オタの独り言

サブカル好きの似非オタが日々の日常のニュースの中で感じたことを、つぶやいていく・・・そんなブログです
 
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
楽天その1
クイズに答えて募金しよう!!
Yahooで行っている募金用ブログパーツです。 クイズに答えると1円、代わりに企業が募金してくれるようです。 1日1回限りらしいのですが、少しでも誰かの為になることだと思ってご協力ください!!
詳細は・・・”http://volunteer.yahoo.co.jp/click/”で確認願います!!
楽天
プロフィール

さぶかるまにあっくす

Author:さぶかるまにあっくす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
マイクロアドCM!!
お勧め!!
アマゾンお勧め フィギュアです!!
お買い得なので ドンドン、観てください!!
カテゴリ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本共産党さえも、中韓に買収されたのか?と感じてしまう 









僕だけのイメージなのかもしれないが、日本共産党ってのは、旧ソの指導を受けて、精神的な部分でも論理的な部分でも、マルクス・エンゲルスの絶対的な信奉者だと思っていた。つまりは、自民党のように政治を”利権”とせずに、純粋に共産主義が至高なテーゼとして、その実践として、政治活動がある!!ってふうに共産党の事を想像していたのだ。

だから、なんて言うか、その辺りがある種の共産党のプライドで、”野党の中でも孤高たる存在”であったように思えるのだ。無論、僕自身、共産主義を”理想主義者の妄想論”として考える人間で、”現実が見えてない学者さんたちの戯言だ!!”ってのが本音になるから、その部分で共産党を支持しないのである。しかしながら、その孤高たる理念自体は、自己の権益のみ追い求める泡沫政党なんかよりも、評価するべきだ!!ってのが僕の共産党に対する考え方なのである。

ただ、最近の共産党は何かがおかしいのである。ハッキリ言えば、旧社会党だって、ある種の左翼政党で、その部分で、どこか、大同団結が出来る部分ってのは在ったはずで、自民党が選挙に負けて新党を中心に連立政権が出来た55年体制の崩壊政治時においては、その一翼を担っても良かったのに、その時さえも、孤高であった共産党が今更、戦争法案(安保法案の事らしい)の廃止を求めて、野党連合を構想しているらしいのだ。










無論、この変化は、時代の変化の中で、共産党だってどこかしら変わっていく必要があって、その弾力性の表れだ!!って表現も出来るのだろう。しかしながら、僕からすれば、イマサラ感があるし、それ以上に言葉には、し難いが、何かが違うような気がして、そこにある種の危機感を感じて仕方が無いのである。つまりは、共産党さえも、中韓に取り込まれたか?とさえ邪推してしまったのだ。

ハッキリ言えば、あくまでも僕の妄想なんだけれども、日本共産党ってのは思想的にも資金的にも、旧ソ連の上層部を上位の指導機関として考えていたんだと思う。つまりは、本当にマルクス・エンゲルスを信奉して”地上に楽園を築きたい!!”ってのが、その結党理念であって、その部分で、ある種のエリートの独り善がりな独善性はあるにしろ、その思考実験を至高なものとして考えてたんだと思うのだ。

しかしながら、東ドイツや旧ソ連が崩壊して、社会主義自体が、現実的には存在するのは難しい!!って事を実感することになって、その盟主である旧ソ連がロシアになって、急速に資本主義化していくのを意識すれば、社会主義自体の求心力ってのは無くなっていった!!ってのが言えるのではないだろうか?つまりは、誰もイマサラ、共産主義を素晴らしい!!なんて言わない事を共産党自体が認識し始めたんだと思うのだ。









そう言った状況もあって、ノーテンキな”エセ社会主義者は、旧ソが駄目なら中国があるじゃないか!!”ってことで、親分を中国にしたのだろう。しかしながら、僕からすれば、中国ってのは一党独裁の特権階級政治で、そこには本来はの社会主義では無く、大昔の封建主義がそのまま残っている政治システムなんだと僕は考えているのだ。ただ、思想指導者が特権化していく部分だけが、旧ソの社会主義と似通っていて、それで、何も考えていないエセ社会主義者はノーテンキに中国は社会主義の国で、唯一成功している国だ!!ってことで、勘違いしたんだと僕個人は分析しているのだ。

