オタの独り言

サブカル好きの似非オタが日々の日常のニュースの中で感じたことを、つぶやいていく・・・そんなブログです
 
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
楽天その1
クイズに答えて募金しよう!!
Yahooで行っている募金用ブログパーツです。 クイズに答えると1円、代わりに企業が募金してくれるようです。 1日1回限りらしいのですが、少しでも誰かの為になることだと思ってご協力ください!!
詳細は・・・”http://volunteer.yahoo.co.jp/click/”で確認願います!!
楽天
プロフィール

Author:さぶかるまにあっくす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
マイクロアドCM!!
お勧め!!
アマゾンお勧め フィギュアです!!
お買い得なので ドンドン、観てください!!
カテゴリ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

場当たり的に”保育園が欲しい!!”じゃ”知ったことか!!”って風にキレられるのは当然かもしれない 











”保育園落ちたの私だ”のブログが話題になって、そこから、政治的な話題に対して”税金をどう使うか?”って視点が出てきて、そういう意味では、保育園の必要性もそうなんだけれども、”税金を如何に正しく使われているか?”を考えるキッカケの1つになったんだとも僕は感じているのだ。つまりはほんの少し前までは政治に対する不正なんかは興味があって批判の対象になってたんだけれども、税金の使われ方って事に関しては、あまり実感が伴わない部分があって、結果、鈍感であったんだけれども、”それを使ったお金で保育園が出来るか?どうか?”って視点が生まれたんだと思えるのだ。

ただ、僕が感じる事なんだけれども、なんでもかんでも保育園を最優先課題にして他のものに税金を投入する必要は無い!!って考えるのは極端な話なんだとも思えるのだ。当然ながら、公務員の給料だって要るし、道なんかの整備にも税金は必要だ。他にも自衛隊の維持費だって要るし、様々なモノに税金は必要なのは間違いないのである。だから、なんでもかんでも”あそこに投入した税金で保育園が作れたのに・・・”って論法で考えるのは良くないのは間違いないのだ。










しかしながら、それでも、例えば、”廃校になった跡地に保育園を作らずに韓国人学校を作ろう!!”なんて事に関しては、優先順位として間違ってるんだと思うから、その部分で、取捨選択って言うか、きちんとした税金に使い道の配分ってのを考えるべきだ!!ってのが当然の論法としてあって、これはこんなふうにブログで書かなくても誰しもが考える”当たり前”の事なんだと言えるのだ。

それで今回の話なんだけれども、ある政治家が”育児は親の責任!!”ってことで、保育園が無い事よりも親がどうにかするべきだ!!って感じの発言をして物議になってる事を考えたく思うのだ。確かに”実務屋”としてこの問題を考えれば、”税金でアレもコレもやらなきゃならない!!問題になって話題が膨れ上がったから、保育園関連費用を増やしたんだけれども、でも税金全体の収入額は変わらないから厳しい!!なんでもかんでも税金でクリア出来るな!!”と叫びたい!!ってのはあるんだと思う。









つまりは、予算規模が無限に取れるなら、あれもこれも、どんな事でも要求通りに!!なんて出来るんだけれども、”道も図書館も学校も作らなきゃいけないのに、保育園だけ充実できるか!!馬鹿野郎!!”って言いたい部分があるのも、なんとなくは理解できるのだ。”市なんかに要求する前に親の責任でどうにかしてくれ!!”って泣き叫びたくなるってのはなんとなく理解できるのである。

もっと言ってしまえば、それなりに保育園なんかの予算は付いているのだろう。無論、絶対的に足りてるか?って部分においては、”待機児童の数を考えれば、もっと予算を拡充して、保育園を増設しなければならない!!”って事に行き着くのは間違いないだろう。しかしながら、逆に言えば、”今まで全くゼロでは無くて、それなりに予算を付けていた!!”ってのがあるのだろう。そう考えれば、”保育園予算は現状、今の財布の中から搾り出すのは厳しい!!”ってのがあるんだと思う。










無論、現実的には、”既得権益を儲けさせる為の訳の判らない予算!!”ってのがあって、そう言った処から搾り取って削って、保育園関連予算に回すことが出来るのが理想で、それを行わなわなければならないんだけれども、でも、今の状況はいろんな”綱引き理論”の中で、ある程度の予算の枠組みが決まっていて、結果的に保育園関連の予算ってのも”上限が決まっている!!”ってのがあるんだと思うのだ。

そう考えれば、もし、この政治家が、区長時代に、そうやって予算問題で七転八倒した経験が有ったのであれば、想像として”なんでもかんでも市役所に言いに来やがって!!こっちも少ない予算の中で必死になって運営してるんだ!!要求すりゃ、お金が天から降ってくるんだと思ってるのか?こっちは予算内で頑張ってるんだから、それ以上求めるなら個人の責任でどうにかしろ!!”なんて思うのは事実ではないだろうか?










