オタの独り言

サブカル好きの似非オタが日々の日常のニュースの中で感じたことを、つぶやいていく・・・そんなブログです
 
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
楽天その1
クイズに答えて募金しよう!!
Yahooで行っている募金用ブログパーツです。 クイズに答えると1円、代わりに企業が募金してくれるようです。 1日1回限りらしいのですが、少しでも誰かの為になることだと思ってご協力ください!!
詳細は・・・”http://volunteer.yahoo.co.jp/click/”で確認願います!!
楽天
プロフィール

さぶかるまにあっくす

Author:さぶかるまにあっくす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
マイクロアドCM!!
お勧め!!
アマゾンお勧め フィギュアです!!
お買い得なので ドンドン、観てください!!
カテゴリ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下市長の志は判るんだけれども、結果が出なくて、そこにもどかしさを感じて、上滑りを意識してしまう 













今回、関電の株主総会で大阪市の橋下市長が原発反対!!で、”暴れた”らしい。暴れたって表現自体は、少し、大人げない表現だと思うけれども、僕はミョウに上滑りした感覚にこの記事を読んでなったのだ。どうやら、大阪市は関電の筆頭株主で、その部分でそれなりに発言権があって、だからこそ、橋下市長が大阪市を代表して株主総会に出るのは問題は無いんだと思えるのだ。
(Yahooニュース:関電株主総会 橋下氏、大声上げ退出 10分以上まくし立て

そして橋下市長の論調としては”原発止めろ!!代替エネルギーを探せ!!”ってので理解としてはザックリとしながらも間違いはないんだと思える。確かに東日本大震災があって、その結果原発事故で今も福島の方を中心に苦しんでる姿を観れば、原発依存をどうにかしなければならない!!ってのは間違いない論法なのだろう。

だから、単純に利益を考えても、1度大きな地震なんかが来れば、原発で儲けていた利益なんかはいきなり吹き飛ぶんだから、その部分でも”脱原発”を考えた方が最終的な利益効率が良いのはなんとなく想像できるのだ。その観点から観ても、橋下市長の感覚ってのは、そんなに間違ったものではないのだろう。












ただ、なんて言うか、ミョウに橋下市長のやり方の部分で、”上滑り”した部分が感じられて、そこに橋下市長の弱点って言うか求心力の低下が感じられてしまうのだ。理想としては、”原発を停止してクリーンな代替エネルギーを見つけて、成長性のある社会を構築していく!!”ってのは、”お題目として綺麗”なんだと思える。

しかしながら、現実的に考えれば、今回の記事に書いている通り、”代替エネルギーがあればいいが、当面は無理だ。原発は再稼働しないと仕方がない”ってのは生活していて誰しもが実感として感じていることではなかろうか?そうなれば、橋下市長の論法ってのは、どこか現実離れして、上滑りしているように思えるのだ。

無論、だからと言って関電の経営陣側が絶対的に正しいと言う訳でもないのも事実なのだ。原発依存から何らかの方法でもっとコストの良い代替エネルギーを探そう!!ってのは、震災での原発事故発生直後から、論調としてあったはずで、そうなれば、少しでも経営努力して、原発依存をすることを今は諦めて認めながらも、何らかの形で代替エネルギーを探す努力をする必要はあるのではなかろうか?と思うのだ。




「橋下徹」ニヒリズムの研究「橋下徹」ニヒリズムの研究
(2012/06/29)
森田 実

商品詳細を見る





しかしながら、その努力を見せなければ、関電経営陣は、橋下市長に噛みつかれても仕方ないんだと僕は思う。そう言う意味では橋下市長が”経営陣辞めろ!!”と言ったのは当然のことなんだとも思える。ただ、やっぱり、ミョウに上滑りしている感覚に僕個人として気持ち悪さを感じるのだ。

つまりは、橋下市長は関電を攻撃することによって、関電をある種のスケープゴートにして、橋下人気の再燃を狙ったのではないか?と感じるのだ。つまりは大衆が同調し易い話題を振ることによって、大衆の代表者であるように世論を喚起しようとしている部分があるのではないか?と思えてしまったのである。

大阪都構想もギャンブル特区構想も、なんて言うか、橋下劇場が始まった頃はミョウに話題性があって魅力的な話題だったのは間違いない。しかしながら、実際、もう何年も経ってその動きが目に見えて無ければ、そこで”間延び”するのは事実ではなかろうか?無論、こういうことは一朝一夕に成立することは無いのだから、その部分で、理想と現実的な進み具合にギャップがあって、それを理解できない大衆の方が問題がある!!と言っても良いのかもしれない。