なおかつ、中国は、市場開放を旗頭にして、中国市場の大きさを”見せ札”にして、国際的に利益を得ることを覚えてしまったのである。そうなれば、どんどん、中国上層部は、自身の利益を拡大したい!!ってのがあって、なおかつ、その基盤を安定化させるのに、結果、他国の領土・領海を侵略して、その権益で、中国本土に住む国民を富ませて、政治批判を行わせない!!って戦略を取っているのはご存知の通りだ。

つまりは、もし、中国国内が不況の嵐で、国民(人民)が飢えるようになれば、結果、暴動が起きて、民主化進んで、既得権益者は、その血祭りに挙げられてしまうから、それを判ってるから、中国の政治の根本は”国民を飢えさせない!!”ってことになるのだろう。だからこそ、領土拡大で資源や交易路なんかを確保して、為替操作を行って、利益を国民に分配しようとしているのはご存知の通りだろう。








それで、日本に対してだけれども、本来は東南アジアで行っているように、武力侵略で強引に尖閣諸島も奪って・・・ってのが、基本路線としてあったんだと思う。しかしながら、日本に対して明確な軍事行動を取れば、当然アメリカだって出てくるだろうし、第2次世界大戦時、日本がどれだけ暴略な限りを尽くして、中国全土を侵略していったか?も忘れられなくて、結果、東南アジアほど、激しい表立った軍事行動が出来ていない!!ってのが今の中国の本音なんだと思うのだ。

それで、精神的属国の韓国が、日本に対して、プロパガンダを行って、上手く、利益を上げているのを観て、遅まきながら、同じような事をしようとしている!!ってのが中国の日本に対する外交なんだと思うのだ。それで、旧ソ連に代わって、旧社会党である民主党にお金をばら撒き、なおかつ、”社会主義の国はロシアに代わって中国だ!!”ってのを言い訳に使わせて、納得させて丸め込んだ!!ってのがあるように僕個人は感じるのだ。









だから、パチンコ業界からの献金問題があって、精神的属国の韓国が中国よりも先に民主党を取り込んで、韓国への利益供与が民主党から、敢えて”売国”と言う言葉を使うんだけれども、あって、今に至ってる現実があるのは、少しネットで政治を考える人にとっては肌感覚として認識している事実ではないだろうか?そして、その韓国の上前を撥ねる感覚で中国も同じことをし始めている!!ってのが言えるのだろう。

ただ、民主党は、それなりに朝鮮色に染まってしまったから、イマサラ中国が粉を掛けても、そんなに影響が少なくて・・・まあ、中国と韓国は日本に対して利益を一致させている部分があるから、その部分で中国は民主党に対する操作を韓国に任せている!!って言い方も出来るんだとは思うが・・・それで、どこか都合よく操れる政党は無いか?ってことで、白羽の矢を立てたのが”日本共産党”だったんだと思うのだ。










日本共産党は本来は中国の本質がマルクスレーニンの社会共産主義では無い事を認識していたのだろう。だから、中韓に毒された民主党とは袂を分かっていたんだと思うのだ。しかしながら、やっぱり政治をするにはお金が必要になって、本来は旧ソから資金が流れてきたのに、それがプーチン政権になって途絶え始めて、その部分で、最近になって、中国に買収された!!ってのが、今の日本共産党のような気がしてならないのである。

そういう意味で、本当の社会共産主義を標榜する政党は日本には無くなってしまったんだと思う。社会共産主義が良いとは絶対的に僕個人は思えないんだけれども、だからと言って中韓に買収されてしまう日本左派政党の存在ってのも気持ち悪く思うのだ。これからの社会を考えれば、セーフティーネットとして、”福祉システムの充実”が必須になるのは間違いない。そうなれば、その本質は、社会主義的見地で行われる必要があるのはご存知の通りだ。だからと言って、中韓買収政党=左派で、福祉政策推進政党だ!!ってまやかしに日本の国民は騙されてはいけないんだと僕は感じるのである。

トラックバック先
Yahooニュース:共産・志位氏「新しい日本つくる!」 全国遊説開始し、野党連立構想をアピール
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151101-00000550-san-pol










民主党はミンス党なんだと思える。変わるのではなく自滅を選んで、良質なリベラル政治家のみ、再出発するのが良いのではないだろうか? 