だから、ある意味、”保育園落ちたの私だ”のブログが話題になって、なんでもかんでも、保育園を作れ!!って言うのがある種のブームメントになれば、言われた方は”キレる”部分があっても当然のような気がするのだ。これはある意味、税金を払ってる市民側が、これまで税金の使い道に対してシビアに視ずに鈍感だった!!ツケが回って来ている!!って言い方も出来るような気がするのだ。つまりは、もっと前から真剣に市民が市役所なんかに要求して、市役所側も5年10年のスパンできちんと都市運営計画を立てて実行していれば、こんな問題は当然ながら起きなかったんだと思う。

そう考えれば、”ブームメントになってるから、そこばかりを要求する!!”って日本人の”近視観的思考”って部分に大きな問題があるのではないだろうか?もっと大局的に都市運営や国家運営を考えないと、結果、保育園問題も場当たり的な問題になって、根本的な解決に至らないのではないだろうか?その為には税金に群がる既得権益の問題もクリアするべきで、利益代表としての政治家の存在も考える必要があるのではないだろうか?









だから、今回の政治家の発言のように”予算が無い!!もう知るか!!”的に投げやりになって、”産んだのはおまえなんだから、親が責任を持てばいい!!”的に、”知ったことか!!”的なある種開き直り的な発言をするのも問題だと思うんだけれども、逆に言えば、これまで、税金の使い道に対してある意味、鈍感であったツケが回って来ていることも気付くべきではないだろうか?”困ってる人がいて助けるべきだ!!”ってのは人道的には素晴らしい事なんだけれども、でも、根本の問題として、”ブームメントになってるから予算を要求する!!”的な政治手法では、結局は、場当たり的な袋小路に陥って破綻していくんだと思うのだ。

だから、今後は”政治はお偉い政治家の先生様と公務員がやってくれる!!税金さえ納めていればそれなりに満足できる公共サービスが受けられる!!”なんて国民1人1人が思ってはならないのだろう。大まかであっても、それなりに、”道路建設にはこのぐらい、学校運営にはこのぐらい、公園は・・・”なんてふうに考えて、それが適切か?どうか?をきちんと個々人で判断して、納得して、議員にその運営を委託しなければならない状況が来てるんだと思うのだ。










政治家にクリーンさえ求めていればそれで良い!!状況は過ぎ去って、きちんと大局的に都市運営を描ける政治家を選ぶ必要が出てきて、そういう意味では、”誰かさんの利益代表者”の選び方では持たなくなってきている状況が来てるんだと思うのだ。”2世3世議員をお神輿に担いで、そのオコボレで商売をする!!”なんて古い概念で市町村レベルの政治がまだまだ日本では横行している。無党派層は都道府県や市町村議員に対して、利益代表になり得ないから、どうでも良い!!って風になってるんだと思うけれども、そう言った適当さが、今の状況を作り出してるんだと反省する必要があるんだと僕は思うのだ。

トラックバック先
Yahooニュース:保育園落ちたブログ 山田宏・元次世代の党幹事長「生んだのはあなた。育児は親の責任」と発言
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160331-00000537-san-pol









清原事件:芋づる!!芋づる!!と言いながらもいつも単発で終わってしまう処に日本の”黒さ”があるのではないだろうか? 












