オタの独り言

サブカル好きの似非オタが日々の日常のニュースの中で感じたことを、つぶやいていく・・・そんなブログです
 
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
楽天その1
クイズに答えて募金しよう!!
Yahooで行っている募金用ブログパーツです。 クイズに答えると1円、代わりに企業が募金してくれるようです。 1日1回限りらしいのですが、少しでも誰かの為になることだと思ってご協力ください!!
詳細は・・・”http://volunteer.yahoo.co.jp/click/”で確認願います!!
楽天
プロフィール

さぶかるまにあっくす

Author:さぶかるまにあっくす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
マイクロアドCM!!
お勧め!!
アマゾンお勧め フィギュアです!!
お買い得なので ドンドン、観てください!!
カテゴリ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議長議決には問題があるんだけれども、それ以上にその運営ルールを変えていくことを考えなければならないんだと思う 









今回の安保法案であるが、その決議ってのは無茶苦茶であったのはTVで報道されている通りだ。まあ、それは委員会決議で、本会議決議では無いから、その部分で僕なんかは、”ヤラセだ!!”って感じている部分がある。無論、委員会決議で決まらなければ、本会議にその議題は上がらないのだから、その部分では真剣さがあるんだと思うが、決議しなくても、政党政治の”数の暴力”で・・・この表現自体マズいんだけれども、民主主義の本質はそこにあるんだと僕は感じている・・・結局は決議されてしまうのは自明だったのだから、その部分で、野党が暴れたのは、プロレスのマイクパフォーマンスだ!!ってふうに感じているのだ。

つまりは、委員会議長だって、決議賛成で固まる!!ってのが判ってるから、議長決議で、可決させて・・・ってのがあるし、本当にそれが問題であれば、本会議で否決されることになって、そういう意味では委員会決議ってのが絶対的な物では無い!!ってのが言えるんだと僕は考えている。それで、まあ、本会議である意味、粛々と議決されて決まったのだから、本会議で民主主義の多数決の原則は成立してるんだと僕は感じているのだ。

言い換えれば、野党が本当に気に喰わなければ、委員会と同じように本会議でも暴れまわって・・・中には牛歩戦術を行使したりした議員も居たりしたんだけれども・・・・委員会のように怒号の渦に巻き込んで、”あの決議は無効だ!!”ってすればよかったのに、結果的に、”粛々さ”があったのだから、だからこそ、僕は委員会の混乱ってのは、野党の顔を保つために与党も黙認したマイクパフォーマンスだ!!ってのが結論になるのである。












無論、この考えはあくまでも、僕個人の考えで、どうやら、新聞社の社説には”怒号の中で議長議決で決議したのは、民主主義に反している!!”としたところもあるらしい。それに対して、”その社説の通りなら、少数野党が議決の時、暴れれば、どんな決議も通らなくなる!!その部分で問題だ!!”と反論した論者の記事を読んだのである。

確かに議長決議ってのは、民主主義の原則から離れたところにあって、その部分で問題なのは間違いないのも理解できる。ただ、今回の論者の主張の通り、”その論法では、少数野党が暴れれば、どんな議決も通らなくなるから、その方が問題だ!!”ってのも判る。ただ、繰り返して言うが、僕はあくまでもそれは委員会決議だから、まあ、議長決議で良いんじゃないの?ってのが考えで、本会議で議長決議をする!!ってことと、いささか程度が違うような部分があって、それで、まあ、少し、意識にズレがあるのは自覚しているのだ。

ただ、議長決議に関してのみ考えれば、確かに問題はあるんだと思う。小学校や中学校の学級会でも多数決の論理でルールを決める!!ってのが在っただろう。その時は学級委員が居て、そして採決で決める!!ってのがあって、学級委員がクラスのまとまりが無くて、暴れまわる馬鹿者も居るから、独断で決める!!ってのは無かっただろう。








在ったのは”気に喰わないからと言って、席を立って暴れないでください、暴れるなら、教室から出ていってください”って権限だったような気がするのだ。つまりは多数決の原則を厳守するのに、多数決を邪魔する馬鹿者に対して、”教室から出ていけ!!”って命令する権利”のみ”が学級委員にはあったような気がするのである。だから、今回の事を考えれば、例えば、”議長の指示や許可なく、発言をしたり、席を立って暴れるなら、マナー違反です!!議決権を停止しますので、委員会室から出ていきなさい!!”が充当な法則だったのではないだろうか?