確かに民主党ってのは、55年体制が崩壊して、自民党が弱くなった時に、他の主だった野党と連携を取るのに、社会党を解党させて、そうやって再結党することで、社会主義色のイメージを薄めさせて、来るべき2大政党制の片方に為れるように・・・ってのが、その結党原理としてあったんだと思う。つまりは野党連合の盟主として、未来においては野党連合を1つの政党にまとめるためのコアとして存在するために・・・ってのが民主党の(都合の良い)理想だったんだと思うのだ。

言い換えればアメリカの2大政党制を日本で実現するためには、イデオロギーとしての旧社会党では、立ち行かず、対自民党として1つにまとまろうとして民主党が出来た!!ってのが言えたんだと思う。だから、民主党結党時、イデオロギーの側面ってのは、あまり感じられずに、対自民党の側面だけで、極端な話、”自民党の斜陽化を感じた自民党政治家が、次の選挙を見越して、選挙に勝ちやすそうな民主党に乗り換えた!!”ってこともザラにあったのは事実のはずなのだ。

特にその時は新党ブームで、様々な中途半端な・・・この表現はマズいんだけれども、その新党自体10人20人規模で、自民党なんかと比べれば少数政党で無視するべき大きさなんだけれども、でも連合すればキャスティングボードを握れるだけの人数で、そういう意味で中途半端って感じであったのは印象としてあるのだ・・・政党が生まれて、その政党が結局は民主党に吸収されて・・・・って事になったのだから、イデオロギー云々よりも、単純に”対自民党で選挙に通り易そうな看板で・・・”ってのが民主党の本質になってしまったんだと思うのだ。









それに、その当時、1990年代初頭以前ってのは、ブッチャケの話、まだまだ冷戦下で、中国が国際的に台頭せずに、ソ連(今のロシア)が、表面的には”東側”の盟主であった時代だったと言えるだろう。だから、日本における社会主義ってのはソ連の社会主義で、日本の場合はアメリカの影響が大きくて・・・その当時はハッキリと日本はアメリカの腰ぎんちゃくだ!!って新聞なんかでも表現があったのだから、日本の盟主アメリカ、親分アメリカであったのは間違いないのだ・・・・その部分で社会主義ってのはある意味、影響力が限定されていたし、アメリカとの比較論として、”社会主義国は悪で貧乏の象徴だ!!”って意識が日本の大衆の中にあったんだと感じるのだ。

だから、社会主義=ソ連の軍隊式貧乏国家で、社会主義になるとピロシキ1つ買うにしろ、配給手帳を持って並ばなければならなくなる!!ってイメージがあって、日本の大衆自体、社会主義に対してある種のアレルギーが在ったんだと思う。これは、確かにアメリカの影響で、そんな風に考えさせられただけ!!って言い方も出来るのかもしれないが、実際、そう言った側面が、何かの拍子にTV番組なんかで放送されて、実感として”社会主義=貧乏で自由の無い国家体制だ!!”って意識が、日本の大衆の中にイメージとしてあったんだと感じるのだ。

それ故に、社会党に対しても、そんなに良いイメージってのは無くて、社会党が政権を取れば、日本をソ連化することになるのか?ってことで、結果、確かに、日本のインテリ層を中心に社会主義者は居たし、それなりにアングラな部分で、ソ連のお金が労働組合にも流れていたりして、そう言った組織とくっついて、どうにかこうにか、反自民党の盟主として体裁を取って来た!!ってのが社会党なんだろう。