元野球選手の清原氏が覚せい剤所持で逮捕されて1週間が経つらしい。僕自身、インドア派の引きこもりオタクだから、スポーツにそんなに興味が無くて、”ふーん、捕まったんだ・・・”ってだけで、なんの感慨も感じない!!ってのが本音になるのである。それに実際的において、これまでタレントや有名人がそれなりに覚せい剤関係で捕まって来たのだから、”ああ・・・今度は清原なんだ・・・”ってだけであって、それ以上、本来は言うことは無いのだ。

それに何かの拍子に清原氏の場合は、それまで、週刊誌なんかで”クスリと黒い人脈!!”なんて感じで書かれてきたのだから、”ああ・・・やっぱり・・・”ってふうに思う人の方が多いのではないだろうか?特に去年の冬に入る頃、ある女性声優が覚せい剤で逮捕された時に、”他の芸能人や有名人なんかもそのパーティーで使用してた!!”みたいな話があったりして、結果、芋づる式に逮捕されてない現実があれば、今回の逮捕ってのは、その絡みがあるように僕は思えて、ある種の警察の”予定調和”の逮捕だったのではないだろうか?ぐらいに思うだけなのである。












それで、なぜ今回、こんな話をブログで書きたいか?って思ったのは、どうやら、この清原氏、現役の野球選手の頃に平然と使っていて、周りもそれを知っていた!!って事が記事になっていたからなのである。これに対して、あまりにも日本の社会システムが酷いように思えて、書きたくなってしまったのだ。つまりは、普通に考えれば、そうやって”周知の事実”になってる時点で、警察に清原氏は捕まるべきだったのではないだろうか?って事なのである。

無論、確かにスポーツ選手だ!!って部分で肉体的に無理があって、結果、それなりのクスリに頼る!!ってのはあるのかもしれない。何かの拍子に”痛み止めの注射を打ちまくって試合に出場して、優勝をもぎ取った!!”なんて話はある種の美談として話される場合さえあるのはご存知の通りだろう。確かにドーピングの問題なんかもあるから、安易に、それを褒めたたえるのは間違ってるんだけれども、それでも、そうやって出場して勝利する!!ってのは、ある種の美談に為り易い素地がある!!ってのは言えるんだと思うのだ。









しかしながら、覚せい剤を使用してまで、痛みから逃げて試合に出場する!!ってのは、行き過ぎで当然、間違ってる!!ってのは絶対的に言えるのだ。それなのに、今回の記事を読むと、それが当然になってしまって、もっと言ってしまえば、”みんな、知ってる!!”って事は経営者側のコンプライアンスを重視するフロントも、その事を知っていた!!って事になるのではないだろうか?

そう考えれば、ある意味、清原氏ってのは、それなりにネームバリューがあって、試合に出場すれば、”清原を観に来た!!ホームランが観たい!!”ってことで観客が呼べる選手で、なおかつ、そうやって、それなりの成績を出してもらわなければ困る!!ってのがフロント側の思惑になるんだと思う。そうなれば、”バレなきゃクスリでもなんでも使って、試合に出てくれた方がカネになる!!”ってのが、ブッチャケの本音になっていったのではないだろうか?









本来は、こう言った話が浮かび上がった時点で、”追放→逮捕”の構図が浮かび上がらなければならないのに、金儲けのために、そう言った黒い部分は目をつむって、もっと言ってしまえば、看板選手だからこそ、球団自体が、そんな清原選手を守った!!って言い方さえ出来るのではないだろうか?と思えるのだ。バレてしまえば球団のスキャンダルになるし、世間から球団として叩かれる!!それよりも隠し通す努力をしてバレなきゃ清原人気で丸儲け!!って意識が球団に在ったのではないか?と下種の勘繰りながら思ってしまうのだ。

それで今回の関連の記事を読んでると、”有名選手だから確実に逮捕するのに2年も内偵していた!!”的な物もあったりして、ハッキリ言えば、警察も、いろんな利益調整の為に時間が必要で、それで逮捕が遅れてしまった!!って言い方も出来るような気がして、”有名人になれば、そう言った部分からも守られるのか?”とこれまた下種の勘繰りで感じてしまったのである。つまりは清原氏が覚せい剤を使用していた云々よりも、いわゆる社会的最下層に近い生活をしている僕なんかには関係の無い華やかな世界の中で、そう言った”裏取引”があるのではないか?と思えてしまえる状況自体に日本の”黒さ”があるように思えてならないのである。










まあ、今回は、こう言った記事が在ったからこそ、書いてしまうんだけれども、清原氏だけじゃなくて、他の芸能人や有名人が逮捕された時でも、週刊誌に書かれるのは”黒い人脈とクスリの芸能界の乱れた関係!!”ってことで、無論、それは当てずっぽうな無責任な記事なのかもしれないが、こうやって逮捕されるときは、僕が感じるのは”絶えず単発!!”なのである。ハッキリ言えば、本来は芋づる式でドンドンと捕まえて、ギリギリの人であっても”芸能人やタレントだからこそ、李下に冠を正さずの姿勢でやらなければ、容疑が掛かる!!容疑を掛けられるのは、当然で仕方が無い事だ!!”って認識の中で根絶していかないと、こう言った事件は根絶できないんだと思うのだ。

