オタの独り言

サブカル好きの似非オタが日々の日常のニュースの中で感じたことを、つぶやいていく・・・そんなブログです
 
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
楽天その1
クイズに答えて募金しよう!!
Yahooで行っている募金用ブログパーツです。 クイズに答えると1円、代わりに企業が募金してくれるようです。 1日1回限りらしいのですが、少しでも誰かの為になることだと思ってご協力ください!!
詳細は・・・”http://volunteer.yahoo.co.jp/click/”で確認願います!!
楽天
プロフィール

さぶかるまにあっくす

Author:さぶかるまにあっくす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
マイクロアドCM!!
お勧め!!
アマゾンお勧め フィギュアです!!
お買い得なので ドンドン、観てください!!
カテゴリ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局は与野党の慣れ合いの中で、山本議員はスケープゴートになっただけではなかろうか? 











安保法案反対で、”焼香パフォーマンス”を行った山本太郎議員に対して、参院議長が厳重注意を行ったとのことである。僕はそれに対して、なんだか違和感を感じてしまったのだ。なぜなら、”焼香パフォーマンス”は行き過ぎなのかもしれないが、それでも、何らかのアピールを行って抵抗の意思を指し示したのは、本会議で山本議員だけだ!!と言っていいのではなかろうか?”牛歩戦術”なんかは過去に野党を中心に行ってきた、ある種”ありふれた”パフォーマンスで、今回だけ、山本議員だけに非難が集まりすぎているように思えて仕方がないのである。

つまりは、委員会であれほど、乱闘騒ぎを起こしたのに、本会議では粛々と・・・って処に、マズは、ミョウな”白々しさ”を僕は感じるのだ。委員会で野党はあれほど暴れたのだから、本会議でも、それなりの抵抗の意思を指し示すべきなのだろう。それなのに、本会議では何もせずに、あっけなく終わってしまった処に、僕個人としては、”野党の国民に対するヤラセパフォーマンス”を感じたのだ。

言い換えれば、与党とのある種の談合・・・委員会では野党に花を持たせて、暴れさせて、国民に”精一杯の抵抗をしました!!”のアピールを与党は許しておいて、その代わりに本会議はあっさりと問題なく通過させる!!的な”同意”があったのではないか?と邪推してしまうのだ。僕が野党で、本気で、この安保法案反対なら、それなりに本会議でも、何らかの抵抗を見せて当然なんだと思うのだ。しかしながら、それが無かったのだから”あれれ?”ってことになるのは間違いないのだ。









だから、それを考えれば、山本議員の”往生際の悪さ”ってのは、確かに”タレント出身のケレン”ってのは感じられるアピールで、その部分で鼻につくのは間違いないんだけれども、それでも、”反対のベクトル”に従って行われたアピールだったんだと認識は出来るのだ。つまりは、本来は、この山本議員だけではなくて、他の野党議員だって、投票する時に大声で叫ぶ程度では無くて、定番の牛歩戦術を集団で行う!!なんかの方策がどこかしら必要だったんだと思うのだ。

それ故に、僕自身は、今回の山本議員のパフォーマンスはアッパレとは言えないものの、心情的に同意する部分が在るのは間違いないのである。無論、それはあくまでも、仮に”反対派の立場に立ったなら・・・”ってことであって、僕自身は基本的にはこの安保法案賛成派であるのは間違いなくて、そこでは、山本議員と、主義やロジックの違いが在るのは間違いないのである。それでも、委員会では激しくアピールしながら、本会議では、まったく抵抗を見せない野党議員よりも、それなりに”気骨が在る”のではないか?と思えたのだ。

それに確かに、委員会と本会議では、その格の違いが在って、その部分では、その格に対して、それなりに、真摯にならなければならない!!って在るのかもしれない。だから、委員会で暴れても本会議では何も出来なかった・・・そこが判ってない山本議員は、その品性を問われても仕方がない・・・って考えが在るのかもしれない。しかしながら、実際的には、過去において、確かに本会議での牛歩戦術はあったのだから、”過去に出来て、今出来ない”ってのはどこかおかしくて、その論法は間違ってるのだろう。








そして、思うんだけれども、山本議員自体、過去に、ヘンに目立とうとして、”天皇陛下に直訴!!”なんかを行ったりしたのが在ったから、その部分でヘンな色が山本議員付いてしまって、結果的にそのベクトルで、今回のパフォーマンスも批判されてしまっている側面があるんだと思うのだ。特に、その政党名を”生活の党と山本太郎となかまたち”とさせたのだから、その部分を考えても、山本議員は”自己顕示欲の塊だ!!”って事が言えて、結果、イメージが悪くなってしまっている!!ってのが在るんだと思う。

だから、今回のパフォーマンスも、そのベクトルで、マイナス評価になったんだと思う。ただ、その”空気”を利用して、今回の参院議長の厳重注意は、山本議員をスケープゴートにして、その決議までの野党のパフォーマンスのマズさから、大衆の意識を逸らせるために行われたもののような気もするのだ。本来は、焼香パフォーマンスは、やり過ぎなのかもしれないが、民主党議員の暴行騒ぎなんかのほうが大きくクローズアップされなければならないことだろう。そう言った部分の話題を少しでも別の話題で”散らせる”ように仕組んだことではないか?と邪推してしまうのだ。

