オタの独り言

サブカル好きの似非オタが日々の日常のニュースの中で感じたことを、つぶやいていく・・・そんなブログです
 
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
楽天その1
クイズに答えて募金しよう!!
Yahooで行っている募金用ブログパーツです。 クイズに答えると1円、代わりに企業が募金してくれるようです。 1日1回限りらしいのですが、少しでも誰かの為になることだと思ってご協力ください!!
詳細は・・・”http://volunteer.yahoo.co.jp/click/”で確認願います!!
楽天
プロフィール

さぶかるまにあっくす

Author:さぶかるまにあっくす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
マイクロアドCM!!
お勧め!!
アマゾンお勧め フィギュアです!!
お買い得なので ドンドン、観てください!!
カテゴリ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相対論としてのアメリカの正義が、韓国を擁護することになるのだと思える 













ハッキリ言って、戦争が起こる理由ってのは何か?って考えた時に、”正義の戦争がある”ってふうに言える人はどれだけ居るだろうか?この感覚自体、大人げないんだけれども、実際的に誰しもが気付いているのは、”戦争の本質的な部分は、単純に国家単位の利益争いに過ぎない・・・”ってことではなかろうか?

僕自身、記憶力が無くて、歴史の授業は興味が無くて、そんなに勉強してないんだけれども、日本の明治時代ってのは世界的にいわゆる”植民地政策時代”で、どの国も他国に生産力や資源を求めて、他国を侵略して、そこを植民地にしていったように覚えている。特に産業革命を為し得なかったアジア・アフリカ地域ってのは、ヨーロッパを中心とした国々に支配されて、結果的に、第2次世界大戦後に続々と独立して・・・・・ってのが20世紀中ごろの話で、その象徴になる単語が”アフリカの年”なんだと僕は思うのだ。

つまりは、安易な言い方をしてしまえば、第2次世界大戦だって、本質的には、”当時列強と呼ばれた国々の地球レベルでの領土の分捕り合い”だったと言っても、そんなに的外れではないのだろう。言い換えれば、第2次世界大戦までの国力ってのは、単純に領土に比例した生産性であって、今のように金融やIT技術なんかがハバを効かせてるのではなくて、”うちの国は小麦が・・・コメが・・・・・鉄鋼が・・・・生糸が・・・・・”ってふうに、初期工業力を中心とした生産性が、その国力を測る指標だったのではないか?と思えるのだ。









だからこそ、いわゆる植民地政策が、国際的なロジックとして、第2次世界大戦までは、在った!!と言っても、そんなに的外れなモノではないんだと僕は思っているのである。つまりは、そうなれば、そこで起こった戦争ってのは、”植民地を巡っての分捕り合いで、世界秩序を乱す極悪国家を罰するための正義の戦争ってのは無かった!!”ってのが言えてしまえるのだろう。

無論、だからと言って、僕自身、戦争を賛美するようなノーテンキでは無い。そこにあるのは、政治家なんかのいわゆる権力者側の利益のために振り回される国民が存在して、それで”殺し殺され、奪い奪われのケダモノの世界”が存在するのは理解しているのだから、絶対的に、根源的な部分で戦争をしてはならない!!んだと僕は思うのだ。ただ、ロジックとして第2次世界大戦の戦争ってのは、”植民地政策って言葉が在ったように、領土の分捕り合いの戦争”であって、”国際正義のために行われた戦争”では無い!!と僕個人は理解していると言いたいのだ。

それで、まあ、今回のニュースだけれども、”日本の韓国慰安婦に関する記事取り消しに対して、アメリカでは日本は過去の戦争犯罪に向き合って、記事の取り消しをすべきではない!!”との論調があるとのことなのである。無論、この論調だけが全てではないが、ただ、僕が思う事なんだけれども、第2次世界大戦において、日本が絶対悪でなければ、アメリカだって絶対正義になり得ないのが言えて、そこに、日韓問題の国際的な複雑性があるのではないか?と当然ながら思うのである。
(Yahooニュース:米紙、慰安婦記事取り消しは「歴史の書き換え」=米国ネット「記事取り消しは不要」「日本は最大限の補償をした」