普通に生きてれば、クスリなんかの話は、TVドラマなんかの世界の中での話であって、そうでなければならないのに、なんて言うか、”有名人になれば、特権階級化して、捕まるのは力が無くなったタレントで、トカゲのシッポ切りだ!!”って感じの意識が、こんな有名人にはあるような気がして、無論、中には、コツコツと真面目にしている芸能人なんかも居るのかもしれないが、業界自体がそうやってヘンに守られているのではないか?と勘繰ってしまうのだ。











だから、”清原氏がクスリで捕まった!!”って部分だけで、この話を収束させずに、きちんと、どんな状況でだれがいつ知っていたか?ってのをきちんと警察は捜査して明らかにして、根絶していく事こそ、こう言った事件が再発されないための方法論になるのではないだろうか?つまりは、今、飲酒運転でさえも、アルコールを呑んで事故を起こした本人だけでは無くて、それを知っていた周りの人や、そのお酒を売って飲ませた店まである種の連座制で逮捕されるのだから、覚せい剤なんかのクスリ関係にしても、それを警察に告発せず隠ぺいしようとするヤカラに対しては、逮捕して罰則が与えられるように法律を変えるべきではないだろうか?

こう言った記事が平然と出ること自体、本来は異常なのである。それを異常と感じずに平然と記事になっている状況自体、間違いないのだ。もっと言ってしまえば、この記事を読めば清原氏以外でも、そう言ったクスリが球団に蔓延しているのではないか?とさえ思ってしまう。それが”普通である!!”と思うからこそ、”公然の秘密!”としてスルーされていたのではないか?ってことになって、そこにもっと警察は切り込むべきだと思うのだ。そうしない限りには、同じ事件がまた再発するだろう。芋づる式と言いながらも単発で終わってしまう有名人薬物事件は、その部分で日本の都合の良い”甘え体質”が浮かび上がっているような気がしてならないのだ。

トラックバック先
Yahooニュース:元G同僚が衝撃証言…清原容疑者の覚醒剤使用「みんな知っていた」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160209-00000015-sanspo-base









アップル差別問題:多様性は良い意味での選鋭化を壊していくのではないか?と思うのだ 











僕自身、学生の頃、多少、クラブなんかで美術をやってたし、仕事として簡単なプログラマの真似事なんかをした。そこで感じた事なんだけれども、クリエイティブな物を作る時ってのは、みんなで仲良く!!なんてコンセプトじゃ成立せずに、独りきりの孤独な世界の中で頑張りぬくか、1人をリーダーにして、そのリーダーのコンセプトに従って、リーダーの理想のパーツを作り上げていく事が出来るか、ってのが”制作のキモになる”って事なのだ。

つまりは簡単に言えば、絵画で言えば、”ああ・・・その空の色は夕日だから真っ赤!!”ってふうに考えてるのに、誰かさんが、”いや、ここは青空が良い!!だから真っ青!!”ってなれば、そこに意思統一が出来なくて、結果、作品はイビツなモノになってしまうのである。またアプリケーションの開発、特にゲームなんかの大作のプログラムってのは、確かに分業しないと制作出来ないんだけれども、それでも、”コーディング規約”って言うルールが書かれた定義書なんかに従って、その範囲内においてプログラムを書かなければ、結果、上手くすべてが動かない!!ってのがある意味、言えてしまえるのだ。

だから、そうやって分業制のアプリケーションの作成の場合は、定義書の出来不出来が成功のための大きな鍵になる。言い換えれば、その定義書ってのは、優秀なカリスマリーダーがたたき台を独りで作って、それに対して周りが、そのリーダーの意志の元にサポートして、リファインして…って事になるから、結果、優秀な天才肌のリーダーの存在があるか?ないか?で、そのアプリケーションの出来不出来に掛かってくる!!って言い方をしても、極端かもしれないが、間違いはないんだと僕個人としては実感してるのだ。