ハッキリ言って、この安保法案だけに関わらず、国会でのマイクパフォーマンスは何かの拍子に小学生の学級委員会よりも劣った間抜けな行為が在るのはご存知の通りだろう。それに対しては、今回のような厳重注意は無くて、それで今回は敢えて行ったということは、山本議員自体が、”大衆受けしてなくて”、なおかつ、在る意味、その所属政党は”少数政党”で、その部分で、山本議員を叩いても、マクロとして政治家全体に被害は出ず、大衆だって、”嫌われモノ”を叩くのだから、その部分で大衆は喜ぶだろう!!ってことで、”見せしめ”に行っただけではなかろうか?と感じてしまったのだ。

確かにこれまでの山本議員の行動を考えれば、好きになれない人のほうが大半なのかもしれない。しかしながら、”なぜこのタイミングで山本議員が厳重注意を受けて、やり玉に上がったのか?”を、邪推すれば、そこに浮かび上がる構図ってのは、ある種の陰謀論的なロジックかもしれないが、何かを感じるべきではなかろうか?僕自身、今回の安保法案は”民主主義の数の論理”で、どうやっても自民党の方が勝つ!!のは判っていたはずで、その部分で野党が国民に対して”精一杯抵抗しましたが、叶いませんでした・・・”を見せ付けるだけのアピールに過ぎなくて、それを自民党自体も判っているから、そこにある種の”芝居めいた同意”があって、ある種の”茶番”を見せられたような気がしてならないのだ。









繰り返して言うが、本当に野党が死にモノグルイになって、安保法案に反対するのであれば、本会議でも、無様な混乱を晒してでも、徹底的に闘いぬくべきだったのだろう。しかしながら、そう言った部分を見せずに決議になってしまった処に気持ち悪さを感じるのだ。それにマイナンバー制や派遣労働法なんか、もっと国民全体が目の前に差し迫った問題で、闘いぬく必要があった法案がいっぱい在ったのは間違いないのではなかろうか?

安保法案は”反対=平和!!”のイメージが”安易に”作り易い法案であったのは間違いないのである。その部分で、本当にその恒等式が正しいか?どうか?を検証せずにイメージだけで、国民を煽った側面があって、なおかつ、その黒幕に誰かさんの影がちらついてるのを、国民が考えなければ、”スポンサーにいい顔を見せながらも、国民に正義の味方ぶれる立ち位置でパフォーマンス出来る”部分が野党に在ったような気がする。

しかしながら、派遣法やマイナンバー制なんかは、明確に色分け出来ず、なおかつ内容もかなり入り組んだもので、その部分で、”大衆に訴求力がない!!パフォーマンスしても判ってもらえない”法案なんだと思えるのだ。なおかつ、実際は、官僚作成の法案で、野党も与党も議員自体が、何かよく判ってなくて勉強不足を露呈する法案だったんだと思う。だから、議論が出来ない法案で、なんとなく国会運営を行うよりも、安保法案の方がアピールしやすくて・・・ってのがあって、だからこそ、ヘンなアピール合戦になったんだと僕は感じてしまったのだ。











無論、派遣労働法の改正なんかは、この法案で不成立になってしまって”吹き飛んでしまった!!”のは間違いないだろう。だから、野党からすれば、今回の国会は”安保法案で、自民の数の暴力で、奮闘むなしく負けた・・・”てことでポーズが取れて、”他で負けてない!!ノーゲームのものも出てきて、勝負は曖昧になった!!”ってのが言えるのではないだろうか?そうやって、議員自体が勉強せずに議論できない法案は、官僚主導で、なんだか良く判らないままに成立してしまって、表面的に安易にアピールできる法案には躍起になって暴れまわる!!ってのが感じられて、そこに僕は、日本の議員の薄っぺらさってのを感じてしまうのである。

だから、もう少し、本当に真剣に官僚主導であっても、その内容がきちんと理解できて、国民にその是非をアピールできるような優秀な議員が育ってくれないと、結果、その場限りの法案で、税金がムチャクチャに使われ、内容も薄っぺらい行政に振り回されて、辟易してしまうのが感じられるのだ。だから、今回は山本議員をスケープゴートにして、野党も与党も、本当の問題点を国民にアピールできず、そこが日本の民主政治の限界なんだと僕は感じてしまったのである。

トラックバック先
Yahooニュース:山本太郎氏を厳重注意=参院議長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150925-00000104-jij-pol










関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://subculmaniax.blog23.fc2.com/tb.php/4046-695979d9
Googleキーワードランキング
Yahoo!!ボランティア!!
Yahooの募金紹介用ブログパーツです。 詳細は”http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/blog_parts/common.html”です。 確認して、利用していただければ、幸いと思います!!
管理者からのお願い!!
  • リンクに関して、自己責任でジャンプを行ってください!!
  • 一応気はつけているのですが情報に誤りがあるかもしれません。ですから必ずご自身で確認してください。このブログで誤った判断をされても責任はもてません。必ずご自身で再度の確認を願います
  • ブログ内のバナーはCMです。紹介している商品やサービスなんかの記事にはまったく関係はありません
  • 紹介している商品に関しては送料や振込み手数料などが別途必要になることが大半です。そのことも考えて購入することを願います。
あくせすかうんた!!
DMM!!
DMMDVDレンタル
DMM.com CD&DVDレンタル
リンク
ブロとも申請フォーム
GMOホスティング&セキュリティ株式会社
楽天その2
楽天その3
トラフィックエクスチェンジ
インク激安!!
インクって高いよね?
プリンタは安くなってるのにインクはまだまだ・・・・ 安く買って、気軽に使いましょう!!笑
ランキング集!!
株式会社paperboy&co.
FC2CM!!
FC2CM!!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。