しかしながら、ご存知の通り、1990年代初頭はドイツは統一するし、ソ連は崩壊して、ロシアになるし・・・ってことでイデオロギーとしての社会主義は、あくまでも幻想で在って、現実世界では有効に機能しないのではなかったのか?って論法が生まれて、結果的に社会主義をテーゼにして、社会党を存続させるのが難しくなって、その結果もあって、社会党は、その看板を下ろして、民主党になったんだとも言えるのだ。

つまりは結党のテーゼとする社会主義が揺らいで、でも自民党員には為り切れないから、自分たちの存在意義をどこに持たせるか?って処で、誰かさんの口車に乗って、”これからは2大政党制だ!!自民党のカウンターパートとして存在するぞ!!”ってことで出来上がったのが民主党であって、それで最初に書いた通り、”対自民党”の看板で作られただけだから、そこに参加する政治家は、対自民党で選挙に勝つことを目的にするだけの寄り合い所帯で出来上がってしまった!!ってのが言えるのだ。

だから、日本の大衆も民主党に対して”もうゴリゴリの社会主義者は存在しない!!金権政治の自民党に対して、リベラルな左翼福祉政策を進める民主党”ってイメージが出来上がって、旧社会党に投票している!!ってよりも、そう言った対自民党政党に投票している!!って感覚で、民主党を応援してしまった!!ってのが実際のことなんだと感じるのだ。それ故に自民党に対するNGとして、民主党政権が出来上がってしまった!!ってのが鳩山や菅内閣を思い出せば、判ってもらえるのではないだろうか?









ただ、問題なのは、ソ連が崩壊して、社会主義が揺らいで、その部分で左翼リベラル福祉政党に民主党がなれば良かったんだけれども、結局は旧社会党の残党が存在していて、なおかつ、その残党の感覚が”ソ連がなくなれば、盟主を中国にすればいいじゃない?”ってふうに考えてしまった部分に大きな問題があったんだと思うのだ。

つまりは僕が言いたいことは”中国は本当の意味での社会主義国では無い!!”ってことなのだ。ハッキリ言えば、ある権力者階層の権力の維持方法論として、その社会構造だけをソ連からコピーして、実際的なイデオロギーを持たない”ナンチャッテ社会主義”が中国の本質なんだと僕は感じている。だから、本来は社会主義国家であれば、拝金・金満体制ってのは、打倒するべき体制であるはずなのに、実際的には中国は、その金満体制で成立しているのだから、その部分で、社会主義国家でありえない!!ってのが言えるのだろう。

それに中国の本質は社会主義では無く、中華思想で、中国が世界の中心で中国にすべての国が貢ぐべし!!ってのがあって、今の中国人口を市場パワーにした経済力で、”世界の王様化”を図っているのが現状として言えるのは間違いないだろう。それが簡単に言えば今の中国の”領土拡大政策”の本質的な部分なんだと僕は考えているのだ。








そんな中国に結局は日本の社会主義者・・・本当の良質な社会主義者は戦後すぐのレッドパージで居なくなってしまって、中韓に媚びれば、王様に頭を撫でてもらえると勘違いしているナンチャッテ社会主義者なんだと言えるだろう・・・は媚びてしまって、結果、日本を良くするために民主党があるのではなくて、中韓に対して、褒めてもらうために存在するようになってしまって、それがもう”透けて見えてしまっている”ところに民主党に対する問題なんだと言えるのだ。

これに関しては、日本のマスメディア自体がどこかしら、中韓に毒されてしまっているから・・・これはTV番組を成立させるのにタレントが絶対的に必要で、その部分でタレントを供給する処に中韓のパワーが働いて、結果、TVなんかは中韓に媚び無ければ番組が成立しなくなる!!って部分があるからなのだと僕は考えている・・・民主党と中韓の関係をあまりきちんと報道しない!!ってのがあるのだろう。だから、鳩山元首相が”どこ寄りの発言をしているか?”って論法で報道される事ってのはマズ無いのだ。

だから、日本の国民ってのは、民主党に対してまだまだリベラルで対金満自民党として存在している政党だと勘違いしている側面が残ってるんだとも思えるのだ。しかしながら、それなりにネットで情報を得る世代になれば、その辺りの”カラクリ”を様々な経路で知識として入手するから、結果、”民主党はミンス党だ!!”なんて、表現で、その本質を突き始めているのではないだろうか?と感じるのだ。








