オタの独り言

サブカル好きの似非オタが日々の日常のニュースの中で感じたことを、つぶやいていく・・・そんなブログです
 
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
楽天その1
クイズに答えて募金しよう!!
Yahooで行っている募金用ブログパーツです。 クイズに答えると1円、代わりに企業が募金してくれるようです。 1日1回限りらしいのですが、少しでも誰かの為になることだと思ってご協力ください!!
詳細は・・・”http://volunteer.yahoo.co.jp/click/”で確認願います!!
楽天
プロフィール

さぶかるまにあっくす

Author:さぶかるまにあっくす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
マイクロアドCM!!
お勧め!!
アマゾンお勧め フィギュアです!!
お買い得なので ドンドン、観てください!!
カテゴリ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比例代表制の欠陥が、推定的候補者タレントを増長させる原因になるのではなかろうか? 












安倍内閣の内閣改造が最近、終わって、国政選挙ってのはまだまだ先で・・・・って言うか、次はいつなんだ?ってのがホンネで・・・・そんな状況で、書くべきことではないけれども、タレントと選挙の関係を書きたいと思うのだ。ソモソモ、ある意味、ものすごく季節はずれなな”ネタ”なんだと思うんだけれども、”ロンブー淳 政界進出あらためて否定も“含み”「周りからは嫌」”と言うニュースを読んで思うことがあったので書いてみたいと思うのだ。
(Yahooニュース:ロンブー淳 政界進出あらためて否定も“含み”「周りからは嫌」

まずは思う事なんだけれども、ソモソモ、ミョウにタレント議員が多いように思えるのだ。これは参議院選挙で、いわゆる、”比例代表制(今は、”拘束制”になってるらしいんだけれども・・・・)”で、タレント候補の得票数が、その当選必要数を超えた時点で、残りの得票は、その政党の票になって・・・って事になるから、その部分で各政党は、タレント候補の擁立に必死になるのだろう。

つまりは、都市部の不動票層ってのは政治と生活の間に密接性が無くて、安易な言い方をすれば”誰が通っても、生活は同じ!!”ってふうに考えて、その部分で、選挙そのものをまともに考えずに・・・誰に投票するか?よりも、今日の仕事が上手く行くか?どうか?の方が個人的には重要で・・・・その結果、”全く知らない訳の判らない議員候補よりも、TVなんかで観たことのある○○さんに一応、入れておこう!!”ってことになる場合が当然多いからだろう。











特に元オリンピック選手なんかのタレント候補ってのは、そのイメージの中で、”最初から政治家を目指す人間よりも清廉潔白そう、人柄が良さそう・・・”なんて感じで、その能力や実態なんかよりも、そのタレント候補が持っているイメージで投票してしまっている部分ってのがあるのは否定しないだろう。

そうなれば、そのタレント候補に集票能力があって・・・ってのが言えてしまって、その部分で、そのタレントを候補者にすれば、そのタレント候補が必要になる当選得票数を超えた分は、比例拘束名簿式で、他のタレントでない候補の得票数になって、それで他の候補が当選して、結果的に政党政治として、その政党そのものが民主政治の多数決の原理で、多くの議員数はパワーになる!!ってのが、当然言える事なのだろう。

そして、こう言ってはなんだけれども、確かに、大阪市の橋下市長のように、政治的な能力がそれなりにあって・・・・その考え方なんかに対しての問題点は別問題として考えなければならないんだけれども・・・・他の普通の政治家さんと比べればまだマシ!!って感じのタレント政治家が居るのは否定しない。



政治家の殺し方政治家の殺し方
(2011/10/26)
中田 宏

商品詳細を見る




しかしながら、あくまでも、無責任で大雑把すぎる感覚的な僕自身の感じ方なんだけれども、やっぱり、こう言ってはなんだけれども、タレント議員の大半ってのは、”議員になったことに対して納得している”のであって、”議員になって、○○がしたい!!”って部分に欠ける人が多いように思えるのだ。

そうなれば、タレント議員は、やっぱり政策能力に欠けて、その部分で、各政党の指導者層ってのは、国会なんかにおける議決票を、タレント議員に命令してコントロール出来てしまっている状況ってのがあるのではなかろうか?ってゲスの勘繰りとして思えるのだ。つまりはタレント議員は、比例拘束名簿制で、その政党に依存して議員になっている部分で、ある種の言い訳として、”政治家としては素人で・・・・”ってことで、各所属政党の”言いなり”になっている部分があるのではなかろうか?