第2次世界大戦の真実―完全保存版 (BEST MOOK SERIES 55 歴史人別冊|世界史人)第2次世界大戦の真実―完全保存版 (BEST MOOK SERIES 55 歴史人別冊|世界史人)
(2014/07/17)
不明

商品詳細を見る





つまりは、”日本の軍隊は、第2次世界大戦当時、それなりにマトモな軍隊で、略奪やレイプ事件も起こさず、それに比べて・・・・・”って論法が出てしまえば、”酷いのはアメリカ・ヨーロッパ連合で、勝ったからこそ、正義ヅラをしている!!”ってふうになる可能性が、この問題には内包しているように僕個人は感じているのだ。

ハッキリ言えば、戦争が終わって約70年経てば、様々な国がそれなりに”戦争犯罪を犯している実態”ってのが明らかになって来ているのは間違いないだろう。無論、日本だってそれなりに戦争犯罪を犯しているのは絶対的に否定できなくて、それなりにレイプ事件や虐殺王行為なんかの蛮行も行ってきたんだと思っている。だから、絶対的に日本が正義では無い!!のは間違いないのだ。しかしながら、他国の軍隊だって、それなりに”似通ったもの”があったのは事実ではなかろうか?と想像してしまうのだ。

だから、単純に第2次世界大戦が”アメリカが絶対的正義で、日本が絶対悪で・・・・”ってのは言ってしまうのは、間違っている部分があるのだろう。ただ、あるのは、”勝者アメリカで、敗者日本の構図”だけが事実として存在するのだ。言い換えれば、歴史にいわゆる”IF論”を持ち込むのは良くないんだけれども、それでも、日本がアメリカに勝っていれば・・・・無論、そうなれば、第3次世界大戦勃発!!的な世界歴史的により酷いシナリオになったのかもしれないが・・・・日本が正義でアメリカが悪の構図が出来上がっていたのではなかろうか?




総図解よくわかる第二次世界大戦総図解よくわかる第二次世界大戦
(2013/11)
倉山 満、鍛冶 俊樹 他

商品詳細を見る





それで言いたいんだけれども、結局は今回の従軍慰安婦問題で、”従軍慰安婦は日本が犯した戦争犯罪では無かった!!”なんてことになれば、”正義の戦争をして勝ったアメリカに都合の悪い”部分ってのが出てくるから・・・・ってのが、アメリカの第三者的な視点を曇らせている原因になっているのではないだろうか?

ハッキリ言えば、”領土の分捕り合いで、タマタマ偶然にアメリカが勝っただけで、やってることは、然程、日本と変わりなかった!!”ってことになれば、”正義のために戦争をして、原爆まで使ってしまった!!”ってことに対して、ある種の大義名分が立たなくなる!!ってのがあるように思えるのだ。

言い換えれば、”人道的な被害も出したし、絶対的にすべて正しい事をした!!とも言えないが、正義の戦争をしたからこそ、その戦争に勝った!!”ってことにするために、相対論として、”正義アメリカが、悪日本に勝った!!”と言う構図が必要で、そうで無ければ、”タマタマその戦争に勝ったから正義しゃぶってる!!”ってことになって、そうなれば、ある種の子供じみた”正義の味方側に立ちたい!!”アイデンティティってのは崩れ去ってしまう部分があるのではなかろうか?ってことなのだ。




総図解 よくわかる第二次世界大戦―写真とイラストで歴史の流れと人物・事件が一気に読める総図解 よくわかる第二次世界大戦―写真とイラストで歴史の流れと人物・事件が一気に読める
(2011/02)
倉山 満、鍛冶 俊樹 他

商品詳細を見る





そうなれば、従軍慰安婦の問題も、”日本が悪者!!”ってのを、大前提にすれば、その相対論として、”韓国側が正義!!”の論法になり得てしまうのが、今回の記事で、僕が感じてしまう部分なのだ。つまりは、戦争における日本の在り方が正義であったか?悪であったか?ってのは、直接的に、今回の従軍慰安婦像の問題とはリンクしないだろう。