だから、その部分で若手が民主党離れになっていくのだから、民主党は先細りになっていくのだろう。その危機感があって、結果、民主党の政治家全てがイデオロギーの賛同者として民主党政治家になっている訳では無いから、結果、最近はボロボロと離党していく政治家も出てきてるんだと言えるのだ。つまりは政治家は選挙に勝たなければ”ただの人”になってしまうのだから、泥船民主党の看板では選挙に勝てない!!と思える政治家は離党して、例えば、橋下政党なんかにくっついていくんだと思うのだ。

そういう意味では、民主党に居てれば選挙に勝てないから、橋下政党の維新の党の看板を利用して、選挙に勝つ!!ってのがあって、それがいわゆる”東京組”の本質だったんだろう。橋下氏も”民主政治は頭数だから!!”ってことで、その部分で手っ取り早く政治家を集めたくて、そんな旧民主党系の政治家を引き入れたんだけれども、結果、その本質は、ミンス党に毒された政治家で、自民寄りの橋下グループとは、イデオロギー・・・そんな高級なものでは無いとは思うが考えの違いとして・・・・の違いがあって、結果、維新の会も今の状況になってるんだと思うのだ。











そう考えれば、日本の国民も大衆化して、そこで思考停止にならずに、個々人として、きちんと、その辺りの事を考えて、政治を俯瞰する必要があるのだと僕は感じるのだ。そうしないと”口当たりの良いリベラルで騙されて、結果、鳩山・菅政権を作り上げてしまった反省を忘れる事になる”のである。中韓が経済力をつけて、結果、日本の政治家にも影響力をこうして与えている現実をよく考えて、日本人は、本当にそれで良いのか?考えるべきなのだろう。

今になって、民主党から”民主党は変わるべきだ!!”との声も出ているらしいんだけれども、その為には、何と決別するべきか?民主党自体、考えるべきではないだろうか?1番、日本の為を考えるなら、中韓に毒された政治家全てを明らかにして、おとなしく自滅していくのが、l僕なりの希望であって、言い換えれば、民主党に僕が求めるのは、速やかな日本政治からの退場なのだ。

そして良質なリベラル政治家だけでもう1度、中韓に毒されてない本当の社会主義政党を作り上げるべきではないだろうか?僕自身は社会主義そのもののロジック自体は悪い物ではないんだと思っている。しかしながら、それはあくまでも幻想としての理想であって、前にも書いた通りトマスモアのユートピアとしての社会主義国家なのである。つまりは実現不可能だからこそ、僕は社会主義者になり得ないのだ。それでも、社会主義の理想を追うのは悪くないと思うし、それがある種の行き過ぎた競争的ギャンブル資本主義のブレーキになっていくとも思えるのだ。その為には、民主党を解党して、本当のリベラル左翼主義の社会主義政党が生まれる事を望むのである。

トラックバック先
Yahooニュース:「民主党に変わるべきところある」松本元外相離党で細野幹事長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151027-00000518-san-pol









乱闘でさえも、もしかすると、与野党の”暗黙の了解”ではなかったのか? 












ぶっちゃけの話、今回の安保法案に関する国会の運営ってのは、観てて”酷いな・・・”って思う部分がある。特に、その委員会での与野党の応酬は、小学生のホームルームなんかの方がマシだ!!って思えるほど、無茶苦茶であったのはTVなんかで観てて思うのだ。議事進行役の委員長席に群がる野党議員とそれに応戦する与党議員・・・大の大人が何をしてるんだ?と思えるほど、幼稚な姿を晒してくれたのである。

つまりはいわゆる”つかみ合い、こづき合い”の乱闘があって、委員会は、その混乱の中、強引に採決された!!ってのがあって、その部分で野党なんかは”決議の動議が聞こえなかった!!だから無効だ!!”的な論法で憤ってたコメントを出したりしてたんだけれども、僕からすれば、”乱闘に持ち込んだのは野党だろう!!身勝手な!!”と思ったのである。