だから、何かの拍子に、”我が強い”って表現はどうか?と思うんだけれども、まあ、そう言ったタグイのタレントが、各政党の指導者層に、言いくるめられて・・・・この表現も大概だと思えるんだけれども・・・・・選挙に立候補して当選して、それなのに、すぐに辞める場合ってのが出てくる場合があって、それは、そのタレントの”ロボット化されたくない我の部分が強すぎて・・・”なんだと僕は思っているのである。




ゼロからの選挙必勝マニュアル―あなたも6ヶ月で議員になれる!ゼロからの選挙必勝マニュアル―あなたも6ヶ月で議員になれる!
(2012/09)
戸桝 茂哉

商品詳細を見る




「選挙フェス」17万人を動かした新しい選挙のかたち (星海社新書)「選挙フェス」17万人を動かした新しい選挙のかたち (星海社新書)
(2014/01/24)
三宅 洋平、岡本 俊浩 他

商品詳細を見る




そう考えれば、タレント候補ってのはある一部を除いては、”非常に便利な集票ロボット”なんだと言えてしまえるのだろう。だから、何かの拍子に訳の判らないタレントが、その候補者となっている場合も、過去にはあったのではなかろうか?と思えるのだ。

そして、ここから考えなければならないことは、やっぱり、有権者の意識の問題もあるんだけれども、それ以上に、参議院の非拘束名簿式ってのは各政党がその候補者を擁立するのだから、そこから考えれば、あまりにも”選挙対策”として、各政党が安易にし過ぎている部分があるように思えてならないのである。

だから、本来は、国会議員になるなんてことは、タレントとかどうかは別にして、その個人として”議員になってこう言った政策をしたい!!”ってのが、その本意でなければならないのに、実際的には、”訳が分からないんだけれども、マズは政治家に成りたい!!”ってのが、その候補者の本位になってしまって、いわゆる目的と手段が”入れ替わった”のが、今のタレント選挙の状況ではないか?と思えるのだ。




自民党で選挙と議員をやりました (角川SSC新書)自民党で選挙と議員をやりました (角川SSC新書)
(2007/12)
山内 和彦

商品詳細を見る





特にタレント候補に至っては、”偉い政治家の先生からお願いされて・・・”的な言い訳が、マズは出来てしまうから、その部分でどうしても、”自分から立候補するのではなくて、誰かさんにお願いされて、立候補したのだから、選挙に当選することが目的で、その後の事は何も考えていない!!”ってのが、実情になるように思えるのだ。

それを踏まえて・・・・なんだけれども、逆に言えば、”国会議員は社会的ステータスだから、それだけで国会議員に成りたい!!”って思うタレントも出てくるのは、選挙当選のロジックとして、当然ながら、出て来てしまえるのだろう。極端な話、タレントとして人気が落ちて来たからこそ、各政党から、立候補を誘われれば、”渡りに船!!”の感覚になって、立候補をしてしまうタレントも中には居たように思えるのだ。

無論、当選してから頑張るタレント政治家も居たりしたんだと思うけれども、そのゴールが”国会議員になること!!”になれば、なった時点で目標はクリアできてしまっているのだから、その部分で政治家としての本分ってのが意味を為さなくなる!!ってのが言えるのではなかろうか?




マスコミが伝えないネット選挙の真相 (双葉新書)マスコミが伝えないネット選挙の真相 (双葉新書)
(2013/09/04)
高橋 茂

商品詳細を見る




そして、今回のニュースにつながっていくんだけれども、この”ロンドンブーツ1号2号の田村淳氏”に関してなんだけれども、僕自体、あまりTVを観ないから、その部分で、このタレントさんがどんなキャラクターか?ってのが判らなくて、何とも言えないんだけれども、なんて言うか、最初から上昇志向が強くて、ステータスアップを見越して”政治家に!!”って雰囲気を感じてしまったのだ。

繰り返して言うんだけれども、だれが政治家を志すか?って部分においては、ある意味、その人ごとに考え方が違うから、それをどうこう言う事ってのは良くない!!ってのが言えて、そう言う意味ではタレントさんが政治家を目指すのもアリ!!で、タレントと言う商売自体、その認知度を上げるためのパススルーとして考えても良いんだと思える。

