オタの独り言

サブカル好きの似非オタが日々の日常のニュースの中で感じたことを、つぶやいていく・・・そんなブログです
 
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
楽天その1
クイズに答えて募金しよう!!
Yahooで行っている募金用ブログパーツです。 クイズに答えると1円、代わりに企業が募金してくれるようです。 1日1回限りらしいのですが、少しでも誰かの為になることだと思ってご協力ください!!
詳細は・・・”http://volunteer.yahoo.co.jp/click/”で確認願います!!
楽天
プロフィール

さぶかるまにあっくす

Author:さぶかるまにあっくす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
マイクロアドCM!!
お勧め!!
アマゾンお勧め フィギュアです!!
お買い得なので ドンドン、観てください!!
カテゴリ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党はミンス党なんだと思える。変わるのではなく自滅を選んで、良質なリベラル政治家のみ、再出発するのが良いのではないだろうか? 











確かに民主党ってのは、55年体制が崩壊して、自民党が弱くなった時に、他の主だった野党と連携を取るのに、社会党を解党させて、そうやって再結党することで、社会主義色のイメージを薄めさせて、来るべき2大政党制の片方に為れるように・・・ってのが、その結党原理としてあったんだと思う。つまりは野党連合の盟主として、未来においては野党連合を1つの政党にまとめるためのコアとして存在するために・・・ってのが民主党の(都合の良い)理想だったんだと思うのだ。

言い換えればアメリカの2大政党制を日本で実現するためには、イデオロギーとしての旧社会党では、立ち行かず、対自民党として1つにまとまろうとして民主党が出来た!!ってのが言えたんだと思う。だから、民主党結党時、イデオロギーの側面ってのは、あまり感じられずに、対自民党の側面だけで、極端な話、”自民党の斜陽化を感じた自民党政治家が、次の選挙を見越して、選挙に勝ちやすそうな民主党に乗り換えた!!”ってこともザラにあったのは事実のはずなのだ。

特にその時は新党ブームで、様々な中途半端な・・・この表現はマズいんだけれども、その新党自体10人20人規模で、自民党なんかと比べれば少数政党で無視するべき大きさなんだけれども、でも連合すればキャスティングボードを握れるだけの人数で、そういう意味で中途半端って感じであったのは印象としてあるのだ・・・政党が生まれて、その政党が結局は民主党に吸収されて・・・・って事になったのだから、イデオロギー云々よりも、単純に”対自民党で選挙に通り易そうな看板で・・・”ってのが民主党の本質になってしまったんだと思うのだ。









それに、その当時、1990年代初頭以前ってのは、ブッチャケの話、まだまだ冷戦下で、中国が国際的に台頭せずに、ソ連(今のロシア)が、表面的には”東側”の盟主であった時代だったと言えるだろう。だから、日本における社会主義ってのはソ連の社会主義で、日本の場合はアメリカの影響が大きくて・・・その当時はハッキリと日本はアメリカの腰ぎんちゃくだ!!って新聞なんかでも表現があったのだから、日本の盟主アメリカ、親分アメリカであったのは間違いないのだ・・・・その部分で社会主義ってのはある意味、影響力が限定されていたし、アメリカとの比較論として、”社会主義国は悪で貧乏の象徴だ!!”って意識が日本の大衆の中にあったんだと感じるのだ。

だから、社会主義=ソ連の軍隊式貧乏国家で、社会主義になるとピロシキ1つ買うにしろ、配給手帳を持って並ばなければならなくなる!!ってイメージがあって、日本の大衆自体、社会主義に対してある種のアレルギーが在ったんだと思う。これは、確かにアメリカの影響で、そんな風に考えさせられただけ!!って言い方も出来るのかもしれないが、実際、そう言った側面が、何かの拍子にTV番組なんかで放送されて、実感として”社会主義=貧乏で自由の無い国家体制だ!!”って意識が、日本の大衆の中にイメージとしてあったんだと感じるのだ。

それ故に、社会党に対しても、そんなに良いイメージってのは無くて、社会党が政権を取れば、日本をソ連化することになるのか?ってことで、結果、確かに、日本のインテリ層を中心に社会主義者は居たし、それなりにアングラな部分で、ソ連のお金が労働組合にも流れていたりして、そう言った組織とくっついて、どうにかこうにか、反自民党の盟主として体裁を取って来た!!ってのが社会党なんだろう。