つまりは、僕が言いたいことは、ある作品を作り出す!!それも世間が素晴らしい!!と評価してくれる作品を作り出す!!ってことは、極端な話、たった1人の天才が、その瞬発的な創造性の中で生まれていく!!ってのがあるんだと感じる場合が多いのだ。無論、確かに工業製品の場合なら、全員でコンセプト作りをして、様々な人にアンケートなんかで、その好みを調査して、それでもう1度リファインして、万人受けする製品を作り出す!!ってのが必要な工程になるのかもしれないが、でも、なんて言うか、メッセージ性の強い尖った製品を作り出すには、そんなやり方では生まれない!!ってのがあるような気がするのだ。

それで今回のニュースなんだけれども、株主がアップルに対して、会社として人種・性別の多様化を求めた!!と記事を読んだのだ。まあ結果としては、取締役会で、その提案は破棄されたらしいんだけれども、僕個人としては”アップルと言う会社の性質上、それは当然なんだろうな・・・”ってのがファーストインプレッションとして感じたのである。つまりは、このニュースを表面的に観れば、”アップルは男性白人だけで多様性の無い排他的な会社だ!!”ってことになって、ともすれば、ある種の差別主義がアップルと言う会社にはあるのだ!!と捉えられかねない部分さえあるのだろう。

僕が知ってるごく少ない事の中に、アメリカなんかの大学は、”アファーマティブ・アクション”と言う考えで、黒人の人や女性なんかの社会的・歴史的弱者と考えられる人に対して、入試試験の点数に下駄を掃かせたりして、優遇措置を取っている!!ってのがあるらしいって事がある。これはどうやら、大学だけでは無くて、企業の中でも、昇進なんかで、社会的弱者を優先させる部分があるらしいのだ。








つまりは、マクロな部分で差別の撤廃や多様性の確保なんかが、アメリカなんかでは、それなりに社会的ルールとして求められている!!ってのがあるのかもしれないって事なのである。そう考えれば、アップルに対して、株主が、それなりに、人種や性別の偏りを無くすように!!って提案するのは、その側面からすれば正しいのだろう。しかしながら、僕が思うに、その多様性は、”船頭多くして船山に登る”可能性があるってことなのだろう。

なぜなら、アップルの出自って言うかコンセプトを考えれば、敢えて言えば”天才スティーブ・ジョブズ”の創造物の発表の場だった!!ってのが言えるのではなかろうか?そう考えれば、多様性で、万人受けする商品を作る事がアップルの目的では無く、ある種の1人の天才のコダワリを商品化する!!って処にアップルの存在価値がある!!ってふうに考える方が、シックリ来る部分があるのではないだろうか?

僕自身、PCは工業製品で、画一的な操作性のなかで、万人受けするものが最高のモノなんだと考えている。だから、敢えて言えば、IBMの姿勢が大好きで、マイクロソフトのDOSなんかが美しくて、Windowsでさえも、その華美装飾性に気持ち悪さを感じてしまうタイプだから、誤解を恐れずに言えば、”ジョブズのマックなんかは、その部分で美しくない!!”と思えるタイプなのである。だから、アップルのそんな尖った姿勢に対して、”宗教化”する気はサラサラ無いんだけれども、でも、そこに僕以外の誰かが価値観を感じる!!って処までは否定しないのだ。









無論、スティーブ・ジョブズが亡くなって、そこからのアップルはどうなのか?って問題はあるのかもしれないが、それでも、ある意味、ジョブズの創造指向のベクトルの中でマッキントッシュもiPhoneも売られているのは間違いないだろう。これに関して、いつこのコンセプトが終焉を迎えるか?って問題があるんだと思うんだけれども、でも、言い換えれば、ジョブズが亡くなってからも、同じベクトルの中で、商品が社会に受け入れられているのだから、その部分でジョブズの創造性ってのは、当然ながら評価されるべきなんだと思うのだ、。

それで今回の多様性の話に戻ってしまうんだけれども、もし、安易にそれを受け入れてしまったら、僕はそんなアップルのジョブズマインド・・・この感覚が僕にとっては宗教染みて気持ち悪さを感じてしまうんだけれども・・・の方向性を狂わせていくのではないか?と思うのだ。無論、その多様性を受け入れる事で、新たな方向性やコンセプトが生まれるのかもしれないが、でも、それは、当然として、スティーブジョブズのアップルで無くなっていく事を意味するのではなかろうか?