それなのに、従軍慰安婦問題の本来の姿はどうだったか?って部分には踏み込まずに、”吉田証言を受けて、村山談話で謝ったのだから、従軍慰安婦は、それによって成立して、だからこそ、その部分で、従軍慰安婦の部分を謝るべき!!”とする感覚がアメリカにはあるように思えるのだ。

つまりは、本来は、”従軍慰安婦の問題が事実として存在して、だから謝るべき!!”なら、日韓基本条約やサンフランシスコ平和条約なんかとの兼ね合いの問題は置いておいて、人道的な部分で、そのロジックは、ある側面、成立するべきなのだ。・・・・僕個人としては、それで補償が為されたのだから、それ以上求めてくるのは、そこでユスリタカリの域になっていくのだと思えるのだけれども・・・・



オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下
(2013/04/04)
オリバー・ストーン、ピーター・カズニック 他

商品詳細を見る





しかし、根本的な部分で、吉田証言のねつ造で、従軍慰安婦の自在性自体が信頼できなければ・・・・そう言った売春システム自体は存在していて、中には確かに、その女性の意思に反して、そうさせられた事象もあるだろうが・・・・・そうすると無かったことまで謝れ!!って言う論法はどこかおかしいように思えるのだ。

例えば、Aと言う人間がBと言う店で万引きを行ったとする。Aは捕まって裁判に掛けられ、Bに対して、盗んだ商品の賠償をしなければならない!!ってのはよくある話だろう。しかしながら、Bという店が傾きつつある状況だからと言って、Aに対して、盗んでいない商品の損失まで、”おまえは万引きをしたんだから、あれもこれも盗んでるはずだ!!すべて弁償しろ!!”ってなると何処かおかしいのではなかろうか?

それで、Bの方が”こうやって防犯カメラにまで映ってる!!警備会社Cが確認してる!!”なんてことを言って、本来は(盗んでいないから)映ってないのに、その証拠をでっち上げて、Aを断罪して、Aは1つの商品を盗んでいる引け目があるから、”はい、私がしました、反省してます!!”と言ってしまって、その後から、”防犯カメラの話はデマでした!!Aがその商品を盗んでる証拠はありませんでした!!”になれば、AとしてはBに対して、”Bが商売に失敗した商品の責任まで取らせやがって!!腹が立つ!!”ってのは言えるのではないだろうか?



子供たちに伝えたい日本の戦争 1894~1945年 あのとき なぜ戦ったのか子供たちに伝えたい日本の戦争 1894~1945年 あのとき なぜ戦ったのか
(2014/07/25)
皿木喜久

商品詳細を見る




無論、根本論としてA自体、万引きを犯しているのだから、その部分で、Aは断罪されるべきだろう。しかしながら、Aは、盗んでいない商品の事まで賠償する必要があるのだろうか?ってことなのだ。無論、やっても無い万引きを謝った!!と言う事実があるのだから、その部分で、謝罪・賠償として渡した物品Dに対しては、返還要求するのはどうか?と思えるんだけれども、でも、そうやって証拠のでっち上げが判った後まで、無かった犯罪に対する賠償Eまで、AはBに対してするべきか?ってことになる。

つまりは万引き犯A=日本、万引きされた店B=韓国、C=吉田証言、Aが実際に行った万引き=戦争、Aは実はしてなかった万引き=従軍慰安婦問題、謝罪賠償D=サンフランシスコ平和条約日韓基本条約村山談話によって成立したアジア助成基金、無かった犯罪に対する賠償E=今現在韓国が求めてる補償・竹島問題って事が当てはまるのではないだろうか?