しかしながら、ご存知の通り、1990年代初頭はドイツは統一するし、ソ連は崩壊して、ロシアになるし・・・ってことでイデオロギーとしての社会主義は、あくまでも幻想で在って、現実世界では有効に機能しないのではなかったのか?って論法が生まれて、結果的に社会主義をテーゼにして、社会党を存続させるのが難しくなって、その結果もあって、社会党は、その看板を下ろして、民主党になったんだとも言えるのだ。

つまりは結党のテーゼとする社会主義が揺らいで、でも自民党員には為り切れないから、自分たちの存在意義をどこに持たせるか?って処で、誰かさんの口車に乗って、”これからは2大政党制だ!!自民党のカウンターパートとして存在するぞ!!”ってことで出来上がったのが民主党であって、それで最初に書いた通り、”対自民党”の看板で作られただけだから、そこに参加する政治家は、対自民党で選挙に勝つことを目的にするだけの寄り合い所帯で出来上がってしまった!!ってのが言えるのだ。

だから、日本の大衆も民主党に対して”もうゴリゴリの社会主義者は存在しない!!金権政治の自民党に対して、リベラルな左翼福祉政策を進める民主党”ってイメージが出来上がって、旧社会党に投票している!!ってよりも、そう言った対自民党政党に投票している!!って感覚で、民主党を応援してしまった!!ってのが実際のことなんだと感じるのだ。それ故に自民党に対するNGとして、民主党政権が出来上がってしまった!!ってのが鳩山や菅内閣を思い出せば、判ってもらえるのではないだろうか?









ただ、問題なのは、ソ連が崩壊して、社会主義が揺らいで、その部分で左翼リベラル福祉政党に民主党がなれば良かったんだけれども、結局は旧社会党の残党が存在していて、なおかつ、その残党の感覚が”ソ連がなくなれば、盟主を中国にすればいいじゃない?”ってふうに考えてしまった部分に大きな問題があったんだと思うのだ。

つまりは僕が言いたいことは”中国は本当の意味での社会主義国では無い!!”ってことなのだ。ハッキリ言えば、ある権力者階層の権力の維持方法論として、その社会構造だけをソ連からコピーして、実際的なイデオロギーを持たない”ナンチャッテ社会主義”が中国の本質なんだと僕は感じている。だから、本来は社会主義国家であれば、拝金・金満体制ってのは、打倒するべき体制であるはずなのに、実際的には中国は、その金満体制で成立しているのだから、その部分で、社会主義国家でありえない!!ってのが言えるのだろう。

それに中国の本質は社会主義では無く、中華思想で、中国が世界の中心で中国にすべての国が貢ぐべし!!ってのがあって、今の中国人口を市場パワーにした経済力で、”世界の王様化”を図っているのが現状として言えるのは間違いないだろう。それが簡単に言えば今の中国の”領土拡大政策”の本質的な部分なんだと僕は考えているのだ。








そんな中国に結局は日本の社会主義者・・・本当の良質な社会主義者は戦後すぐのレッドパージで居なくなってしまって、中韓に媚びれば、王様に頭を撫でてもらえると勘違いしているナンチャッテ社会主義者なんだと言えるだろう・・・は媚びてしまって、結果、日本を良くするために民主党があるのではなくて、中韓に対して、褒めてもらうために存在するようになってしまって、それがもう”透けて見えてしまっている”ところに民主党に対する問題なんだと言えるのだ。

これに関しては、日本のマスメディア自体がどこかしら、中韓に毒されてしまっているから・・・これはTV番組を成立させるのにタレントが絶対的に必要で、その部分でタレントを供給する処に中韓のパワーが働いて、結果、TVなんかは中韓に媚び無ければ番組が成立しなくなる!!って部分があるからなのだと僕は考えている・・・民主党と中韓の関係をあまりきちんと報道しない!!ってのがあるのだろう。だから、鳩山元首相が”どこ寄りの発言をしているか?”って論法で報道される事ってのはマズ無いのだ。

だから、日本の国民ってのは、民主党に対してまだまだリベラルで対金満自民党として存在している政党だと勘違いしている側面が残ってるんだとも思えるのだ。しかしながら、それなりにネットで情報を得る世代になれば、その辺りの”カラクリ”を様々な経路で知識として入手するから、結果、”民主党はミンス党だ!!”なんて、表現で、その本質を突き始めているのではないだろうか?と感じるのだ。