無論、スティーブ・ジョブズのコンセプトがどこまで続くか?ってのが言えて、結果的に、今、変わるべきだ!!って言い方も出来るのかもしれない。しかし、その万人受けをアップルユーザーが求めているか?ってなると少し違うんだと思うのだ。そう考えれば、そんなアップルのマインドを維持するためには、ある種の”選鋭化”ってのは必須で、結果、取締役会が、多様性を求める株主提案を拒否するのは当然なんだと感じたのだ。

そうなると、やっぱり、アップルと言う会社に排他的な部分があるのは否定できないだろう。そこには”ジョブズマインドを理解できない人は入れない!!”と言う差別思想がある!!と言っても良いのかもしれない。しかしながら、それを差別だ!!と決めつけて、多様性を強制させてしまうと、結果、アップルに求められているコンセプトが狂っていく可能性の高さも考えなければならないのだ。

つまりはなんでもかんでも、差別は良くない!!多様性が素晴らしい!!ってふうにお題目を唱えて、マイノリティーの保護を優先させるのも間違っている!!と思えるのだ。ヒトそれぞれに何を優先するか?価値観として難しい部分があって、これはアップルだけの問題じゃなくて、日本の中でも”逆差別”問題として、様々な問題があるのは間違いないはずなのだ。差別は良くないが、だからと言って、マイノリティーを優遇して、その特権が、当然の権利になって、王様化していく部分があるのも否定できない事実なのだ。”差別と区別は違う!!”ってのはよくある議論なんだけれども、その辺りを曖昧にして、表面的な平等意識で物事を考えるってのは、ある意味、危うい事で、日本人も、言葉の響きの美しさだけで”平等主義”を至高のものにせずに、”差別は良くないんだけれども、その誰加算だけに都合の良い平等で、他の誰かさんが苦しむ可能性や全体としての崩壊があるのではないか?”ってことを絶えず考えられる能力を持つことが大切なんだと思うのだ。

トラックバック先
Yahooニュース:アップル株主が人種・性別の多様化求める、取締役会は反対
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160118-35076371-cnn-int









慰安婦報道:欧米メディアが韓国寄りの訳 











僕自身、オタクの定番の言い方で申し訳ないんだけれども”正義の戦争なんかあり得ない!!”ってふうに思ってるし、戦争を起こしてしまえば、単純に鉄砲なんかで殺し合うだけでは無くて、やっぱり、レイプ事件や強奪事件、それに大虐殺なんかもあって、だからこそ、第2次世界大戦をなんかの戦争を引き起こしたことに対して、その当事者じゃなくても、日本人として反省するべきだし、戦争を、特に他国に対する侵略戦争を絶対的に賛美してはならないんだと思ってる。

無論、だからと言って、憲法9条に関しての”防衛のための戦争さえも放棄する”って部分に関しては、尖閣諸島や竹島の問題を考えれば、現実的に、他国から日本が軍事的に侵略されて、日本国内で、そんなレイプ事件や大虐殺が行われる可能性があるのだから、結果、憲法9条を改憲して、すくなくとも自国の防衛のための軍事力の行使は認めるべきだ!!ってのが僕個人のスタンスなのである。だから、憲法9条改憲の賛成と戦争賛美を同一視して語る人間に対しては、どうも、その前提論が異なるのだから、話が合わないんだと自己分析してるのだ。

それを前提にして、慰安婦問題を海外マスメディアがその国々でどのように報じているか?って記事を読んだことについて、今回は書いてみたいと思うのだ。しつこく言うが、僕自身は戦争賛美派ではない。しかしながら、ある意味、この記事に対して、なぜ西欧諸国がそんなふうに論じてしまうのか?って部分が抜け落ちているように思えて書いてみたいのである。つまりは、今回の記事は、内容が根本的に間違っている”マラスワミ報告”を前提に書かれているから、そこを修正するべきだ!!ってのが趣旨なのだろう。










しかしながら、僕が言いたいことは、その内容的に”間違った”マラスワミ報告を、欧米諸国がなぜ修正しないのか?って部分に対して、考察をするべきなのだ!!ってことなのだ。僕が思うに、これは、欧米の戦争史観にある種の独善性があるからなんだ!!ってのが原因ってことなのである。つまりは、欧米諸国は第2次世界大戦においても”正義の為に戦った!!”ってふうに思いたいし、それを言うためには、対戦国である日本を”暴虐な悪の枢軸国”として捉えなければ、相対論としての正義が成立しない!!ってのがあるのだろう。

