オタの独り言

サブカル好きの似非オタが日々の日常のニュースの中で感じたことを、つぶやいていく・・・そんなブログです
 
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
楽天その1
クイズに答えて募金しよう!!
Yahooで行っている募金用ブログパーツです。 クイズに答えると1円、代わりに企業が募金してくれるようです。 1日1回限りらしいのですが、少しでも誰かの為になることだと思ってご協力ください!!
詳細は・・・”http://volunteer.yahoo.co.jp/click/”で確認願います!!
楽天
プロフィール

さぶかるまにあっくす

Author:さぶかるまにあっくす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
マイクロアドCM!!
お勧め!!
アマゾンお勧め フィギュアです!!
お買い得なので ドンドン、観てください!!
カテゴリ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKはもうそろそろ、”公共放送”の看板を下ろすべきではないだろうか? 













僕自身、こうやってPCの前に居ることが増えて、それに伴ってあまりTVを観ることが少なくなった。中学生や高校生の時はPC自体が無くて、娯楽としてTVがあったんだけれども、携帯電話はスマートフォンに変わり、PCでのインターネットの常時接続が当たり前になれば、TVを観るよりもネットで楽しむ時間が増えて、結果的にTVを観なくなった!!って言い方が出来てしまうのだ。

無論、地震なんかの何か大きな事件が起これば、TVの方が即時性があって、PCよりも情報が入手できる部分があって、TVそのものが不要だ!!って言い方はしたないし、観なくなった!!と言っても、何かの拍子に・・・食事中なんかはぼけーっとクイズ番組なんかをTVで観てる場合もあるのだ。つまりはTVってのは、平時においては”ながら観向き”のデバイスなのだろう。

だから、まあ、そんな観方だから、その時々にTVを点けて面白そうなものをその時、”とりあえず”であっても観る!!って観方になっているのは間違いない。つまりは、”何曜日の夜何時からのバラエティーは必ず観る!!”的な観方をしなくなった!!ってのが言えてしまえるのだ。それ故に”NHK"を観る事もほとんどなくなった・・・・ってのが言えてしまえるのだ。











それで、今回、NHKの夜のニュースのキャスターが政権の圧力によって更迭される記事を読んだ。まあ、NHKの根本ってのはあくまでも”公共放送”であって、”国営放送”ではない!!ってのがあるから、その部分で、今回のニュースが本当ならものすごく問題があるように思えるのだ。
(Yahooニュース:真相は「更迭」…NHK大越キャスター“3月末降板”の舞台裏

つまりはNHKってのは基本的には国民から受信料をもらって放送事業を行っているのだから、その部分で政府から独立した組織である!!ってのが建前として言えなければならないのだ。言い換えれば、もしNHKが税金でその事業が賄われているのであれば、政府のスポークスマンに成らざるを得ないのだけれども、税金の投入の無い独立採算制度なのだから、当然として政府に問題があれば政府批判を行っても良い!!ってのが言えてしまわなければならないのだ。

それで今回のニュースキャスターなのだけれども、どうやら、個人として放送される各ニューストピックに対してそれなりの”私見”を述べるタイプだったらしい。僕自身、きちんとそのニュース番組を観てないから、今回のニュースの記事の内容だけで判断するんだけれども、それなりに原発批判等を行うタイプだったらしいのだ。



NHK 新版――危機に立つ公共放送 (岩波新書)NHK 新版――危機に立つ公共放送 (岩波新書)
(2014/12/20)
松田 浩

商品詳細を見る




まあ、ここからが僕のゲスな感覚で書いてしまうんだけれども、NHKだって最近は何かの拍子に”視聴率が・・・”ってのを言うようになっているらしいのだ。つまりは受信料を徴収しているのだから、その視聴者に対してそれなりに迎合する番組作りをしなければならない!!ってのがあって、そう言う意味で、いわゆる殿様商売からの脱却!!ってのがあって、それなりに大衆受けするバラエティー色を強くしている!!ってのがあるらしいのだ。

それを前提にして考えるんだけれども、最近の民放も含めたTVニュースってのは、ある意味、それなりにショーアップされた作りになっているのがあるのは事実として言えるのではないだろうか?例えば、何かの事件があって、それに対して専門家の解説もあるんだけれども、何かの拍子にタレントさんがコメンテーターとして、その感想を述べて、ある種オモシロオカシク伝えている部分ってのがあるのは間違いないのではないだろうか?