無論、某芸人さんのように、”芸人は水商売!!一般の人から笑われてナンボ!!だから、所詮芸人は・・・って言われても仕方ないし、その覚悟を持って芸人になってる!!”ってふうに考えて、芸人が政治家を志すべきではない!!ってふうに言い切る人だっているのかもしれない。




小選挙区比例代表並立制の魔術 (世直しシリーズ)小選挙区比例代表並立制の魔術 (世直しシリーズ)
(1996/07)
宮川 隆義

商品詳細を見る





僕自身は誰しもが政治を考えて行動するのは悪い事ではないってのが言えて、そう言う意味で、”政治に対して真面目にコツコツと頑張る!!”姿勢があれば、芸人さんであるとかの前職を無視して、評価するべきなんだと僕は考える。無論、真面目にコツコツと頑張っても、間違った政策を大衆に押し付けようとするのであれば、それに対しては拒否して良いし、だから、純粋に政策立案能力と遂行能力をきちんと、その判断基準にするべきであろう。

ただ、今回の”田村淳氏”に関しては、自身のステータスアップの方法論として考える政治家希望の雰囲気が漂うのである。あくまでも、僕個人の感想なんだけれども、雰囲気として、”芸能人としての人気で、集票能力があることを自覚して、ミョウに高く売りつけようとして、各政党から声が掛かるその機会をうかがっている!!”って感じがしてならないのである。

政治家ってのは確かに選挙による人気取りが根本的にあって、そう言う意味ではタレントと同じ側面があるのかもしれない。だから、タレントさんが、政治選挙を同じように考えて、”俺なら勝てる!!当選する!!”って思うのは自由だ。しかしながら、それをアカラサマに投票する側に見せつけられてしまうと(タレント本人は無自覚なのかもしれないが・・・・)、そこにイヤラシサを感じてしまって、”アンチ的な感覚”になってしまう!!って言い方になるのである。












こう考えれば、タレント候補と参議院議員の比例代表制ってのは、システム論として問題があるように思える。確かに”候補者は気に入らないが、政党はここが良いんだ!!”って選び方もあるから、その部分で比例代表制を守らなければならない!!ってのがあるかもしれないが、政党を形成するのは、やっぱり政治家一人一人の個人である。

そう考えれば、タレント候補の問題の脱却も含めて、そもそも比例代表制が本当に選挙システムとして有効なのか?どうか?を本当にきちんと検証して、タレント候補で集票して、選挙に勝つ!!戦術を見直すことが、こう言った増長した・・・・僕自身が感じるだけでそれが正しいか?どうか?は別にして・・・・潜在的選挙候補タレントに対して、ある種のお灸になるように僕には思えるのである。

トラックバック先
Yahooニュース:ロンブー淳 政界進出あらためて否定も“含み”「周りからは嫌」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140906-00000111-spnannex-ent







関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://subculmaniax.blog23.fc2.com/tb.php/3530-9d3365e5
Googleキーワードランキング
Yahoo!!ボランティア!!
Yahooの募金紹介用ブログパーツです。 詳細は”http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/blog_parts/common.html”です。 確認して、利用していただければ、幸いと思います!!
管理者からのお願い!!
  • リンクに関して、自己責任でジャンプを行ってください!!
  • 一応気はつけているのですが情報に誤りがあるかもしれません。ですから必ずご自身で確認してください。このブログで誤った判断をされても責任はもてません。必ずご自身で再度の確認を願います
  • ブログ内のバナーはCMです。紹介している商品やサービスなんかの記事にはまったく関係はありません
  • 紹介している商品に関しては送料や振込み手数料などが別途必要になることが大半です。そのことも考えて購入することを願います。
あくせすかうんた!!
DMM!!
DMMDVDレンタル
DMM.com CD&DVDレンタル
リンク
ブロとも申請フォーム
GMOホスティング&セキュリティ株式会社
楽天その2
楽天その3
トラフィックエクスチェンジ
インク激安!!
インクって高いよね?
プリンタは安くなってるのにインクはまだまだ・・・・ 安く買って、気軽に使いましょう!!笑
ランキング集!!
株式会社paperboy&co.
FC2CM!!
FC2CM!!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。