つまりは、欧米の漫画なんかを読めば感じるんだと思うけれども、欧米の争いに対する感覚は”善悪の二元論”なんだと思うのだ。バットマンもスーパーマンも絶対的な正義の味方で、その敵は悪の根源で、正義の名の元に悪と戦う!!そんな爽快感が欧米の漫画にはあるんだと思う。しかしながら、日本の漫画は、特にガンダム・・・トミノコ族の潮流で作成された漫画ってのは、主人公の敵だから!!と言って、単純にその相手が絶対的な敵なのか?ってなれば、微妙に違う!!ってのがあって、”正義は個々の視方によって変わるもので、単純なモノじゃないんだ!!敵には敵なりの正義があって、その価値観の相違で戦争が行われる!!”ってのが、ある意味、漫画やアニメによって、ものすごく刷り込まれている部分が日本人にはあるんだと思うのだ。








だから、第2次世界大戦において、戦争賛美ではないが、戦争をせざるを得なかった日本人像!!ってのも、ある意味、日本人として納得してしまう部分があるのも否定できないのではないだろうか?つまりは、その当時ってのは、欧米だって、実際的に植民地主義で、アジアやアフリカを征服して、ある意味、その国民を奴隷化して様々な商品を生産して利益を生んでいた!!ってのが言えて、日本に対しても、アメリカなんかは当初、燃料に使うための捕鯨船の基地にしたくて日本を侵略しようとしたのだけれども、日本の文化度が高かったために侵略を諦めて・・・ってのがあったのは、誰しもが、学校の授業で習った現実ではないだろうか?

つまりは日本だって、タマタマ偶然に侵略されなかっただけで、もし、日清戦争や日露戦争なんかで負けてしまっていれば、どこかの国の植民地になっていた可能性があって、それを危惧して、日本の当時の政治家が欧米の植民地拡大路線に乗っかってしまって、”日本だって欧米列強に負けないように!!”ってことで、中国大陸の侵略をし始めた!!ってのは、史実として言えるのは間違いないだろう。つまりは他国を侵略するのは、その当時の世界の潮流だった!!ってのが言えるのだろう。









そして日本が求めた中国大陸ってのは、ご存知の通り、イギリスとロシアだって奪おうとして考えていた国で、それを日本がある意味、第1次世界大戦なんかで横取りしようとしたために、いわゆる”ABCD包囲網”が敷かれてしまって、資源の枯渇に陥ってしまったのである。そして結果、資源が無かった日本は、戦争によって打開するしかなくて、第2次世界大戦を起こしてしまった!!ってのが、ものすごくザックリとした歴史認識なんだけれども、まずは間違いないだろう。

無論、中国そのものではなくて満州鉄道なんかを利用して満州国を樹立させて・・・ってのがあったから、日本が中国大陸を狙っていた!!って表現するのは、あまりにも大雑把すぎる表現になるのかもしれない。しかしながら、ザックリの部分ではそんなに間違った表現ではない!!と僕個人は思っているのだ。そう考えれば第2次世界大戦は正義の戦争ではなくて、日本も含めた様々な国々が自国の利益の為に引き起こした戦争だ!!ってのは言えるのではなかろうか?









そうなると、その全ての国が自国の利益の為に戦って、結果、正義の為に戦争をした国なんて無い!!ってのが言えるのではないか?ってのが僕の感覚なのである。ただ、だからと言って、しつこいようだけれども、戦争を行ってしまったことに対して、”仕方がなかったんだ・・・”で誤魔化して、行ったことを肯定化するのは絶対的に間違ってるし、その戦争の内容もそれなりに酷かった!!ってことに対して絶対的にこれからはそんな戦争はすべきではない!!ってふうに僕個人は考えてるのだ。

ただ、もし、僕の感覚がある種の客観性があるとすると、もっと言ってしまえば、その当時は世界の潮流の中で、人権問題なんかまだまだ成熟化してなくて、だからこそ、プランテーションでの奴隷制がある意味認められて・・・・ってのが言えたんだと思えるし、言い換えれば、それなりに西欧列強も、その戦争で、日本と同じ程度に野蛮で非人道的なことを行ってたんだとも想像できてしまえるのだ。実際的に2,30年前に在った湾岸戦争だってそうだし、ベトナム戦争なんかでもこういった問題があったのは間違いないのだ。つい最近でもイラクやアフガニスタンなんかに派遣された欧米の軍隊内なんかでレイプ事件なんかがあったりするのだから、第2次世界大戦当時はそれなりにどの国も蛮行があったんだと想像してしまうのだ。