無論、そうなれば、多数与党は、議論もせずにどんどんと議決出来て、野党が議論する機会を奪っていく!!ってことになるのかもしれないが、少なくとも安保法案は、与野党で平行線で、その部分で、投票による多数決勝負しか、結果にたどり着かない!!ってのが言えたのだろう。それに対して野党が拒否する!!って事自体、それこそ民主主義の多数決の議論に反している!!ってのが言えてしまえるのではなかろうか?

つまりは、僕が思うに、今回の問題は与野党ともに、小中学生でもやらない暴動があった!!ってことに終始するってことなのだろう。だから、そう言う部分で、民主主義のルール云々よりもその手前の大人としてのマナーがなっていない事を誰もがあの場に居合わせた国会議員すべてに対してなじるべきだろう。だから、議長決議をどのように考えるか?なんてレベルの高い処で議論しても、今回の問題は論証できないのだ。








ただ、もし、僕が思うに、今回の件を反省して、ルール化するならば、議長副議長の複数管理性にして、その信任された少数の議長連が、議決のタイミングを計り、それに従って、議会を運営する!!って必要があって、議長1人で絶対的な権限を持たせるのもマズいんだと思うし、そうすることで、今回の”議長議決”に対する問題も回避できると思うのだ。

それに、もっと言えば、議長裁可の議決の有効を認めるよりも、議長は運営を邪魔をする議員の退席を命令できる!!ってふうにルール付けるべきだろう。無論、その条件としては、”自分の席から何秒以上離れない!!立つときも何メートル以内にする!!”って風にして、トイレなんかで特別に離席する必要があれば、挙手して”ごめんなさい、トイレに行きたいです!!”って小中学校の学級委員会並のルールで運用するべきではないだろうか?











そうすることで今回のように暴動が起これば、席を立った者の議決権は奪われるのだから、その部分で粛々とルールに則った議会運営が出来るのではないだろうか?今回の議長議決に問題があるなら、それに対して、次回からどのように運営ルールを構築すれば、そう言ったシチュエーションを生み出さないのか?を考えるべきなのだろう。

ただ、こういった事を考えなければならない・・・って事自体に、国会議員の資質の問題があって、それを選んでしまった国民の素養にも問題があって、地域に対する利益誘導を国会議員に認めてしまっている事によって、その地域の利益誘導者としての側面でしか価値のない国会議員を生んでしまっている現状自体を変えるべきではないだろうか?そういう意味では国会議員もそうなんだけれども国民自体も国会議員に対して、どんな素養を求めるか?考えるべき時が来ているんだと思うのだ。

トラックバック先
Yahooニュース:【辛坊持論】暴力で採決を潰す…某紙の社説に慄然
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151025-00000118-sph-soci











関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://subculmaniax.blog23.fc2.com/tb.php/4056-fbcca703
Googleキーワードランキング
Yahoo!!ボランティア!!
Yahooの募金紹介用ブログパーツです。 詳細は”http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/blog_parts/common.html”です。 確認して、利用していただければ、幸いと思います!!
管理者からのお願い!!
  • リンクに関して、自己責任でジャンプを行ってください!!
  • 一応気はつけているのですが情報に誤りがあるかもしれません。ですから必ずご自身で確認してください。このブログで誤った判断をされても責任はもてません。必ずご自身で再度の確認を願います
  • ブログ内のバナーはCMです。紹介している商品やサービスなんかの記事にはまったく関係はありません
  • 紹介している商品に関しては送料や振込み手数料などが別途必要になることが大半です。そのことも考えて購入することを願います。
あくせすかうんた!!
DMM!!
DMMDVDレンタル
DMM.com CD&DVDレンタル
リンク
ブロとも申請フォーム
GMOホスティング&セキュリティ株式会社
楽天その2
楽天その3
トラフィックエクスチェンジ
インク激安!!
インクって高いよね?
プリンタは安くなってるのにインクはまだまだ・・・・ 安く買って、気軽に使いましょう!!笑
ランキング集!!
株式会社paperboy&co.
FC2CM!!
FC2CM!!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。