だから、その部分で若手が民主党離れになっていくのだから、民主党は先細りになっていくのだろう。その危機感があって、結果、民主党の政治家全てがイデオロギーの賛同者として民主党政治家になっている訳では無いから、結果、最近はボロボロと離党していく政治家も出てきてるんだと言えるのだ。つまりは政治家は選挙に勝たなければ”ただの人”になってしまうのだから、泥船民主党の看板では選挙に勝てない!!と思える政治家は離党して、例えば、橋下政党なんかにくっついていくんだと思うのだ。

そういう意味では、民主党に居てれば選挙に勝てないから、橋下政党の維新の党の看板を利用して、選挙に勝つ!!ってのがあって、それがいわゆる”東京組”の本質だったんだろう。橋下氏も”民主政治は頭数だから!!”ってことで、その部分で手っ取り早く政治家を集めたくて、そんな旧民主党系の政治家を引き入れたんだけれども、結果、その本質は、ミンス党に毒された政治家で、自民寄りの橋下グループとは、イデオロギー・・・そんな高級なものでは無いとは思うが考えの違いとして・・・・の違いがあって、結果、維新の会も今の状況になってるんだと思うのだ。











そう考えれば、日本の国民も大衆化して、そこで思考停止にならずに、個々人として、きちんと、その辺りの事を考えて、政治を俯瞰する必要があるのだと僕は感じるのだ。そうしないと”口当たりの良いリベラルで騙されて、結果、鳩山・菅政権を作り上げてしまった反省を忘れる事になる”のである。中韓が経済力をつけて、結果、日本の政治家にも影響力をこうして与えている現実をよく考えて、日本人は、本当にそれで良いのか?考えるべきなのだろう。

今になって、民主党から”民主党は変わるべきだ!!”との声も出ているらしいんだけれども、その為には、何と決別するべきか?民主党自体、考えるべきではないだろうか?1番、日本の為を考えるなら、中韓に毒された政治家全てを明らかにして、おとなしく自滅していくのが、l僕なりの希望であって、言い換えれば、民主党に僕が求めるのは、速やかな日本政治からの退場なのだ。

そして良質なリベラル政治家だけでもう1度、中韓に毒されてない本当の社会主義政党を作り上げるべきではないだろうか?僕自身は社会主義そのもののロジック自体は悪い物ではないんだと思っている。しかしながら、それはあくまでも幻想としての理想であって、前にも書いた通りトマスモアのユートピアとしての社会主義国家なのである。つまりは実現不可能だからこそ、僕は社会主義者になり得ないのだ。それでも、社会主義の理想を追うのは悪くないと思うし、それがある種の行き過ぎた競争的ギャンブル資本主義のブレーキになっていくとも思えるのだ。その為には、民主党を解党して、本当のリベラル左翼主義の社会主義政党が生まれる事を望むのである。

トラックバック先
Yahooニュース:「民主党に変わるべきところある」松本元外相離党で細野幹事長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151027-00000518-san-pol









関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://subculmaniax.blog23.fc2.com/tb.php/4058-476e7db7
Googleキーワードランキング
Yahoo!!ボランティア!!
Yahooの募金紹介用ブログパーツです。 詳細は”http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/blog_parts/common.html”です。 確認して、利用していただければ、幸いと思います!!
管理者からのお願い!!
  • リンクに関して、自己責任でジャンプを行ってください!!
  • 一応気はつけているのですが情報に誤りがあるかもしれません。ですから必ずご自身で確認してください。このブログで誤った判断をされても責任はもてません。必ずご自身で再度の確認を願います
  • ブログ内のバナーはCMです。紹介している商品やサービスなんかの記事にはまったく関係はありません
  • 紹介している商品に関しては送料や振込み手数料などが別途必要になることが大半です。そのことも考えて購入することを願います。
あくせすかうんた!!
DMM!!
DMMDVDレンタル
DMM.com CD&DVDレンタル
リンク
ブロとも申請フォーム
GMOホスティング&セキュリティ株式会社
楽天その2
楽天その3
トラフィックエクスチェンジ
インク激安!!
インクって高いよね?
プリンタは安くなってるのにインクはまだまだ・・・・ 安く買って、気軽に使いましょう!!笑
ランキング集!!
株式会社paperboy&co.
FC2CM!!
FC2CM!!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。