なぜなら、その乱闘のキッカケってのは、ある野党議員が、決議しようとする委員長に詰め寄った!!事に対して、与党議員がそれを守るために・・・それで・・・って感じで、ある意味、プロ野球の乱闘のように、バッターがピッチャーに対して向かっていったのを察して、各チームメートが、それに加わった!!ってノリと同じだ!!ってのが言えるのだろう。










言い換えれば、与野党ともに”これは乱闘になる!!”ってのが、ある意味、”空気を読む”じゃないけれども、それなりの”暗黙の了解”としてあったような気もするのだ。つまりは、プロレスのマイクパフォーマンスの如く、”この程度は暴れないと野党としての対面が保たれない!!”ってのがあって、それに対して、”仕方ないなあ・・・国民に必死になって、結果、決まってしまった法案だ!!ってイメージさせるのに乗っておこうか?”ってのが与党にもあって、その部分で、ある種の”ヤラセ”にも似た空気さえ、僕には感じられたのだ。

だから、まあ、こう言った乱闘ってのは数年に1度くらい、国会で在って、過去の松波健四郎議員のヤラセもあったのだから、今回もそれと同じような部分があったのだと思うのだ。そういう意味では、野党議員だって、これからの外交の流れやその他の法案の関係で、野党風表現としての”強行採決”される!!ってのは、判っていたのだろうし、実際、当然として与党の方が根本的に数が多いのだから、その部分で、法案が可決されるのは、”想定内”だと言えるはずなのだ。

つまりは、”数の論理”で諦めてしまっては、野党としての対面が保てないから、その部分で、国民にそれなりの”気概”を示すのに、乱闘をした!!ってのが言えて、与党も野党の対面を立たせるのに、それに付き合った!!ってのが真相のような気がするのである。つまりは、もし、乱交がシナリオに無ければ、野党議員が委員長である与党議員に詰め寄って、それに対して、”議会進行を妨げるなら退席してもらう!!”の宣言で、話は付いて、TVの中継なんかも入ってるのだから、そんな野党の”キレ具合”を国民に晒す方が、”与党は淡々とこの法案を可決しました!!”ってのをアピールできるはずである。それなのに野党に付き合って、与党も暴れた!!ってのは、完全に、国民に向けたなれ合いのアピールだったのではないか?と勘繰ってしまう。









だから、参院本会議なんかでは、委員会で十分にアピールできた!!ってことで、粛々と与野党ともに採決を行って・・・ってのが言えたのではないだろうか?無論、中にはパフォーマンスとして、野党議員の中には、採決のとき、反対票である青票を投じる時に”法案反対!!”と大声で叫んでみたりするパフォーマンスが在ったのは事実であるが、言い換えれば、”その程度”であって、そういう意味では、数の論理に従って粛々と法案は可決された!!って言い方が出来るのだろう。

つまりは、委員会の乱闘が、もし、ヤラセで無ければ、僕が妄想するに、参院本会議でも、それなりの混乱ぶりを晒すべきだったのだろう。しかしながら、それは無くて、粛々と可決したのだから、与党は野党に対して”委員会でのパフォーマンスに付き合ってやったんだから、本会議まで暴れるなよ!!”ってのがあって、それに野党も”うん、判ってる!!ここまで暴れるのは、委員会の時に付き合って貰ったのだから、やらない!!”ってのがあって、結果、本会議は、派手な混乱もなく、可決したんだと思う。

無論、野党からすれば”もっと議論を尽くして・・・”的なアピールをして、反対派の国民も言葉は悪いが”ノーテンキ”に”そうだ!!!そうだ!!国の未来に関わる重要な法案なのだから、もっと議論をして、その結果、採決するべきだ!!安倍政権は強引過ぎる!!”なんて論法で、与党に対する批判があるようなんだけれども、僕からすれば、それこそ、どこか論法がおかしい!!って思うのだ。








