
あくせすかうんた!!
DMM!!
DMMDVDレンタル
DMM.com CD&DVDレンタル
リンク
ブロとも申請フォーム
GMOホスティング&セキュリティ株式会社
楽天その2
楽天その3
トラフィックエクスチェンジ
インク激安!!
インクって高いよね?
プリンタは安くなってるのにインクはまだまだ・・・・ 安く買って、気軽に使いましょう!!笑
ランキング集!!
株式会社paperboy&co.
FC2CM!!
FC2CM!!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。