無論、確かにコメンテーターのタレントさんはその事件に対して茶化して笑いにせずに真面目に”大衆の代弁者”としてコメントしている!!部分があるのだろう。そう考えれば、一概にその作りを批判するモノではないんだけれども、それでも、まあ、それなりに”ニュースショー化”している側面があるのは否定できない事ではないだろうか?




これでも公共放送かNHK!―君たちに受信料徴収の資格などないこれでも公共放送かNHK!―君たちに受信料徴収の資格などない
(2014/03)
小山 和伸

商品詳細を見る





ましてや、民法放送ではタレントがメインキャスターをしている場合もあったりするし、女性のアナウンサーは”女子アナとしてバラエティーなんかに出演してタレント化している”現実も否定できないだろう。そう考えれば、大衆に観易いものを・・・って感じで作って、ミョウにバラエティー番組化しているのが、今のニュース番組ではないだろうか?

そう考えれば、NHKのニュースも、視聴率を”企業”として求めるようになれば、それなりにキャスターも”私見を述べる”余地ってのがあるのだろう。それにブッチャケの話、東日本大震災で原発に事故が遭って、その放射能漏れで住民の非難があったのは間違いない事実で、そう考えれば、”原発の絶対的安全神話が崩れて、本当にこのままで復旧して大丈夫なの?”ってのは大衆レベルとしては当然の意見としてあるのだから、大衆迎合主義!!までは言わないものの、そのニュース番組のキャスターがそれなりに原発批判をするのは、番組作りとして仕方がない部分があったのではないか?と思うのだ。

無論、そのニュースキャスターだって、個人として”原発は危ないモノじゃないのか?”ってのが根本にあって、”そう言えば大衆が喜ぶから批判しよう!!”なんて思わずにホンネとしてコメントしたのだと思う。しかし、それによって、無味乾燥なニュース番組がそれなりにニュースショーの要素を持って、視聴率に反映したのは間違いないのではないだろうか?つまりは、まあ、僕にとっては、”その程度で・・・”のことなのだ。




日本安倍放送協会なのか 政権に寄り添う公共放送が広報放送になるとき 朝日新聞デジタルSELECT (朝日新聞デジタルSELECT)日本安倍放送協会なのか 政権に寄り添う公共放送が広報放送になるとき 朝日新聞デジタルSELECT (朝日新聞デジタルSELECT)
(2014/03/26)
朝日新聞

商品詳細を見る




僕自身、今の日本の経済や産業構造を考えれば、いきなり”原発を完全に廃棄してゼロにしろ!!”ってのは難しいように思っている。それよりも、今はトリアエズ、比較的、安全なモノから稼働させて、20年後30年後、原発に代わる新たなエネルギー資源を開発していく・・・って風な流れを作っていくのが理想なんだと思っている。

だから、安易に原発反対!!ってふうに言ってるのを聞くと、どうもミョウに空疎感があるのは間違いないのだ。確かにこの数年、どうやら原発稼働がゼロでどうにかこうにか電気を賄ってきたのだから、それを考えれば、原発ゼロでもどうにかなる!!って言い方は出来るのかもしれない。しかしながら、実際的に電気代は値上がりして・・・各電力会社の”焼け太り”で上がってる可能性があるように思えるんだけれども・・・・このまま将来的に原発抜きで大丈夫なのか?の部分において、僕は不安に思う部分があるのは間違いないのだ。

だから、こう言ってはなんだけれども、今回のニュースキャスターの原発批判ってのは、100%うなづいて同調できない部分があるのは事実として言えるのだ。ただ、問題は、今回の降板において、果たして政府からの圧力が本当にあったか?どうか?って部分に対して大きな問題があるように思えるのだ。



NHK問題 (ちくま新書)NHK問題 (ちくま新書)
(2006/12)
武田 徹

商品詳細を見る




つまりは最初に書いた通り、NHKの本質は、”公共放送”で、その部分において政府批判の放送をしても良いのだ!!って原則があるはずなのに、今回のニュースが本当であれば、NHKは政府のスポークスマンとしての存在になって、そうなれば、”国民が受信料を支払う”システムの根本が揺らぐことを意味するからなのだ。