つまりは、どんなにこの安保法案に対して、100年間、議論をしても、与党と野党では平行線であるのは間違いないだろう。特に野党第一党である民主党は、某国の代理政党の側面があって、その部分で、法案が成立すれば、尖閣諸島にも竹島・対馬にも武力侵攻が難しくなる!!ってことで、反対だ!!ってのがあって、結果、日本本土を守りたい与党と利益の相反があって、絶対的に妥協できる範囲はあり得ないのだ。

言い換えれば、この安保法案は、なぜ反対するか?って処に、”戦争をしない平和な国が日本の誇りだから・・・”ってお題目を信じての反対もあるけれども、僕は、そのお題目で誤魔化して、”某国の利益を阻害するから反対だ!!”ってのが感じられて、そこに気付かない国民の一部が、某国にとって都合の良い、そんな理想論で、踊らされて、デモなんかをしている!!ってふうに感じてしまったのだ。








無論、この感覚は僕個人の身勝手な陰謀説で、なんの裏付けも無いのは事実である。しかしながら、元民主党である鳩山氏・・・あまりにも某国に傾倒し過ぎて、アカラサマ過ぎることに国民が判ってしまって、その結果、民主党からも追い出されてしまったんだけれども、そのメンタリティーは民主党の方針である某国信仰主義であり過ぎるのは周知だろう・・・・の行動なんかを考えれば、民主党と某国がまったく関係が無い!!って言い切る方が、難しいのではなかろうか?

その部分で、民主党は、安保法案反対!!になるんだけれども、その理由の部分を”某国の利益のためだ!!”ってのを言わずに、ある種の理想論として”我が国日本は憲法9条を擁する平和国家で・・・”ってふうに、”ノーテンキ”な学生なんかをだましているように思えるのだ。つまりは、そうすることで、いわゆるノンポリ浮動票である中間層にアピールする事により、次の選挙で少しでも、巻き返したい!!ってのがあって、その部分でもアピールとして委員会で暴れた!!ってのが言えるのではなかろうか?










だから、選挙対策と某国への忠誠・・・そう言ったものが野党を暴れさせる理由になったような気がするのである。そういう意味で、本当に安保法案を可決させたくない!!って思ってるのではなく・・・数の論理で無理なのは判ってるのだろう・・・・単純に”委員会で暴れた方が、国民に対して、イメージすることが出来るかなあ?某国にもお義理が立つし・・・”的なノリで暴れたような気がするのである。

だから、参院本会議で暴れない事を”暗黙の了解”にして、与党の自民党も、”まあ・・・それで野党の面目も立つんなら…”ってことで、そういう意味で同意があったんだと僕個人は感じてしまったのだ。そういう意味では国会の茶番劇を国民は観させられて、プロレスのマイクパフォーマンスの如く、その芝居に騙されている部分があるように思えて仕方が無いのである。

トラックバック先
なんという皮肉……民主党議員の「暴力行為」が、集団的自衛権の必要性を証明してしまった!
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150921-00045443-gendaibiz-pol&p=1










Googleキーワードランキング
Yahoo!!ボランティア!!
Yahooの募金紹介用ブログパーツです。 詳細は”http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/blog_parts/common.html”です。 確認して、利用していただければ、幸いと思います!!
管理者からのお願い!!
  • リンクに関して、自己責任でジャンプを行ってください!!
  • 一応気はつけているのですが情報に誤りがあるかもしれません。ですから必ずご自身で確認してください。このブログで誤った判断をされても責任はもてません。必ずご自身で再度の確認を願います
  • ブログ内のバナーはCMです。紹介している商品やサービスなんかの記事にはまったく関係はありません
  • 紹介している商品に関しては送料や振込み手数料などが別途必要になることが大半です。そのことも考えて購入することを願います。
あくせすかうんた!!
DMM!!
DMMDVDレンタル
DMM.com CD&DVDレンタル
リンク
ブロとも申請フォーム
GMOホスティング&セキュリティ株式会社
楽天その2
楽天その3
トラフィックエクスチェンジ
インク激安!!
インクって高いよね?
プリンタは安くなってるのにインクはまだまだ・・・・ 安く買って、気軽に使いましょう!!笑
ランキング集!!
株式会社paperboy&co.
FC2CM!!
FC2CM!!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。