それなのに、アメリカってのは、相対論として、正義でありたいために日本を絶対悪にしなければ、そうならないから、結局は、”村山談話で謝ったのだから・・・”を理由に、従軍慰安婦そのものの存在に対する”あったか?無かったか?”の根本論の問題から目を背けようとしているように思えるのだ。




新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)
(2014/11/20)
池上 彰、佐藤 優 他

商品詳細を見る





僕の感覚は、”日本が戦争を起こして負けたのだから、そのペナルティーは払うべきだ!!”ってふうに思っている。だから、日韓基本条約もサンフランシスコ平和条約も批准して、日本がそれによって戦争責任を負うのは当然で、それ以上に、”もう人間として、戦争なんか馬鹿な行為は二度とやってはいけない!!”てのは、ある意味、遺伝子レベルで日本に突き付けられた絶対論なのだ・

しかしながら、やっても無い従軍慰安婦問題を持ち出して、イマサラながら、竹島問題や補償問題を持ち出す韓国の姿勢ってのは、絶対的に間違ってると思うし、正義の味方に成りたい為に、相対論として、日本を悪者にしなければならないアメリカの感覚に対しても気持ち悪さを感じてしまうのだ。

つまりは、日本って国は第2次世界大戦で負けたからかもしれないが、”正義の戦争”ってのはありえないことを実感しているし、戦争のほとんどは”経済的利益の分捕り合い”であることもロジックとして認識してるんだと思える。ただ、”敗者として勝者には・・・”の論法があって、その部分での感覚ってのはある意味、戦国時代の戦争と変わりないのだろう。












ただ、アメリカは、本当の意味で、太平洋が在って、大西洋が在って、国の成り立ちは、アメリカ原住民と移民の対立のみで、その部分で、戦争に負けた実感が無いから、その部分で感覚的に幼くて、”正義の戦争を信じている”ようにさえ思えるのだ。日本人は外交における正義が絶対では無くて、各国の利益分配が外交の本質で・・・・ってのが、”冷めた部分”で子供の時から感じているのだろう。しかし、アメリカのロジックは”正義の国アメリカを信じている”ってのが前提にあって、そうなれば、今回の記事のような内容になるのだと感じるのだ。

だから韓国を断罪できない国際情勢ってのが生まれているのだろう。本来は、竹島に軍隊を進めた時点で、それは軍事侵略であって、”正義の国アメリカは、断固として、その正義を守るために闘うべき”なのだ。しかし、そうでは無くて、事態の推移を、何もせずに見守ってるだけなのは、そこで軍隊を動かしてもアメリカとして利益が無くて、なおかつ、第2次世界大戦の正義論をアメリカ自身に突き付けられる可能性があるからだと僕には感じられてしまったのである。

トラックバック先
Yahooニュース:米紙、慰安婦記事取り消しは「歴史の書き換え」=米国ネット「記事取り消しは不要」「日本は最大限の補償をした」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141204-00000044-rcdc-cn










関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://subculmaniax.blog23.fc2.com/tb.php/3703-54cb180b
Googleキーワードランキング
Yahoo!!ボランティア!!
Yahooの募金紹介用ブログパーツです。 詳細は”http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/blog_parts/common.html”です。 確認して、利用していただければ、幸いと思います!!
管理者からのお願い!!
  • リンクに関して、自己責任でジャンプを行ってください!!
  • 一応気はつけているのですが情報に誤りがあるかもしれません。ですから必ずご自身で確認してください。このブログで誤った判断をされても責任はもてません。必ずご自身で再度の確認を願います
  • ブログ内のバナーはCMです。紹介している商品やサービスなんかの記事にはまったく関係はありません
  • 紹介している商品に関しては送料や振込み手数料などが別途必要になることが大半です。そのことも考えて購入することを願います。
あくせすかうんた!!
DMM!!
DMMDVDレンタル
DMM.com CD&DVDレンタル
リンク
ブロとも申請フォーム
GMOホスティング&セキュリティ株式会社
楽天その2
楽天その3
トラフィックエクスチェンジ
インク激安!!
インクって高いよね?
プリンタは安くなってるのにインクはまだまだ・・・・ 安く買って、気軽に使いましょう!!笑
ランキング集!!
株式会社paperboy&co.
FC2CM!!
FC2CM!!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。