文藝春秋オピニオン 2013年の論点100 (文春MOOK)文藝春秋オピニオン 2013年の論点100 (文春MOOK)
(2012/11/13)
文藝春秋・編

商品詳細を見る




しかしながら、維新の会の脆弱性を今回の石原氏の分裂騒動なんかで認識してしまえば、維新の会そのものにそんなパワーが無い事を大衆が理解してしまって、その部分でだんだんと橋下治世についていけなくなってしまっている部分があるのも事実だろう。つまりは小さな成功の積み重ねがあればよかったんだけれども、実際、橋下治世になって、具体的な部分での小さな成功のアピールが出来ていないところに橋下治世の弱点があるんだと思えるのだ。

だから、なんて言うか、今回の橋下市長のやり方ってのは、大衆迎合主義とまでは言わないものの、関電を攻撃して、大衆に”そうだ!!そうだ!!”って言わせて、橋下市長の感覚に同調させたいんではないか?と感じてしまったのだ。そこに僕の”言ってることは正しいんだけれども、どこか上滑り感を感じてしまう”理由になるのだと思ってしまったのだ。

それに実際、関電の株ってのは、関電自体が社会のインフラ企業であって、具体的な競争相手も居ないのだから、その部分でものすごく安定性のある企業なのは間違いないだろう。だから、”経営陣退陣しろ!!いやなら株を売るぞ!!”って言っても、関電自体、その株を市場外取引で購入しないし、もし市場に売却しても、一時的に下がっても、それなりの価格で個人投資家に買われてしまうのだから、その部分で、五月蠅い大株主が減って、個人の”物言わぬ安定株主”が増えるのだから、”どうぞどうぞ!!売ってくれたらラッキー!!”ってことになるのだろう。













そう言う部分でも橋下市長の”株を売ってしまうぞ!!!”ってのは関電にとってはなんの脅しにもならないのだろう。そのぐらいは誰もが判っているのだから、結果的に橋下市長の関電への”噛み付き”は上滑り感しか感じられなくなってしまうのである。そして、このニュースはそんなに大きく扱われていないのだから、その部分でも橋下市長自体の求心力が低下しているのは想像出来てしまえるのではなかろうか?

確かに、橋下市長の理想って言うかやりたいこと、気持ちの部分では同調できるものがあるのは間違いないのである。しかしながら、実際的にこう言ったものを考えれば、なんて言うか、橋下市長の限界が見え隠れしてしまうのだ。本来は橋下市長の元から新しいキャラクターが生まれて、もっと”維新の会”自体が大きく成長していくのが理想であったはずなんだけれども、そのもどかしさを感じて仕方がないのである。

トラックバック先
Yahooニュース:関電株主総会 橋下氏、大声上げ退出 10分以上まくし立て
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140626-00000106-san-bus_all











関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://subculmaniax.blog23.fc2.com/tb.php/3381-0e32a6ef
Googleキーワードランキング
Yahoo!!ボランティア!!
Yahooの募金紹介用ブログパーツです。 詳細は”http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/blog_parts/common.html”です。 確認して、利用していただければ、幸いと思います!!
管理者からのお願い!!
  • リンクに関して、自己責任でジャンプを行ってください!!
  • 一応気はつけているのですが情報に誤りがあるかもしれません。ですから必ずご自身で確認してください。このブログで誤った判断をされても責任はもてません。必ずご自身で再度の確認を願います
  • ブログ内のバナーはCMです。紹介している商品やサービスなんかの記事にはまったく関係はありません
  • 紹介している商品に関しては送料や振込み手数料などが別途必要になることが大半です。そのことも考えて購入することを願います。
あくせすかうんた!!
DMM!!
DMMDVDレンタル
DMM.com CD&DVDレンタル
リンク
ブロとも申請フォーム
GMOホスティング&セキュリティ株式会社
楽天その2
楽天その3
トラフィックエクスチェンジ
インク激安!!
インクって高いよね?
プリンタは安くなってるのにインクはまだまだ・・・・ 安く買って、気軽に使いましょう!!笑
ランキング集!!
株式会社paperboy&co.
FC2CM!!
FC2CM!!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。