つまりはだからこそ”正義の戦争”っては無くて、そんなどうしようもない状況を作り出す戦争は絶対的に行ってはならない!!ってのが言えるんだけれども、僕が言いたいことは、多かれ少なかれ、第2次世界大戦でもそう言った部分が欧米列強でも言えたのではないか?ってことなのである。そうなると、その戦争に関わった人は欧米人であっても”正義の味方ではない!!”ってのが言えてしまうのだ。そうなると、欧米人のロジックである”我々が正義の味方だから、敵は悪であるから、侵略していい!!”って論法は成立することは無くて、結果、欧米人は自己肯定できなくなる!!ってのがあるのではなかろうか?

だから、今回の”マラスワミ報告”に対して、欧米人は、その辺りを明らかにすることになるから、敢えて、その真偽を無視しているのではないだろうか?と思うのだ。つまりは、本来は日本の主張の方が正しいと判ってるのに、それを肯定してしまうと、”第2次世界大戦において西欧人も無茶苦茶な非人道的なことを行っていた!!だから欧米人は正義の味方ではない!!”ってことになって、結果、その真実と向き合うことに西欧人は恐れているのではないか?ってふうに思ってしまったのだ。

故に、日本人を暴虐な悪者にすることのほうが、西欧人にとって都合が良いから、相対論として、思考停止になって韓国側の主張を受け入れている!!ってふうに僕は感じるのだ。つまりは、韓国の立場は、日本人の被害者だから!!って部分において、欧米側の立場と同じものとして考えてるのだろう。だからこそ、第2次世界大戦の”非人道的な問題点”ってのは、日本を悪者にするしか成立しない!!ってのがあって、結果、今の報道になっているのではないか?と思うのだ。











そうなるとドイツとイタリアはどうなるか?ってことになるんだけれども、ブッチャケの話、EUって組織の中で血縁的・地縁的にも、それなりにつながりがあって・・・ってことで、なおかつ、ユダヤ問題の難しさもあって、結果、”ヒトラーが悪い!!”ってことで、誤魔化してしまって、日本だけを叩くことで、その問題を相対化させ、あいまいなイメージだけで終わらせようとしているような気がするのである。

つまりは戦争を善悪の二元論で語ってしまう欧米人の自己肯定的なロジックに、結果、日本の主張は消し去られるんだと感じるのだ。それを利用しているのが、今の韓国であって、それ故に”欧米には理解されない日本の主張と韓国の作られた悲劇性が優先される状況があるんだと感じるのだ。そう考えれば、戦争を行って負けてしまう!!ってことは、勝者の自己肯定論で、本当の戦争の存在悪論を覆い隠してしまって、結果、戦争で、今もそう言った問題があることを隠してしまう原因になっているのではないか?と僕個人は考えるのである。

トラックバック先
Yahooニュース:「慰安婦」日韓合意で欧米各紙は相変わらずのトンデモ報道…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160117-00000502-san-pol








Googleキーワードランキング
Yahoo!!ボランティア!!
Yahooの募金紹介用ブログパーツです。 詳細は”http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/blog_parts/common.html”です。 確認して、利用していただければ、幸いと思います!!
管理者からのお願い!!
  • リンクに関して、自己責任でジャンプを行ってください!!
  • 一応気はつけているのですが情報に誤りがあるかもしれません。ですから必ずご自身で確認してください。このブログで誤った判断をされても責任はもてません。必ずご自身で再度の確認を願います
  • ブログ内のバナーはCMです。紹介している商品やサービスなんかの記事にはまったく関係はありません
  • 紹介している商品に関しては送料や振込み手数料などが別途必要になることが大半です。そのことも考えて購入することを願います。
あくせすかうんた!!
DMM!!
DMMDVDレンタル
DMM.com CD&DVDレンタル
リンク
ブロとも申請フォーム
GMOホスティング&セキュリティ株式会社
楽天その2
楽天その3
トラフィックエクスチェンジ
インク激安!!
インクって高いよね?
プリンタは安くなってるのにインクはまだまだ・・・・ 安く買って、気軽に使いましょう!!笑
ランキング集!!
株式会社paperboy&co.
FC2CM!!
FC2CM!!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。