無論、NHKの運営ってのは政府の監督があってってことが言えて・・・そうしないとどうしても誰かさんの恣意性が働く問題があってってのが言えるからだろう・・・そうなれば、政府の意向を聞かなければならない!!ってのがある種の側面として出てくるのは事実としてあるのだろう。それに受信料だって法律である意味、強制化されてしまったのだから、その部分である種の実質的な税金化している側面を考えれば、政府の御用放送局に成らざるを得ない側面だってあるのだろう。

だから、実際にそう言った圧力が政府からあったか?どうか?ってのは判らないんだけれども、政府批判を行うアナウンサーの降板があれば、そう言った憶測が当然として生まれてしまう部分があるのは否定できない!!ってのが言えてしまえるのだろう。



NHK地球データマップ―世界の“今”から“未来”を考えるNHK地球データマップ―世界の“今”から“未来”を考える
(2008/02)
NHK「地球データマップ」制作班

商品詳細を見る




そう考えれば、もうそろそろ、NHKは”公共放送”の看板を下ろすべきではないだろうか?つまりは完全に国営化して・・・ってのほうが判り易いように思えるのだ。国営化すれば、今回の記事に関しても、”国営放送で政権の御用放送なのだから・・”ってのが言えて、アナウンサーが降板するのは当然になって判り易くなるのではないだろうか?それにNHKの職員の給料の問題なんかも、公務員と同じ扱いになるのだから、その部分でNHKにとって都合の良いお金の使い方をしている今の状況にメスが入っていくのではないか?と思うのだ。

ハッキリ言えば、ネットが無い時代であれば、大衆の民意を反映させる公共放送ってのは必要で、それによって放送の中立性が担保されていたのだろう。しかしながら、ネットってのはこうやってブログも含めて玉石混交様々な意見が”垂れ流されていて”、リテラシーって言葉自体あまり使いたくないが、個々人の能力によって情報の取捨選択が出来る時代が来てしまったのだ。













そうなれば”公共放送の存在理由”ってのは敢えて必要になるのだろうか?ネットでの様々な極論な意見を読み熟して、結果的に個人として大衆の無言のコンセンサスを理解する・・・そう言った部分が存在している今の時代、敢えてNHKが公共放送である必要があるのだろうか?

公共放送なのに、こうやって政府の圧力による人事介入のニュースが流れてしまう今の状況を考えれば、NHKの自身にとっての都合の良い”公共放送”の看板は、僕にとってはかすかな嫌悪感を感じさせるもので、それなら、きちんと政府の一機能になって、財政の健全化を図って、その社員も”公務員”になるのが、今の時代に合った形になるのではないか?と思えるのである。

トラックバック先
Yahooニュース:真相は「更迭」…NHK大越キャスター“3月末降板”の舞台裏










関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://subculmaniax.blog23.fc2.com/tb.php/3811-22705bde
Googleキーワードランキング
Yahoo!!ボランティア!!
Yahooの募金紹介用ブログパーツです。 詳細は”http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/blog_parts/common.html”です。 確認して、利用していただければ、幸いと思います!!
管理者からのお願い!!
  • リンクに関して、自己責任でジャンプを行ってください!!
  • 一応気はつけているのですが情報に誤りがあるかもしれません。ですから必ずご自身で確認してください。このブログで誤った判断をされても責任はもてません。必ずご自身で再度の確認を願います
  • ブログ内のバナーはCMです。紹介している商品やサービスなんかの記事にはまったく関係はありません
  • 紹介している商品に関しては送料や振込み手数料などが別途必要になることが大半です。そのことも考えて購入することを願います。
あくせすかうんた!!
DMM!!
DMMDVDレンタル
DMM.com CD&DVDレンタル
リンク
ブロとも申請フォーム
GMOホスティング&セキュリティ株式会社
楽天その2
楽天その3
トラフィックエクスチェンジ
インク激安!!
インクって高いよね?
プリンタは安くなってるのにインクはまだまだ・・・・ 安く買って、気軽に使いましょう!!笑
ランキング集!!
株式会社paperboy&co.
FC2CM!!
FC2CM!!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。